車両全損時諸費用特約の役立つポイント・メリットとは?

自動車保険

万が一の自動車事故などの場合に備えて、自動車保険に加入している人は多いと言えます。自動車保険の中でも車両全損時諸費用特約は、さらに広範囲の補償が受けられるため、もしものときに役立つ特約です。そこでこの記事では、車両全損時諸費用特約がどのような内容の保険なのか、またどういったメリットがあるのかを紹介します。

Chapter
車両全損時諸費用特約の基礎知識
車両全損時諸費用特約に含まれる費用
車両全損時諸費用特約のメリット

車両全損時諸費用特約の基礎知識

「自動車保険」に加入する際、もしものときに保険を有効に活用できるよう、車両全損時諸費用特約の基礎知識を身につけておくとは重要だと言えます。車両全損時諸費用特約とは、事故などにより、車両が全損したとき廃車するのに必要な費用や、車を買い替える際にかかる諸費用を支給しカバーしてくれるものです。車両全損時諸費用特約によって支給される金額は、車両保険金額の10%が上限とされていて、およそ20万円ほどであることが多いとされています。

また、車両全損時諸費用特約は、車両保険に加入した際に自動的に付帯されるようになっている保険会社が一般的です。 車両全損時諸費用特約が適用される車両の全損にはいくつか目安があります。例えば、車両の修理が不可能である場合、修理費が車両保険で支給される金額を上回った場合、盗難により車両の発見が不可能な場合などは車両の全損と見なされ、車両全損時諸費用特約が適用されるのです。そうした際には、実際にかかった費用にかかわらず、一律で車両保険金額の10%が支給されます。

車両全損時諸費用特約に含まれる費用

車両全損時諸費用特約は、車両の全損時にかかる様々な費用をカバーしてくれますが、その内訳は廃車時と車両の買い替え時で異なります。まず、廃車の際に必要となる費用には、レッカー費用、解体費用、永久抹消登録にかかる費用が挙げられるでしょう。レッカー費用や解体費用は、移動距離や業者にもよりますが、およそ5千円~1万円、永久抹消登録にかかる費用はおよそ3千円~5千円が一般的です。

また車両の買い替えの際にかかる費用は、取得税や自動車税、重量税といった税金、登録費用、車庫証明の代行費用などが挙げられます。こうした諸費用は、車種や業者によって金額が変化すると言えます。 こうした諸費用をすべて合わせると、買い替える車両が中古の場合およそ10万円前後で、新車の場合には車両価格の15~20%程度の費用がかかります。例えば新車の価格が200万円なら、その際にかかるトータルの費用は30~40万円ほどです。したがって、車両全損時諸費用特約によって新車にかかる諸費用をすべてまかなうのは難しいかもしれませんが、中古車に買い替えるときや廃車にかかる費用は、車両全損時諸費用特約で支給される保険金でカバーできると言えます。

車両全損時諸費用特約のメリット

車両全損時諸費用特約は、万が一の際に十分な補償を受けられることが大きなメリットです。例えば車両保険金額が200万円の場合、車両全損時諸費用特約によって支給される金額は20万円となり、車両保険金額の10%という上限があっても十分な額だと言えます。また、車両全損時諸費用特約のために特別な契約を結ぶ必要がなく、車両保険に加入することで車両全損時諸費用特約が付帯されることが多いため、比較的手軽に万が一の際に備えることができます。

一方で、車両保険金額が20万円など少額である場合、車両全損時諸費用特約によって支給される金額は2万円なので、車両全損時諸費用特約を付帯するメリットは薄いかもしれません。ただ、そういった場合でも、一部の保険会社では、全損時諸費用再取得時倍額特約という特約を用意しているところもあります。この特約により、万が一の際の支給額が倍額となり、車両保険金額の20%を受け取ることができます。こうした仕組みは、車両全損時諸費用特約における注意点の解消にもつながることもあるため、確認しておくと良いでしょう。

自動車保険を検討する際は、車両保険と同時に加入できる車両全損時諸費用特約も併せて検討するのが万が一のときの備えとなり安心です。車両全損時諸費用特約により支給される保険金で、廃車諸費用や買い替え諸費用の一部をカバーできるため、車両全損時諸費用特約はもしものときでも心強い保険だと言えます。自動車保険に加入する際は、自分の財産である車両を守るための、車両全損時諸費用特約の加入を検討することが大切です。

  • 前の記事

    自動車保険の「記名被保険者」とは?契約者、所有者、記名保険者の違いを解説

  • 一覧に戻る
  • 次の記事

    自動車保険の「団体割引」ってどんな割引?

一覧に戻る

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大7社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査