自動車保険の相場や平均っていくら?保険料の仕組みと目安をわかりやすく解説

自動車保険

自動車保険は加入する保険会社はもちろん、選ぶ商品によって保険料は大きく異なります。少しでも負担を減らしたいと考えるのであれば、仕組みや相場を理解して自分に合った保険と加入方法を見つけることが大切です。今回は、自動車保険の基礎知識と合わせて保険料の平均相場について詳しく解説していきます。

Chapter
自動車保険の保険料相場と基礎知識
自動車保険の保険料が決まるポイントとは?
自動車保険の保険料の目安を紹介

自動車保険の保険料相場と基礎知識

自動車保険とは、事故を始めとした自動車に関連するトラブルが起こった時の損害を、保険会社が補償することです。日本では車を購入した場合の自動車保険の加入は義務とされていませんが、不測の事態に備えて加入をしておくことが安心に繋がります。一口に自動車保険と言っても商品によって保険料や補償内容は大きく異なるのが特徴です。加入する条件によっても異なりますが、初めて車を購入し保険に入る場合の年間の平均相場は、25歳以下で12万円前後30代で7万円前後です。保険料は等級などや走行距離も判断されるため、長く保険に加入をすることで費用が安くなることもあります。

加入した場合に掛かる費用は、各保険会社が設けているデータを基に計算をすることもできますが、出し方によっては複雑な計算が必要です。その場合は保険会社のサイトにアクセスして用意されているシミュレーションを使えば、項目に従ってデータを入力するだけでおおよその費用が算出できます。

自動車保険の保険料が決まるポイントとは?

一般的に自動車保険の保険料はいくつかの項目に基づいて決まる仕組みになっています。各保険会社に共通しているポイントとして挙げられるのが「使用目的」です。プライベートや通勤など、日常生活における車の使い方は人によって違います。保険料は月ごとの利用日数が多くなるほど保険料が高くなるのが特徴です。この使用目的は変更に伴う申告が義務付けられていて、変更内容によっては費用が安くなるケースも少なくありません。

走行距離」も保険料を決定する大事なポイントになります。走行距離は契約前の1年間で計算されるため、初めて車を購入して保険に加入をする場合には費用に影響を及ぼすことはありません。利用日数と同様に長い距離を走行するほどトラブルが発生するリスクが高くなるため、保険料も高めに設定されます。中には費用を安くするために距離を偽る人もいますが、虚偽の申告は契約の解除や保険料の支払い拒否といったペナルティに繋がるので絶対に行ってはいけません。

自動車保険の保険料の目安を紹介

年間に支払う保険料は車の型式や走行距離、年齢などで費用が大きく変わりますが、平均相場からある程度の目安をつけることはできます。30代で利用頻度が少なければ保険料の目安は年間4万円程度です。ただし、これはすでに自動車保険に加入をしている状態で、無事故無違反で更新や他の保険会社に乗り換えをした時の金額になります。初めて車を購入して自動車保険に加入をする場合には、等級による割引価格が少なくなるので若干高めの6万円前後が相場です。同じ条件でも年齢が上がると事故のリスクを考慮して、数千円程度高くなります。

走行距離による保険料の費用は大きく3段階に分かれていて、年間で3,000km以下で3万弱、1万km以下で4万円前後、2万km以上で5万円が目安です。走行距離はたった1kmのオーバーで費用が1万円以上高くなることもあります。そのため、保険料を安く抑えたいのであれば、この点に注意をして既定の数字をオーバーしそうになったら利用を控えるなどの工夫をすることが大切です。

保険料は保険会社によって異なりますが、年齢や走行距離などで保険料を決める審査項目の違いはありません。加入をするタイミングを見極めることで保険料を大幅に安くすることもできます。自動車保険を少しでも安く抑えたいのであれば、条件をしっかりと理解した上で、最適なタイミングで加入をすることが大切です。

一覧に戻る

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大7社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査