自動車保険の仕組みとポイントを詳しく解説

ディーラー

自動車を運転していると、いつどんな時に事故が起こるかわかりません。自動車に乗る方にとって、自動車保険は非常に身近な保険の一つと言えます。また、保険会社によって保険料や補償範囲などが異なりますので、どこの保険会社に加入するかについてもしっかり見極めることが大切です。

ただし、自動車保険の仕組みについて「よく分からない…」と思う方も多いのではないでしょうか。自動車保険の仕組みをしっかり理解できると、自動車保険の乗り換えの際に保険料の無駄を省いたり、加入時により充実した補償サービスを選択できるようになります。今回は自動車保険の仕組みについて、ポイントに分けて詳しく説明します。まずは、自動車保険の仕組みと保険料の決定方法について解説した後、契約方法について分かりやすく説明します。これから加入を検討する方は、ぜひ参考にしてみてください。

Chapter
自動車保険の基本的な仕組み
自動車保険の保険料はどう決まるのか?
自動車保険はどこで契約する?

自動車保険の基本的な仕組み

まずは自動車保険の仕組みについて説明します。自動車保険には、「強制保険」と「任意保険」の2種類があります。強制保険とは、車の所有者が必ず加入することが法律で義務付けられている自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)を指します。

任意保険は、加入するか否かを個人が選択できる保険です。しかし、自賠責保険だけでは大きな事故を起こしてしまった時に補償しきれないことがほとんどです。任意とは言え、いずれかの任意保険に加入することが基本です。

任意保険は自動車事故に関わる幅広いリスクや補償に対応できる保険です。主に事故が発生した際の「相手側への補償」「車によるケガの補償」「自身の車の補償」に対応することが可能です。なお、任意保険には「対人賠償保険」と「対物賠償保険」があります。対人賠償保険は相手方にケガをさせてしまったり、死亡させてしまったときの補償です。対物賠償保険はガードレールや電柱などのモノに対する補償です。事故はいつ発生するものかわからないので、この2つの保険に加入することで自分と相手方の損害やリスクに備えることができます。

自動車保険の保険料はどう決まるのか?

次に、自動車保険の保険料について説明します。自動車保険の保険料は、補償内容の他、車を運転する方の年齢、車の使用目的、補償される運転者の範囲などさまざまな条件により変わり、等級などが同じでも契約車両によって保険料が異なります。続いて、保険料の決まり方についての基礎知識を6つご紹介します。

① 型式別料率クラス
保険料の算出に「型式別料率クラス」が適用されており、車の型式ごとの事故実績によって保険料が変わる仕組みになっています。型式別料率クラスとは、「対人」「対物」「傷害」「車両」の、4つの項目があり、これらがそれぞれ1~17の17段階で区分されます。保険金支払の実績が少ない型式ほど数字は小さくなり、逆に保険金支払の実績が多い型式ほど数字は大きくなります。また、型式別料率クラスの数字が大きいほど、保険料は高くなります。

② 新車かどうか?
中古車などは新車に比べて安全性に劣ることが多いので保険料も高くなる傾向にあります。

③ 保険金額と免責金額について
保険金額と免責金額の設定により、自分が事故をしたときにどれだけの補償を求めるかで保険料は変わります。

④ 年齢と等級について
若年層の方が事故率が高い傾向にあるので若い方の保険料は高くなります。中年の方は最も事故率が低いことから保険料も安くなっています。

⑤ 等級について
等級は、事故件数や無事故年数によって1~20までの等級を契約者に与えられますので、その等級に応じて保険料が変化します。一般的に新規で自動車保険に加入した人は6等級からスタートします。

⑤ 運転者限定について
最後に運転者限定です。契約している車を誰が運転するのかという範囲設定により保険料は変わります。契約者本人しか運転しないのであれば、配偶者が運転する車よりも保険料は安くなります。

自動車保険の保険料は主にこの6つから算出されます。

自動車保険はどこで契約する?

自動車保険を契約するにはいくつかの方法があります。1つ目は、車を購入したディーラー経由で契約することです。自動車販売店の担当者と相談しながら自分に適した保険内容をを選ぶことができるので非常に安心できる方法です。しかし、ディーラー経由の場合、代理店手数料が上乗せされるため費用が高くなります。

2つ目は自動車保険の代理店で契約することです。自動車保険の専門家が担当してくれるのでディーラーで契約するよりも、知識豊富なスタッフにサポートしてもらいながら保険を契約することができます。

最後はダイレクト型で契約する方法です。これはネット上にある保険会社の専用ページを通じて、自分自身で保険内容を決め契約します。前述した2つの方法よりも手数料や仲介料などの費用が抑えられますので保険料は安い傾向にあります。なお、24時間申し込み可能ですが、自分ですべてのことを判断しなければならないので保険内容の確認や比較検討が必要です。それぞれの契約方法にはそれぞれのメリット、デメリットがあるので契約の際はよく考えて決断することが求められます。

今回は自動車保険の仕組み、保険料、契約方法について紹介しました。自動車保険は命に関わるものであり、事故を起こしたときに自分のことも相手のことも助けてくれるためとても重要なものです。ですから、少し面倒に思ったり、経済的な問題もあるかもしれませんが、一つひとつ自動車保険の基礎知識を身に着けて自分に適した保険内容を慎重に選び契約しましょう。

  • 前の記事

    自動車保険の「等級」とは?等級が上がる・下がる条件と引継ぎについて

  • 一覧に戻る
  • 次の記事

    自動車保険の免責とは?免責金額(自己負担額)について

一覧に戻る

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大7社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査