「ファミリーバイク特約」のメリット・デメリットとは?

自動車保険

バイクの購入と同時に一番に考えるのが保険ではないでしょうか。しかし、たくさんの保険や内容があって迷ってしまいますよね。しかも、いざ事故やトラブルが起きてしまった時、保険の内容が適応されていなければ意味がありません。そんな中で今回は、ファミリーバイク特約をご紹介していきます。また、その補償やメリット、デメリットや他の保険との違いなども挙げてみたいと思います。

Chapter
「ファミリーバイク特約」の基礎知識
「ファミリーバイク特約」とバイク保険の補償内容の違いは?
「ファミリーバイク特約」のメリット・デメリットは?

「ファミリーバイク特約」の基礎知識

ファミリーバイク特約」とは、自動車保険に付帯できる特約で125cc以下のミニバイクに対しての保障を受け取る事ができます。また事故を起こした場合、他人を死傷させて損害賠償責任を負った時や、他人の所有物を破損させてしまった時などを対象に保険金が支払われます。そして、任意バイク保険と比較してファミリーバイク特約は保険料が安く収まる傾向があります。

対人、対物賠償事故の補償に加え、人身事故が補償される「人身傷害補償タイプ」の保険や自損事故が補償される「自損事故タイプ」の保険に入ることができます。また、補償範囲として、一つの特約でミニバイクを何台でも補償することが可能で、他人から借りたバイクまで補償されます。例えば、遠方で暮らす大学生のお子さんが乗っているバイクと、家庭で使用しているバイクを所有していた場合、2台とも補償されることがファミリーバイク特約のメリットです。

「ファミリーバイク特約」とバイク保険の補償内容の違いは?

続いて、ファミリーバイク特約とバイク保険の補償内容を比較してみましょう。補償内容として、対人賠償(無制限)対物賠償(2,000万円)自損事故(1,500万円)無保険車傷害(1,500万円)がありますが、内容は一緒です。その他の違いと言えば、搭乗者損害の有無が挙げられます。

搭乗者損害は、バイクに搭乗中の全員を対象に、死亡・後遺障害・医療保険金が支払われる保険で、症状別に定額で保険金を受け取ることができる保険です。バイク保険では搭乗者損害があるのに対し、ファミリーバイク特約には補償がありませんので注意が必要です。

またその他で大きな違いは、ロードサービスの有無も挙げられます。一般的なバイク保険はロードサービスが使えますが、ファミリーバイク特約は使えないことが基本になります。もしバイクの利用目的が長距離通勤やツーリングなどであれば、ロードサービスは重視されるポイントかもしれませんね。一方でファミリーバイク特約は、短い通勤や通学、日常での買い物で利用する人向けと言えるでしょう。

「ファミリーバイク特約」のメリット・デメリットは?

ファミリーバイク特約のメリットは大きく分けて4つあります。1つ目は、複数のミニバイクを所有するのであれば一特約で済むので安くなります。また2つ目は、ミニバイクの利用期間が3年~4年と限定的だとトータル保険料がバイク保険を新規契約するよりも安くなります。そして3つ目は、保険を使っても等級に影響がないことです。最後に4つ目は、自動車保険契約の年齢制限に影響されず、16歳の年齢でもしっかり保障されるという面です。

またデメリットいくつかあり、次の注意点が挙げられます。自動付帯ではないので、「人身傷害補償タイプ」か「自損事故タイプ」にするかしっかり検討したうえで、自分で付帯を申し出なければならないことです。また、特約には等級制度がない為、1年無事故であっても翌年の保険料は安くなりません。もし、長期で契約するのであれば、バイク保険の方が、トータル保険料は安くなる可能性があります。また、本契約に人身傷害補償があっても人身傷害タイプとは限らないということです。保険内容が足りない部分は保険会社から別途加入が必要になることもあるので、よく検討してから加入する方が良いでしょう。

ファミリーバイク特約は、自動車保険に付帯出来る特約で125cc以下のミニバイクを複数持ちするのであれば一つの特約でまとめられる保険です。保険料を安く済ませるメリットもありますが、長期で契約するのであればバイク保険の方が安く済む場合もあります。また、バイク保険とファミリーバイク特約の違いは、搭乗者傷害やロードサービスの有無が挙げられるので保険内容をじっくり検討し、自分の希望やライフスタイルに合わせて選ぶといいでしょう。

  • 前の記事

    車両の新車特約って何?必要性と注意点をわかりやすく解説

  • 一覧に戻る
  • 次の記事

    自動車保険の保険料を安くするには新車割引がおトク?割引率と適用条件を紹介!

一覧に戻る

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大7社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査