車両の新車特約って何?必要性と注意点をわかりやすく解説

自動車保険

新車特約」とは、新車を購入した際に加入する車両保険に付帯する特約のひとつです。事故により新車が大きな損害を受けた場合、車の買替または修理をしたときに、新車保険金額を限度に車両保険金が支払われる特約です。新車時(初度登録年月日)から、11か月以内~61カ月以内の車が加入できるのが一般的です。購入した車両の額によってはメリットが大きい新車特約ですが、その一方で知っておかなければならない注意点もあります。今回は新車特約の必要性や注意点などを詳しく解説します。

Chapter
新車特約の基礎知識
新車特約の必要性とは?
新車特約の注意点

新車特約の基礎知識

新車特約」とは、新車が半損または全損した場合、被害額をカバーしてくれる特約です。自動車は消耗品ですから、経年と共に価値は減っていきます。例えば、200万円の車を購入した場合、1年間で20%ほど減価償すると計算される仕組みになっています。この考えは車両保険にも適応されていて、購入してから2年目に全損事故を起こした場合、補償される金額は160万円程度が限度になります。これは使用頻度とは関係がありません。購入してから大切に乗り続け、新品同様の自動車でも購入して時間が経てば、保険で補償される金額は減っていくことになります。

半損~全損の事故を起こし、同程度の車を再購入したい場合は、年月が経つほど支払われる保険金が少なくなり自己負担が大きくなります。 しかし、新車特約をつけていれば、一定期間経年による償却分をカバーできます。たとえば、200万円の新車を購入した際、車両保険に新車特約として200万円をつけていれば、2年目、3年目でも事故を起こした際、この金額を上限として補償を受けることができます。この仕組みを、新車特約の基礎知識として覚えておきましょう。

新車特約の必要性とは?

新車特約は高価な自動車を買った時ほど、必要性が高まります。購入金額が高額なほど、経年と共に「減価償却」として減っていく金額は大きくなります。ですから、高価な新車を購入し、運転する機会が多い人ならば車両保険に新車特約をつけておいて損はありません。万が一の際に支払われる補償に対しても安心感が高まります。

また、新車特約は新古車や中古車にも付けることができます。ただし、新車よりも特約の有効期間が短かったり補償される金額が少ない場合があるため注意が必要です。新車特約の内容やルールは保険会社によって細かな違いがあります。そのため、新車特約を付ける前に、補償の内容や、初度登録からの日付ルールなどを確認しましょう。また、「新車を購入したので、自動車保険に初めて入る」という方は、新車特約の内容が手厚い保険会社を選んでもいいでしょう。

新車特約の注意点

新車特約には、利用するための適用条件があります。多くの保険会社では「全損」または「修理費が新車価格の50%以上」が利用できる条件となっています。また、修理費が新車価格の50%以上になっても、シャーシやエンジンなど車の運転に不可欠なものに影響が無ければ、新車特約が利用できません。なお、車の盗難は全損扱いになりますが、盗難されただけでは新車特約は利用できないので注意してください。盗難された自動車が修理不可能、もしくは修理費が新車価格の50%以上かかる状態で発見されれば、新車特約を利用できます。

なお、新車特約を利用すると等級が3等級ダウンし、事故有系数も適用されます。翌年の保険料は確実に値上がりするので、よく考えて利用しましょう。また、車両保険には「車両全損時諸費用特約」があります。新車特約と似たような保障内容の「再登録時諸費用保険金」がセットになってくるので、特約と保険金が重複しないよう注意してください。特約を外すことができれば、それだけ保険料が節約できます。保険会社に問い合わせてみてください。

新車特約は、高額な新車を購入したときほど必要性が高まる特約です。加入を検討している場合は、保険会社ごとに決められた補償内容や利用条件などをよく確認し、申し込みをしましょう。自動車保険の一括見積もりを利用すれば、複数の保険会社を一度に比較できます。特に、新古車や中古車に新車特約をつけたい場合は保険会社によって条件が大きく異なることもあるので、よく確認することが重要です。

一覧に戻る

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大7社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査