他者運転特約(他車運転危険担保特約)があると安心?補償内容と範囲をわかりやすく解説

事故車

自動車保険に加入していると万一の時に備えられるため安心です。ですが、いつも自分が所有している車を運転するだけでなく、時にはレンタカーを利用することもありますし、友人や知人の車で運転することもありますよね。そんな時に、事故を起こしてしまった場合、自動車保険はどのように適用されるのかご存知ですか?加入しているの自分の自動車保険を使えるかどうかよく知らないという方も多くいるのではないでしょうか。今回は、自動車保険の「他者運転特約」(他車運転危険担保特約)の補償内容や補償範囲、特徴についてわかりやすく解説します。

Chapter
他者運転特約(他車運転危険担保特約)の基礎知識
他者運転特約(他車運転危険担保特約)の補償内容と範囲は?
他者運転特約(他車運転危険担保特約)の注意点

他者運転特約(他車運転危険担保特約)の基礎知識

自動車保険には多くの特約が用意されていますが、「他者運転特約」と呼ばれる特約があります。まずは基礎知識を学んでいきましょう。

他者運転特約とは、被保険者が契約している車以外の車を借りて運転中に事故を起こした場合、借りた車にかけられている自動車保険ではなく、自身が契約している車の自動車保険で保険金を支払う特約です。自分の車以外、運転しないと考える方もいるかと思いますが、旅先でレンタカーを使う場合や知人や友人の車を運転するなど他人の車を使う機会は意外と多くあります。

他者運転特約に加入していない場合は、車の持ち主の自動車保険を使うこともできますが、自動車保険の等級が下がってしまうため翌年からの保険料が高くなってしまいます。その点、他者運転特約に加入しておけばもしも他人の車で事故を起こした場合も、自分の保険を使えますので、車の持ち主の自動車保険に影響が出る心配はありません。他者運転特約が使える事故は、相手の搭乗者や歩行者などの他人の怪我、本人の怪我、他人の財物、利用した車の補償など実に幅広く対応しています。相手が無保険である場合や当て逃げの際にも対応できるなど多くのメリットがある特約といえるでしょう。

他者運転特約(他車運転危険担保特約)の補償内容と範囲は?

他者運転特約は便利で優れた特約ですが、場合によっては適用できない場合もあります。そのため、加入する前は補償内容や範囲についてよく理解しておくことも大切です。他人の車で事故を起こした場合はとても役立つ保険ですが、配偶者や同居家族は含まれないことが一般的です。特約が使える範囲については、自分の自動車保険と同じです。運転者限定特約で運転者を限定している時は、その範囲内で家族や配偶者などもカバーできます。例えば、同居の息子が友人の車を運転して事故を起こした時でも、家族限定がついている場合は加入者の保険でカバーできます。

他人の車を使って事故を起こしてしまった場合も、すべての車で他者運転特約が使えるというわけではありません。対象となるのはごく一般的な自家用8車種が対象となります。他の条件を満たしていても特約の対象とはなりませんので、加入前には対象になる車両もよく確認しておきましょう。

他者運転特約(他車運転危険担保特約)の注意点

他者運転特約に加入していると、さまざまなメリットがありますが一方で注意点もあります。例えば、借りた車を破損させてしまった場合、自分の自動車保険に車両の保険が無ければ借りた車の補償はできません。さらに、走行中のみ補償とすることが一般的ですので、停車中や駐車中は対象外となりますのでこちらも注意が必要です。パーキングに停車している時や信号待ちの際の事故には対応していない可能性がありますので、特約をつける前には内容をよく確認しておきましょう

この他、他者運転特約が使えない例として、無免許や酒気帯び運転、危険運転などがあげられます。会社の車を業務で使う人もありますが、そうした場合も対象とならないことは理解しておきましょう。このほかでも、車の所有者に無断で借りた場合も特約を使うことはできません。あくまで、一般的な借り方が対象になります。そして、他者運転特約を使った場合は来年次の更新時には3等級ダウンとなり割引率も低くなります。

他者運転特約をつけておくと、他人の車を借りて事故を起こした場合にも自分の自動車保険を使うことができます。とはいえ、注意点もありますので、加入の前には補償内容や範囲もしっかりと確認しておくことが大切です。他者運転特約のポイントは保険会社によっても違いがありますので適用できる例とできない例についてもしっかりと理解しておくことが大切です。

一覧に戻る

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大7社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査