自動車保険は「走行距離」によって保険料が変わるって本当?安くするためのポイントとは?

サーキット走行

自動車保険を選ぶ際に注目しておきたいのが走行距離による保険料の計算方法です。年間の走行距離によって保険料は大きく変わります。今回は、年間走行距離が長くなると保険料が高くなる理由や保険料を安くするポイントを解説していきますので、これから自動車保険の加入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

Chapter
自動車保険の「走行距離」は保険料に影響するの?
自動車保険の「年間走行距離」はどのように計算されるの?
自動車保険の保険料を安くするためには?「走行距離」による割引はあるの?

自動車保険の「走行距離」は保険料に影響するの?

年間の走行距離は自動車保険料を決定する要因の1つであり、走行距離が長いと保険料は高くなります。その理由は、年間の走行距離が少ない場合車を運転する時間が短く、事故に遭う可能性が低いと判断されるためです。逆に走行距離が長いと運転する時間も長くなるため、当然事故に遭う可能性が高いと判断され保険料が高くなります。

自動車保険によっては、「保険料は走る分だけ」という算出方法もあります。保険会社によっては、前年度に走った実際の走行距離を保険料算出の要素とする場合や、1年間どのくらい走行するかの予想年間走行距離を申請して、それを保険料算出の要素とする場合があります。

注意点として、万が一予想年間走行距離を超過してしまった場合は、すぐに保険会社に連絡する必要があります。もし年間走行距離が申請時よりも上回った状態で事故を起こしてしまった場合は万全の保証が受けられないなどのデメリットが生じてしまいます。予想よりも走行距離が上回ってしまった場合にはすぐに連絡をして保険料を見直しましょう。

自動車保険の「年間走行距離」はどのように計算されるの?

自動車保険の年間走行距離の計算方法には主に2通りあります。1つ目は過去1年間の走行距離を基準として保険料を決める方法です。車を運転する場合、年間での使用率に大差がない場合は決まった距離で運転することが多いため、年間の走行距離は大きく変わらないと予想されます。そのため、過去1年間の走行距離から保険料を算出します。車には走行距離を計測するために計器が装備されています。通勤や通学、買い物など、基本的に同じ区間にのみ車を走行させる場合は、「トリップメーター」と呼ばれる計器を使うことが一般的です。

2つ目は自動車保険会社に予想年間走行距離を申告して年間の走行距離を計算し保険料を決める方法です。これは、保険会社の指定する方法で年間走行距離を申告する必要があり、年間走行距離を申告する際は予め走行距離の区分が決められています。例えば、「5,000km以下」「5,000km超~10,000km以下」「15,000km超」などの区分が定められているので、自分の年間走行距離に合った区分を選択しましょう。
または、積算走行距離計(オドメーター)の値を申告することで、年間走行距離に応じた保険料が設定されます。年間走行距離の申告方法は保険会社によって異なるので、指示に従って申告しましょう。

自動車保険の保険料を安くするためには?「走行距離」による割引はあるの?

自動車保険の保険料を安くするためのポイントは自分の年間走行距離に合わせた保険を選ぶことです。自分の年間走行距離が適切であるプランを販売している保険会社を選ぶことで保険料を最低限安くすることができます。普段の生活で買い物などでしか車を使わず年間「1000km」しか走行しない場合でも、予想年間走行距離を「5000km以下」と申告した場合、車の使用頻度に関わらず保険料が高くなってしまう場合がありますのでご注意ください。

重要なのは自身の走行距離に合わせたプランを選ぶ事であり、上記の年間走行距離の場合には走った分だけ支払う保険料のタイプが適切となっています。また、保険会社によっては年間走行距離が少ないと割引率が増加するプランもあるので、日頃どれくらいの頻度で使用し、どれくらいの距離を移動しているのかを把握しておくことで適切な保険を選択することができます。

まずは、保険の一括見積もりなどを利用し、どの保険会社が自身のライフスタイルに適切であるのかしっかりと比較・検討してみてはいかがでしょうか。

自動車保険は年間の走行距離によって保険料は異なります。年間の走行距離の基準によって保険料が割引になるプランなどを用意している保険会社もあるので、車の年間走行距離や使用頻度に合わせた保険を選びましょう。また、保険料だけではなく、自己対応時などのサービスなどにも目を通しておき、年間の走行距離とサービス内容を比較することも重要です。

一覧に戻る

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大7社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査