自動車保険の保険料を安くするには新車割引がおトク?割引率と適用条件を紹介!

ヴェルファイア ハイブリッド ZR“G EDITION”(7人乗り・4WD)〈オプション装着車〉

新車割引は自動車保険の割引制度の一つです。新車を買ったので利用したいと考えている人もいるでしょう。しかし新車割引は多くの保険会社で取り扱っているものの、新車の定義や割引率などの違いがみられます。そこで今回は、新車割引の適用条件や割引率について詳しく解説します

Chapter
自動車保険の「新車割引」ってなに?
「新車割引」はどんなときに適応されるの?
「新車割引」をうまく利用する際のポイントは?

自動車保険の「新車割引」ってなに?

自動車保険の「新車割引」は、新車として一定期間、保険料の割引を受けることができる制度です。新車の定義は保険会社によって違いはありますが、一般的に初度登録年月(軽自動車は初度検査年月)から25ヶ月以内か49ヶ月以内のどちらかとなります。25ヶ月以内であれば最大3年間、49ヶ月以内であれば最大5年間適用されます。ただし割引率は一定ではなく、ノンフリート等級や補償内容、期間によって異なります。

「新車割引」はどんなときに適応されるの?

前述したように自動車保険の新車割引では、車検証に記載されている初度登録年月(軽自動車は初度検査年月)から25ヶ月以内(または49ヶ月以内)であれば適用され、保険料が割引されます。対象となる車は、一般的に「自家用普通乗用車」「自家用小型乗用車」「自家用軽四輪乗用車」ですので、事業用は対象外となります。一部の保険会社では軽自動車を対象外としていますので、保険の乗り換えや車の買い換えを考えている場合は注意が必要です。

「新車割引」をうまく利用する際のポイントは?

自動車保険の新車割引をうまく利用するポイントは、割引内容をよく確認することです。適用期間を49ヶ月以内としていても26ヶ月目からの割引率は下がることが一般的ですので、まずはどのような割引制度になっているか確認する必要があります。

新車割引の適用条件や割引内容は保険会社によって異なります。そのため新車割引だけで比較し保険の優劣を判断するのは難しく、補償内容やほかの割引も含めて検討した方が良いでしょう。最終的には見積もりなどで補償内容と保険料のバランスで決めましょう。

新車割引で確認すべきポイント
・適用期間:25ヶ月以内や49ヶ月以内など
・適用車種:乗用車や軽自動車など
・割引率 :ノンフリート等級や適用期間による違いなど

自動車保険の新車割引は、保険会社によって割引範囲や割引率、条件が異なります。単純に「割引率が高い」という基準で選んでしまい、かえって保険料が割高になることも考えられます。そのため新車割引の適用を検討している人は、新車割引の内容を確認するだけでなく、見積もりやシミュレーションを利用して保険料で比較するようにしましょう

【監修】藤 孝憲 | とう たかのり

日本FP協会所属のファイナンシャルプランナー。企業に属さない中立公正なファイナンシャルプランナーとして、2006年に独立。保険商品や住宅ローンなどの金融商品の選び方を中心に情報発信しています。保険分野については、約30社の生損保商品を販売していた元保険募集人としての経験や情報を生かした執筆をしております。保険商品は難しいかもしれませんが、複数の商品を比較して初めてそれぞれの商品の特徴が浮かび上がります。記事を通して、商品選びの参考になれば幸いです。

【保有資格】
CFP®、宅建士(未登録)、住宅ローンアドバイザー、証券外務員二種、エクセルVBAエキスパート

【監修】藤 孝憲 | とう たかのり
  • 前の記事

    他者運転特約(他車運転危険担保特約)があると安心?補償内容と範囲をわかりやすく解説

  • 一覧に戻る
  • 次の記事

    自動車保険はゴールド免許でどのくらい安くなる?お得な割引や特典について紹介!

一覧に戻る

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大8社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査