自動車保険の「代車特約」って何?使い方をわかりやすく解説

わナンバー レンタカー

自動車保険、今のままで本当に大丈夫ですか?年間の保険料や補償金額だけを見て、保険を選んでいませんか?保険の契約には、他にも見るべきポイントや補償があります。例えば、修理期間中に車が使えない場合、どのように過ごしていますか。車を日常的に使用している方は車がないと不便ですよね。そんな時にレンタカーなどの代車を利用できる特約があります。今回は、「代車特約」のメリットや注意点について、詳しく解説していきますので自動車保険の見直しや自動車保険選びの参考にしてみてください。

Chapter
自動車保険の「代車特約」の基礎知識
自動車保険の「代車特約」の必要性と補償内容
自動車保険の「代車特約」の注意点

自動車保険の「代車特約」の基礎知識

まずは、「代車特約」の基礎知識について学びましょう。代車特約とは、自分の車を事故などで修理に出すことになった場合、修理期間中に代わりの車を保険で用意してもらえる特約です。自動車保険に最初から付いているものではなく、加入者が任意で選択して付帯させます。ほとんどの場合、車両保険に入らないと代車特約も付帯できません

代車特約は、各保険会社でさまざまな名称が付けられています。「事故時代車費用特約」のようにストレートな名称だと分かりやすいですが、会社によっては「レンタカー費用特約」などとも呼ばれています。特約保険料についても、各保険でばらつきが見られますが、年間5,000~15,000円が相場です。特約としては、少し高めの部類に入りますがいざレンタカーを借りる場合は1日で5,000~8,000円ほどかかるので、事故が起こった際の助けとしては大変心強いです。

代車特約を使う際は、自分の車が事故に遭ったり故障したりしたタイミングで、保険会社に連絡します。ただし、地震や火事などの自然災害や、無免許運転など明らかな違反がある場合は利用できません。

自動車保険の「代車特約」の必要性と補償内容

代車特約の補償内容は、大きく2種類に分けられます。1つ目は「代車を無料で手配してくれる」パターンで、2つ目は「レンタカーを借りる費用を負担してくれる」パターンです。後者の場合、実費補償が多く定額補償は稀です。借りるレンタカーの車種は自分で選ぶことができますが、補償上限を超えるレンタカーを借りる場合の超過分は自己負担になります。

代車特約の期間は、基本的に30日間です。ただし、起算日は保険会社によって2パターンあります。1つ目は「起算日は事故の起こった日」とするパターン。2つ目は「起算日はレンタカーが手元に届いた日」とするパターンです。前者の場合は、事故が起こったらすぐに代車を手配する必要があり、後者のほうが有用性が高いと言えます。

代車特約の必要性は、ドライバーによって異なります。例えば「車を毎日の通勤で使っている」など、車がないと生活が成り立たないような場合は、必要性が高いと言えます。反対に「週末しか車を使わない」や「他にも車を持っていて、別に困らない」というような場合は、代車特約を付ける必要性と優先順位は低い可能性があります。

自動車保険の「代車特約」の注意点

代車特約の注意点の1つとして、特約があるからといって必ずしも代車が用意されるわけではないという点です。事故の過失割合によっては、保険会社に補償を渋られる可能性があります。保険会社としては、なるべく補償を断ることで出費を抑えたいという本音があります。そのため、「過失割合が10対0でなければ、代車特約は使えない」などと断られることあります。特約契約時に細かい内容についてはチェックしておき、いざというときには強く権利を主張することが大切です。

2つ目の注意点は、代車のグレードに満足できない可能性があることです。大家族でワゴン車を利用していたのに、代車は4人乗りが限界の軽自動車ということがあり得ます。この点も留意して、十分なグレードの代車を用意してくれる保険会社を選びましょう。

3つ目の注意点は、代車特約の対象です。代車特約は、友人や知人から車を借りてその謝礼のために特約を使うことはできません。指定のレンタカー会社でしか使えないなど、融通は利かないものと思っておきましょう。

自動車保険に代車特約を付帯しておけば、事故で自分の車が壊れて修理している期間はレンタカーを無料で利用できます。日々の生活に車が欠かせない場合、重視するべき特約と言えるでしょう。年間の特約付帯料は少し高めですが、いざというときには十分な見返りがあり恩恵を受けられますので心強い味方となってくれます。代車特約に関する基礎知識を付けた今、自動車保険の内容について見直してみてはいかがでしょうか。ぜひ、代車特約を検討してみてください。

一覧に戻る

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大7社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査