自動車保険の「年齢条件」って何?保険料をかしこく抑える方法を紹介!

運転 フリー画像

自動車保険の加入を検討する際、補償内容や条件とともに保険選びの判断材料として保険料を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。保険料は付け加える保険の内容や特約によって変化しますが、その中でも、「年齢条件」による保険料の変化や補償内容については事前にしっかりと確認しておくことが重要です。今回は、自動車保険の年齢条件について詳しく解説します。自動車保険を比較・検討する際は、基礎知識を身に着けて年齢条件も合わせて確認するようにしましょう。

Chapter
自動車保険の「年齢条件」の基礎知識
自動車保険の「年齢条件」を設定する際のポイント
自動車保険の「年齢条件」で保険料を安く抑えるためには?

自動車保険の「年齢条件」の基礎知識

自動車保険の加入を検討する際、年齢条件の基礎知識を身につけておくことが非常に重要です。年齢条件とは、自動車保険の契約をした自動車を運転する際、保険適用となる運転手の年齢を制限する仕組みです。年齢を制限することで保険料を安く抑えられることもあるため、契約した自動車を運転する人の年齢を事前に確認しておくことがポイントです。設定した年齢条件から外れた人がその自動車を運転した場合には、万が一の事故の際に保険金が支給されないため注意が必要です。

自動車保険は生命保険と異なり、契約者の年齢が若いほど保険料が高くなる傾向にあります。これは、過去の事故の統計から、若年層ほど事故のリスクが高いというデータに基づいているためです。また、同様の理由から、70歳以上の高齢者の保険料も高くなる傾向があります。一方で、50~60歳代の人にはゴールド免許を保持している人や、優良ドライバーが多いことから事故のリスクが低いと判断され、保険料は安くなることが多い傾向にあります。

自動車保険の「年齢条件」を設定する際のポイント

現在、年齢条件を設定している人は、自分の年齢が年齢条件から外れていないか定期的に確認することが大切です。また、1台の車を家族全員で共用することもあるため、同居する子供が免許を取得した際などは、忘れずに年齢条件の見直しをする必要があります。仮に、年齢条件を親の年齢に限定して設定した場合、子供の年齢には自動車保険が適用されません。そうした時、万が一子供が事故を起こしてしまうと、保険金は支給されません。保険を有効に活用するためにも、自動車保険の年齢条件について正しく理解しておく必要があります。

保険会社では「全年齢補償」、「21歳以上補償」、「26歳以上補償」、「30歳以上補償」、「35歳以上補償」の5種類がありますが、険会社によっては「35歳以上補償」を設定していない場合もあります。年齢条件の見直しは、保険の契約更新のタイミングだけではなく定期的に行うことをおすすめします。そのため、契約車を運転する人の年齢に応じて、きちんと年齢条件を確認することが大切です。

自動車保険の「年齢条件」で保険料を安く抑えるためには?

年齢の若い家族が免許を取得し、自動車保険の年齢条件を変更した際に保険料がずいぶんと高くなってしまった…ということもあり得ます。一般的に、全年齢や、若年層を補償する年齢条件の自動車保険の保険料は高額ですが、年齢区分による条件や特約をうまく利用することで保険料が抑えられることもあります。

例えば、「家族限定特約」を追加する方法があります。契約した車の運転者を契約者本人とその家族だけに限定することで、仮に全年齢補償であっても保険料を割安に抑えることが可能です。また、契約者本人の年齢が若い場合、契約した車の運転者を契約者本人と配偶者に限定することで、保険料を大幅に抑えられる特約があります。

一方で、補償する年齢条件の区分は保険会社によってさまざまです。26歳以上補償までしか区分がない保険会社もあれば、36歳以上補償の区分もある保険会社もあります。また、補償する区分が高年齢まであればあるほど保険料が割安とは限らないため、注意が必要です。各保険会社の年齢条件と補償区分をしっかり確認しましょう

自動車保険の保険料は年齢条件の設定によって補償内容や範囲に大きな差ができるため、ライフスタイルやご家庭の状況に応じてうまく取り入れることがポイントです。補償の区分は保険会社によってさまざまであるため、区分に応じた保険料など事前に比較検討しておくことが大切です。今回紹介した特約などを含めて年齢条件についてしっかり理解しておくことで自動車保険の有効な活用につながりますので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 前の記事

    【お得な割引プランで保険料が安くなる】自動車保険の各種割引をかしこく利用しよう!

  • 一覧に戻る
  • 次の記事

    自動車保険は「走行距離」によって保険料が変わるって本当?安くするためのポイントとは?

一覧に戻る

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大7社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査