自動車保険とは?自動車保険の種類と補償内容についてわかりやすく解説

自動車保険

自動車保険と一口に言ってもたくさんの種類と補償があるので、「何を選べばよいのか迷ってしまう」「仕組みがわかりにくい」と思う人もいるでしょう。初めて自動車保険に入る時は、保険料だけでなく補償内容についても理解をしておかないと万が一の時に困ってしまうこともあります。今回は、自動車保険に入ろうと検討中の人に向けて、自動車保険の種類と補償内容について詳しく解説していきます。

Chapter
自動車保険の基礎知識
自動車保険の種類とは?
自動車保険(任意保険)の補償内容は?

自動車保険の基礎知識

自動車保険とは、事故や自然災害において損害を受けた時に保険会社が損失を補償することをいいます。自動車を運転するのであれば必ず加入することが義務付けられています。しかし、自動車保険に限らず保険に関する用語は難しいため、内容を理解しないまま契約をしてしまうことがあります。自動車保険は保険料等級だけでなく、種類に関する基礎知識を身に付けることが必要です。補償内容によって保険料が異なるので、自動車保険を契約する時は自分に必要なものを必要な分だけ選ぶことが大切です。

自動車保険に入る時は、特約や割引という言葉に目が行きがちです。内容を正しく理解していないと万が一の時に必要な補償が受けられないことがあります。また、年齢車の種類使用目的においても補償内容や保険料は異なるため、自動車保険の見積もりを取る時は最低限の基礎知識を身に付けておきましょう。今回の記事で解説する保険用語についてもしっかり理解をしておけば、初めて契約をする時はもちろんのこと、内容を見直す時にも役立つはずです。自動車保険に入る時は、わからないまま決めるのではなく不明な点は確認した上で契約をするようにしましょう。

自動車保険の種類とは?

自動車保険を大きく分けると「自賠責保険」と「任意保険」の2種類になります。「自賠責保険」は、交通事故を起こした際の被害者を救済するための保険で、運転をする人は法律上入ることを義務付けられています。「自賠責保険」に入らないと運転ができないだけでなく車検も通りません。「自賠責保険」未加入のまま運転をすると交通違反による運転免許の停止と1年以内の懲役刑もしくは50万円以下の罰金刑が命じられます。「自賠責保険」の期限が切れていた時も未加入時と同様の処分が科せられます。運転をする時は自賠責保険の証明書の携帯が必要です。不携帯の状態で運転をすると30万円以下の罰金の支払うことになります。

自賠責保険ですが、交通事故を起こした場合に被害者側への最低限の償いといわれる補償になっています。自賠責保険ではカバーできない分の補償を行うのが任意保険」です。強制保険と呼ばれる「自賠責保険」とは違い、必ず入らなければならない対人賠償と対物賠償を除けば「任意保険」の加入は被保険者に任せられています。被害者に対する補償の他に、自分の車のために加入する「車両保険」もあります。「任意保険」は自分が交通事故の被害者になった時に補償が受けられる保険もあるので、内容を理解した上で必要なものを選ぶようにしましょう。

自動車保険(任意保険)の補償内容は?

自動車保険の補償内容で基礎知識として知っておきたいのが「対人賠償保険」と「対物賠償保険」です。任意保険に入る時に必ず加入することが義務付けられています。

対人賠償保険」は死亡事故や傷害事故を起こした際に請求された治療費や慰謝料を補償します。被害者の範囲は、人身事故で被害を受けた他人と友人、独立して生計が別になっている子供です。被保険者と配偶者、別居しても仕送りをしている子供は対象にはなりません。「対物賠償保険」は、あくまでも他人の車に被害を与えた時の補償です。被保険者の車は補償の対象外になります。

保険会社ではオプションとなっている補償内容には、契約者本人が被害に遭った時に補償が受けられる保険もあります。付けておくと安心なのが「搭乗者傷害保険」と「人身傷害補償保険」です。

搭乗者傷害保険」は車に乗っている人全員が請求できる補償で、交通事故や台風、洪水といった自然災害で被害を受けた時に適用されます。ただし、飲酒運転や定員オーバーといった法律違反による事故や津波、地震による被害では保険金は支払われません。

人身傷害補償保険」は、ドライバーと家族を守るための保険で自身の車を運転をしている時だけでなく、バスやタクシーに乗車している時も対象になります。新車を購入した場合には「車両保険」にも加入しておくとよいでしょう。車の修理が必要になった時に修理代を補償してもらえます。

自動車保険は「自賠責保険」と「任意保険」の補償内容を正しく理解しておかないと組み立てることができません。契約者本人が補償内容を決める任意保険は、本当に必要なものを見極めてから加入しないと不要な保険料を支払うことになります。自動車保険を契約する時は、自分が加害者になることも想定して補償内容を組み立てるようにしましょう。

一覧に戻る

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大7社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査