自動車保険のロードサービスとは?重視すべきポイントとは?

自動車保険

自動車を所有すると、行動範囲が広がり便利なカーライフを送れる一方で交通事故や車の故障などといったトラブルが心配です。運転中のトラブルや事故などにも対応できる存在が「自動車保険」ですが、自動車保険にはさまざまな種類があるため迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで、自動車保険の選び方のポイントとしておすすめなのが「ロードサービス」です。今回は、ロードサービスに着目した保険の選び方について紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

Chapter
ロードサービスってなに?
自動車保険のロードサービスとJAFは何が違うの?
保険会社ごとにロードサービスの内容には違うの?
ロードサービスの選び方

ロードサービスってなに?

「ロードサービス」という言葉を聞いたことがある方はいても、具体的なサービス内容を知らないという方が多くいます。ロードサービスはどのようなサービスなのかを知っていると、万が一トラブルになった際でも安心して頼ることができます。

ロードサービスとは、一般的に車に関する様々なトラブルが起きたときに、現場に駆けつけて応急処置などの対応をしてくれるサービスのことです。車のガス欠やパンクにバッテリー上がりなどに対応しており、交通事故以外のトラブルに対応してくれる可能性が高いです。出先のトラブル対応だけではなく、自宅において発生したキーの閉じ込みやバッテリー上がりなどといったトラブルにも対応してくれます。

ロードサービスは、自動車保険(任意保険)に付帯していることが多いサービスであり、ロードアシスタンスやアシスタンスサービスなどといった名称で呼ばれることもあります。ほとんどの自動車保険についており、加入するだけで利用することが可能です。基本サービスの一部となっていることが多いですが、特約となっていることもあるので、保険加入の際にはあらかじめ条件を確認することが重要となります。

ロードサービスを利用すると、保険の等級が下がり、翌年の保険料が上がってしまうと思っている人もいますが、そのようなことはありません。等級が下がってしまうのは、保険金の支払いがあった場合です。 そのため、ロードサービスを利用しただけでは保険内容で不利益を被ることはないでしょう。ただし、保険金がかかわる事故が発生して、その処理のためにロードサービスを利用した場合には等級が下がってしまいますので注意してください。

自動車保険のロードサービスとJAFは何が違うの?

自動車保険のロードサービス以外にも車のトラブルの際に利用できるサービスの一つとして「JAFのロードサービス」があります。JAFとは、民間のロードサービス会社であり、自動車保険の付帯としてサービスを実施している保険会社のロードサービスとは違いがあります。最も大きな違いは、サービスを受けることができる対象が異なる点です。

自動車保険のロードサービスの対象は、契約している車です。サービスを受けることができる車が限定されており、知人やレンタル会社の車など、契約外の車を運転してトラブルに見舞われてもサービスを利用することができません。それに対してJAFの対象は、入会している会員です。 年間4,000円程度の会費を支払えば、レンタカーや知人の車を運転していてもサービスを利用することができますが、会員の持っている車を知人に貸してトラブルとなった場合には対応してもらえません。ただ、JAFのサービスは会員でなくても、連絡すれば有償でサービスを受けることが可能です。

また、サービスの内容にも違いがあります。基本的には同様のサービス内容ですが、レッカーの移動距離や回数、ガソリンの補給量、宿泊・帰宅に関する費用の提供などで違いが出ています。加入する保険会社のサービス内容を確かめるとよいでしょう。また、自動車保険に加入しているのならば、JAFの会員になるメリットがないとは限りません。もし、自家用車を持っていても友人や家族、レンタカーなど複数の車を利用するのならば、対象が人であるJAFの会員になるメリットは大きいです。

保険会社ごとにロードサービスの内容には違うの?

自動車保険のロードサービスは、ほとんどの自動車保険に自動的に付帯しています。しかし、保険会社の種類も多ければ、保険サービスの種類も多種多様です。すべての保険会社のロードサービスが同一というわけではありません。おおよその保険会社では、ロードサービスのサービス項目は同じことが多いですが、その細かな内容が異なるということが多いです。そのため、保険会社を選ぶ際には、その違いもしっかりと確認してから選ぶことが必要となります。

保険会社で行われているロードサービスは、基本的にトラブルの応急処置です。トラブル現場における対処であり、その後の修理は車両保険を活用して行うか自己負担で行わなければならないでしょう。 受けることができるロードサービスの項目は、バッテリー上がりをはじめとして、鍵の閉じ込みガス欠パンク脱輪などの対処です。

半ドアやライトの消し忘れなどによってバッテリーが上がってしまった場合、一時的に電気を共有するジャンピング処置をしてくれます。保険会社によって、そのサービスを受けることができる回数やバッテリーの交換作業などに違いがあるでしょう。車の中に鍵を入れたまま施錠してしまう鍵の閉じ込みに関しても、無料で受けることができる回数に違いがあります。

ガス欠の場合は、ほとんどの保険会社では年に1回や保険期間中に1回など回数に制限を設けていることが多いです。また、補給するガソリンに関しても、無料となる範囲に違いがあります。 このほか、レッカー移動では、移動してくれる場所が自社指定工場かそうでないか、移動距離がどれだけかによって無料・有料の境が保険会社によって変わります。このように、無料で受けることができる回数や距離などが保険会社によって異なります。

ロードサービスの選び方

自動車保険の種類によってロードサービスの内容が異なります。そのため、異なる内容からどれを選べばよいのかという選び方が重要となるでしょう。自動車保険会社のロードサービス内容を比較する際のポイントは、利用回数や条件がどのようになっているかということをはじめ、拠点数や無料のレッカー移動の距離と車両運搬費用、そして宿泊・帰宅費用の補償範囲です。

拠点数が身近に多ければ多いほど、迅速なサービスを期待することができるほか、利用可能回数が多く、条件が緩やかな方が便利でしょう。レッカーでの移動距離や費用、宿泊・帰宅費用の範囲が広ければ、それだけ遠方での交通事故やトラブルの際にも安心することができます。 自分の住んでいる地域や活動範囲を考えて、適切なサービスがある保険会社を選ぶことが正しい選び方です。

車の利用にはトラブルを完全に避けることができません。ロードサービスは、自動車保険の付帯やJAFなどを通して利用することができますが、どのサービスを利用するかはしっかりと考えなければなりません。保険会社によって、そのサービスの細かな内容には違いがあります。正しいロードサービスの選び方を知り、安心で、損をすることのないサービスを選んでください。

一覧に戻る

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大7社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査