2018年より導入!「自動ブレーキ割引」で自動車保険が安くなる?

ボルボ 自動ブレーキシステム

2018年1月より自動車保険の新たな割引制度である「自動ブレーキ割引」(ASV割引)が導入されました。自動ブレーキが搭載された車両に適用される自動車保険の割引制度です。自動ブレーキの搭載によって交通事故の減少が期待されており、2021年からは自動ブレーキの義務化も進められています。ここでは、自動車ブレーキ割引の仕組みや保険料が安くなる条件と対象について解説します。

Chapter
そもそも、自動ブレーキってなに?
「自動ブレーキ割引」はどんな割引?
自動ブレーキ割引の仕組みとは?

そもそも、自動ブレーキってなに?

「自動ブレーキ」とは、歩行者が急に飛び出してきたり、運転者の不注意で目の前の車や障害物に気付かず衝突しそうになった際に運転者がブレーキを踏まなくても、察知して減速もしくは停止するシステムです。

正式名称は「衝突被害軽減ブレーキ」と言われ、その名の通り衝突の被害を軽減することが期待されています。2012年より日本でも自動ブレーキが普及し始め、2019年では新車の約7割に搭載されています。

自動ブレーキは、赤外線センサーやカメラによって目の前の障害物を認識しています。赤外線センサーは、距離を掴むことに適しており、更に暗い夜道でも歩行者や障害物を認識するため、夜の走行時の事故の軽減に効果があります。カメラは画像での認識に長けており、接近してくるものが車なのか、歩行者なのかを正確に認識することが可能です。更に電波の周波数で認識するタイプもあり、それらを組み合わせて自動ブレーキの制度を高めています。

「自動ブレーキ割引」はどんな割引?

「自動車ブレーキ割引」とは、衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定制度(国土交通省認定)に認められた自動車ブレーキを搭載している車両に適用される制度です。一律9%の割引が適用されますが、対象となる車には条件があります。

対象となる車は、衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)を搭載した自家用普通・小型乗用車の発売開始後から3年以内の型式と、自家用軽四輪乗用車(軽自動車)の全型式です。

なお、割引期間は型式の発売開始年月から3年間と決められておりますが、3年後には自動車ブレーキ割引から、「型式別料率クラス」に反映され、自動的に保険料に適用される仕組みになっています。3年後の保険料の算定基準としてリスクが高いクラスは保険料が高くなり、リスクが低いクラスは保険料が安くなる仕組みになっています。

あくまで、型式の発売開始年月から3年間となっているため、型式不明車や、後付けで自動ブレーキを搭載した車両には適用されませんので注意が必要です。また、自家用軽四輪乗用車(軽自動車)については、型式の発売時期にかかわらず自動ブレーキ割引の対象とされていましたが、2020年1月1日までに型式料率クラスを導入すると発表されています。

自動ブレーキ割引の仕組みとは?

運転者の安全運転を支援し援助するシステムを搭載した自動車のことは「先進安全自動車(Advanced Safety Vehicle)」通称ASVと呼ばれています。

「自動ブレーキ(AEB)」もASVのひとつで、その他にも「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」や、「レーンキープアシスト(走行車線の中央付近を維持)」、「駐車支援アシスト」などもASVに含まれます。実用化されたASVの中でも自動ブレーキは普及が進んでおり、衝突被害軽減ブレーキの装着率は自動車生産台数に対して2014年以降4割まで拡大しています。更に自動ブレーキの義務化も導入され、事故撲滅において更なる活躍が期待がされています。

続いて、自動ブレーキ割引の導入背景と保険料について説明します。もともと、自動車保険料は、損害保険料率算出機構が算出した参考純率をもとに決められています。車種や用途による保険料を区分したり、自動車ごとの事故リスクについて評価を行い、保険料に反映させています。また、リスクの実態は保険実績に基づいて調査され判断されています。

衝突被害軽減ブレーキについても損害保険料率算出機構による調査が行われており、保険実績を見ると搭載車の方が非搭載車に比べて、交通事故リスクが軽減しているということが確認されました。これにより、参考純率が引き下げられ、保険料に反映させる仕組みとして自動ブレーキ割引が導入されました。

自動ブレーキの技術は、更に精度の高い認識率が期待されています。自動ブレーキだけではなく今現在、自動車業界では自動運転の実現にむけたASV推進計画が進められています。自動ブレーキや自動運転が普及し、事故率が下がることによって更に自動車ブレーキ割引などの保険料にも良い影響が出てきそうです。

一覧に戻る

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大7社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査