対人賠償保険とは?必要性と補償内容についてわかりやすく解説

自動車保険

自動車保険は、自分に合った保険になるようさまざまな補償を組み合わせます。自動車保険の補償は特約を含めると数多くあるため、「わかりにくい…」と感じる人もいらっしゃるのではないでしょうか。いざ事故に遭った場合に、加入していた自動車保険が補償の対象外になっていないよう、補償内容を理解した上で自動車保険に加入することが大切です。

そこで今回は、自動車保険のなかで特に重要な「対人賠償保険」の必要性や補償内容についてわかりやすく解説します。

Chapter
対人賠償保険の基礎知識
対人賠償保険の補償範囲や補償例は?

対人賠償保険の基礎知識

自動車事故のリスクに備えるために「対人賠償保険」の基礎知識を理解しておきましょう。

対人賠償保険は、自動車を運転中に誰かにケガをさせてしまったり、死亡させてしまった場合の損害賠償額を補償するものです。加入義務がある「自賠責保険」も対人賠償保険ですが、補償には限度額があります。

自賠責保険の保険金限度額は、死亡は1人3,000万円、後遺障害は1人4,000万円、ケガは1人120万円となっています。死亡や後遺障害の損害賠償額は億を超えることもありますので、任意保険の対人賠償保険を無制限とし金銭的な負担を軽減します。 

どんなに注意深く運転していても、事故に遭う可能性は誰にでもあります。補償金額に限度がある自賠責保険だけでは不足することも十分考えられますので、任意の「対人賠償責任保険」に加入し、不測の事態に備えることが大切です。

対人賠償保険の補償範囲や補償例は?

対人賠償保険では、「他人」への損害賠償が補償の対象であるため、本人(記名被保険者)、記名被保険者の父母、配偶者、子どもは補償範囲から外れ、保険金は支払われません。本人や家族、搭乗者のケガなどに対応するためには、人身傷害保険や搭乗者保険に加入する必要があります。なお、故意による損害や地震や台風などによる損害も補償の対象外となります。

人身事故の賠償額は、収入(職業)や年齢、実際の損害額などさまざまな要因で決定されます。高額賠償となった判決例を見てみましょう。

<死亡>

出典:損害保険料率算出機構「自動車保険の概況2019年度版」

<後遺障害>

出典:損害保険料率算出機構「自動車保険の概況2019年度版」

保険金は自賠責保険などの支払額を超えた場合に、任意保険から支払われます。前述のとおり、自賠責保険の保険金限度額は、死亡は1人3,000万円、後遺障害は1人4,000万円ですので、高額の損害賠償責任を負った場合には十分な責任を果たすことができません。保険に加入する際には、補償範囲だけでなく高額な賠償金に対応できるようしっかり確認してから加入しましょう。


自動車保険は、高額な賠償金を負うリスクに対して備えるために加入します。無制限しか選べない保険会社もあることからも、対人賠償責任保険の重要さがわかります。事故は気を付けていても防げないことがありますので、対人賠償責任保険に限りませんが、保険は補償範囲や補償内容を確認してから加入しましょう。


藤 孝憲(とう たかのり)

日本FP協会所属のファイナンシャルプランナー。企業に属さない中立公正なファイナンシャルプランナーとして、2006年に独立。保険商品や住宅ローンなどの金融商品の選び方を中心に情報発信しています。保険分野については、約30社の生損保商品を販売していた元保険募集人としての経験や情報を生かした執筆をしております。保険商品は難しいかもしれませんが、複数の商品を比較して初めてそれぞれの商品の特徴が浮かび上がります。記事を通して、商品選びの参考になれば幸いです。

【保有資格】
CFP®、宅建士(未登録)、住宅ローンアドバイザー、証券外務員二種、エクセルVBAエキスパート

藤 孝憲(とう たかのり)
  • 前の記事

    対物賠償保険とは?保険金額はいくらに設定するべき?

  • 一覧に戻る
  • 次の記事

    車の自賠責保険ってどんな保険?保険料・補償範囲・仕組みについて

一覧に戻る

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大7社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査