「ファミリーバイク特約」のメリット・デメリットとは?

自動車保険

バイクの購入と同時にどのような保険に加入するか検討すると思います。事故やトラブルが起きてしまったとき、補償されなければ意味がありません。そのようなことがないよう補償内容をしっかり確認しておきたいところです。

バイクの保険には、バイク単体の保険だけでなく、自動車保険に特約で付加するファミリーバイク特約があります。この記事では、ファミリーバイク特約の補償内容やメリット、デメリットやバイク保険(任意保険)との違いなどについて解説します。

Chapter
「ファミリーバイク特約」の基礎知識
「ファミリーバイク特約」とバイク保険の補償内容の違いは?
「ファミリーバイク特約」のメリット・デメリットは?

「ファミリーバイク特約」の基礎知識

ファミリーバイク特約」とは自動車保険に付帯できる特約で、原付バイクなどを運転中の事故に対して保険金が支払われます。一般的に他人を死傷させて損害賠償責任を負ったときや、他人の所有物を破損させてしまったとき、自分がケガを負ったときが対象となります。125cc以下の二輪車、50cc以下の三輪以上の車が対象です。

自分のケガについて複数の保障プランから選べる保険会社もあります。具体的には、自損事故や無保険車との事故に限り補償されるタイプ(自損傷害タイプ)と治療費など実際の損害額が人身傷害保険で支払われるタイプ(人身傷害タイプ)があり、後者の方が補償範囲は広くなります。ただし自分のバイクやモノの修理費用などは補償の対象外となります。 

また「ファミリーバイク特約」には、運転者年齢条件や運転者の範囲が適用されませんので、家族が通勤・通学でバイクを運転する場合などにも補償の対象となります。運転者本人(記名被保険者)やその家族が所有しているバイクや借りたバイクについて、台数に制限はありません。

「ファミリーバイク特約」とバイク保険の補償内容の違いは?

「ファミリーバイク特約」は、自動車保険の保険金の種類や保険金額と同じ補償となります。対人賠償や対物賠償が無制限であれば、バイクでの事故も無制限となります。自損事故や人身傷害については契約内容によって人それぞれでしょう。人身傷害保険を付けていてもファミリーバイク特約で自損タイプを選ぶと、人身傷害保険から保険金は支払われませんので注意が必要です。

バイク保険(任意保険)との違いはいくつかあります。ファミリーバイク特約では125cc以下の原付バイクなどが対象ですので、250cc以上のバイクに乗りたい人はバイク保険しかありません。またバイク保険であれば搭乗者傷害保険や車両保険など選べる補償は充実しています。

バイク保険にも等級がありますので無事故であれば保険料は割安となります。逆に事故を起こすと保険料は割高となります。一方、ファミリーバイク特約は、使用しても自動車の等級に影響しません。

バイク保険は原付バイクを長く使用する予定の人や車両保険を付けたい人などに向いています。一方、ファミリーバイク特約は家族で複数台の原付バイクを所有しており、必要最小限の補償で十分な人に向いているといえます。

「ファミリーバイク特約」のメリット・デメリットは?

ファミリーバイク特約のメリットはおもに次の点です。

[1] ファミリーバイク特約だけで、複数のミニバイクの補償を得られる。
[2] ミニバイクの利用期間が短期間であれば、バイク保険よりも割安になる可能性がある。
[3] 保険を使っても等級に影響がない。
[4] 自動車保険の運転者年齢条件や運転者の範囲が適用されない。


一方、ファミリーバイク特約のデメリットは次の点です。

[1] 特約には等級制度がないため、1年間無事故であっても翌年の保険料は安くならない。
[2] 原付バイクを長期で利用する場合、バイク保険の方がトータル保険料は安くなる可能性がある。
[3] 補償内容は限定的である。 

たとえば自動車は土日しか乗らず、平日は原付バイクを利用しているなど、使用頻度が高い場合はバイク保険の方が向いているかもしれません。自分の状況に合わせて選ぶと良いでしょう。

ファミリーバイク特約は、自動車保険に付帯出来る特約で125cc以下のミニバイクを複数持ちするのであれば一つの特約でまとめられる保険です。保険料を安く済ませるメリットもありますが、長期で契約するのであればバイク保険の方が安く済む場合もあります。バイク保険とファミリーバイク特約の違いに注目し、自分の希望やライフスタイルに合わせて選ぶといいでしょう


【監修】藤 孝憲 | とう たかのり

日本FP協会所属のファイナンシャルプランナー。企業に属さない中立公正なファイナンシャルプランナーとして、2006年に独立。保険商品や住宅ローンなどの金融商品の選び方を中心に情報発信しています。保険分野については、約30社の生損保商品を販売していた元保険募集人としての経験や情報を生かした執筆をしております。保険商品は難しいかもしれませんが、複数の商品を比較して初めてそれぞれの商品の特徴が浮かび上がります。記事を通して、商品選びの参考になれば幸いです。

【保有資格】
CFP®、宅建士(未登録)、住宅ローンアドバイザー、証券外務員二種、エクセルVBAエキスパート

【監修】藤 孝憲 | とう たかのり
  • 前の記事

    車両の新車特約って何?必要性と注意点をわかりやすく解説

  • 一覧に戻る
  • 次の記事

    他者運転特約(他車運転危険担保特約)があると安心?補償内容と範囲をわかりやすく解説

一覧に戻る

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大8社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査