自動車保険の「等級」とは?等級が上がる・下がる条件と引継ぎについて

ドライブ

車を運転する際は、強制的に加入しなければいけない「自賠責保険」と任意で加入する「任意保険」の2種類があります。任意保険は個人が任意に保険会社と契約する自動車保険で等級制度があります。等級とは、契約者の事故歴に応じて、保険料を割り引いたり割り増したりすることですが、詳しい仕組みについてよく分からない人も多いのではないでしょうか。ここでは、等級の仕組みや上がる条件・下がる条件を解説したあと、家族の誰かに引継ぎをしたい場合には、どのような手続きが必要なのかについて詳しくご紹介します。


Chapter
自動車保険の「等級」の基礎知識
自動車保険の「等級」はどのように決まるの?
自動車保険の「等級」の引継ぎはどうなる?

自動車保険の「等級」の基礎知識

自動車保険(任意保険)には、等級制度があります。等級が上がれば保険料は安くなり下がれば高くなるので、等級の基礎知識をしっかりと理解しておくことが大切です。自動車保険(任意保険)の等級とは、一般的にノンフリート等級別料率制度で保険料の割増引率を定めるための区分のことを指し、一部の会社を除き1等級から20等級まで分類されています。

ノンフリート等級別料率制度は、ノンフリート等級および事故有係数適用期間によって保険料が割引・割増される制度です。事故などにより保険を利用すれば等級が下がり保険料は高くなります。逆に、無事故の場合や事故があっても保険を利用しなければ等級が上がり、保険料も安くなります。自動車保険には契約期間がありますので、更新手続き時に等級が変わります

初めて自動車保険に入るときは、一般的に6等級(S)から始まります。ただし、2台目以降の保険契約をする場合、7等級(S)が適用されます。最大の割引率は20等級で63%の保険料の割引となり、逆に1等級では64%の保険料が割増しになります。なお、保険料の割増引率は保険会社によって異なりますので確認が必要です。

自動車保険の「等級」はどのように決まるの?

等級は、事故があった場合と無事故の場合に分けられ割引率が決められています。事故があった場合は「事故有係数」、無事故の場合には「無事故係数」が適用されます。割引率は、7等級以上の等級では事故がなかった場合の方が高くなります。例えば、事故を起こさなかった7等級の人が8等級に上がった場合、事故を起こした8等級の人と同じ等級ですが翌年の自動車保険の保険料は安くなります。基本的に、前年に無事故だった場合は、翌年度の等級が1つ上がります。逆に事故を起こした場合は、翌年度の等級は3つ下がり、事故有割引率が3年間適用されます。

ただし、事故を起こさなかった場合は、次の年は事故有係数適用期間から1年引かれます。この期間の上限は6年で、0年になれば無事故係数が適用されるようになります。自動車保険では、交通事故を「ノーカウント事故」・「1等級ダウン事故」・「3等級ダウン事故」の3つに分けることができ、それぞれの内容によって等級の下がり方に違いがあります。

自動車保険の「等級」の引継ぎはどうなる?

自動車保険の等級の引継ぎは、家族のほかに車の乗り換えや保険会社の変更などの際も可能です。家族に引き継ぐ場合、同居をしていることが条件になりますが、例外として夫婦間は別居していても可能です。

新しい車に乗り換える場合は、「車両入替」という制度が適用されます。車両入替とは、これまでの自動車保険を、新たに購入した自動車に変更する手続きを行うことで、これまでの等級が引き継がれます。手続きには車検証変更前の車の累計走行距離新しい車の累計走行距離が必要になります。手続きは、電話やインターネットなどで簡単に行えます。また、保険料は車の種類で異なりますので、高くなる場合は保険料の追納、安くなる場合は差額が戻ってきます。

保険会社を変更する場合、一般的にどの保険会社に変更してもそれまでの等級は引き継げますが、現在の保険会社の解約日と次の保険会社の契約開始日が途切れないようにすることが重要です。ただ、契約期間中に事故などで保険を使った場合は、満期日を迎えて解約した方が保険料が安くなるケースがあるので注意しましょう。

任意でかかる自動車保険は、ノンフリート等級別料率制度で割引率が決められた1~20の等級があります。無事故だと翌年の等級が1等級上がり、事故を起こせば内容次第で3等級まで下がります。等級の引継ぎは、家族間では夫婦間を除いて同居していることが条件になります。また、乗り換えや保険会社の変更の際も引継げますが、契約期間中に保険を使った場合は保険料が高くなることがあるので注意が必要です。

  • 前の記事

    自動車保険の運転者を本人・家族限定すると保険料は安くなる?「運転者範囲」と決め方を紹介!

  • 一覧に戻る
  • 次の記事

    自動車保険の仕組みとポイントを詳しく解説

一覧に戻る

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大7社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査