自動車保険の団体割引はどのくらい安くなる?団体割引のメリット・デメリット

営業車

自動車保険にはさまざまな割引制度があり、うまく活用することで保険料を抑えることができます。そんな自動車保険の割引制度の一つとして知られているのが「団体割引」です。団体割引にはメリットがたくさんあるのですが、デメリットとなる部分もあるので契約する際にはきちんと確認しておかなければいけません。今回は、自動車保険の団体割引のメリット・デメリットについて解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

Chapter
自動車保険の団体割引とは?
団体割引は誰でも加入できる?
団体割引のメリット・デメリットは?
団体割引と通販型自動車保険、どっちがお得?

自動車保険の団体割引とは?

自動車保険の団体割引とは、自動車保険に団体扱契約で加入することで保険料の割引を受けられるという制度になります。自動車保険の団体割引制度に加入している企業などに勤務している役職員を契約者として、企業が保険料を契約者から集金して保険会社に支払うというものです。

集金方法は給料から天引きされることが多く、保険料の割引度合いは通常の自動車保険の保険料と比較すると5%から30%程度とされています。割引度合いが異なる理由は、割引の度合いが企業の規模や契約者の数に応じて変動するためです。企業の規模が大きければ大きいほど、そして契約者の数が多ければ多いほど割引率が高くなるので、加入側は得をするという制度になっています。

自動車保険の団体割引を利用している企業に就職すれば、役職員は企業が加入している自動車保険を利用することができます。これは普段自分たちが使っている自動車だけではなく、社用車として利用している自動車も同様です。なお、団体割引を利用する場合、契約者は企業ではなく企業に従事している役職員とされています。このため契約そのものは個々の等級が引き継がれることになっていますが、保険料の支払いをするのはあくまでも契約者から集金した企業側であるというところが大きな特徴です。このように自動車保険の団体割引を利用している企業は多く、福利厚生の一種として提供しているところもあります。

団体割引は誰でも加入できる?

自動車保険の団体割引を利用できる条件は、企業側が団体割引制度に加入していることと加入する契約者が最低でも10人以上いることとされています。企業側が団体割引制度に加入していない場合、役職員だけが契約しても割引は適応されません。これは、団体割引があくまでも企業などの団体向けに提供している保険制度とされているためで、どんなに複数の役職員が契約しようとしても制度を適応することができません。

自動車保険の団体割引の場合、適応される最低人数を10名以上としているため、加入者が10名未満だった場合は保険料の割引は発生しません。加入するための条件がいくつかありますが、これらの条件を満たしていれば誰でも加入することができます。ただし、注意しておかなければいけないのは、契約できるのはあくまでも契約者本人のみという点です。そのため同居家族がいる人の場合、同居家族の名義で契約することはできません。その代わり記名被保険者として同居家族を設定することはできるので、契約者本人だけではなく同居家族も加入させることは可能となっています。

また同居家族が別居した場合は団体扱にならないので、加入できなくなる点には注意しておかなければいけません。ただ退職した場合については、団体割引の特約によっては退職してからも団体割引に加入し続けられるケースもあるようです。

団体割引のメリット・デメリットは?

自動車保険の団体割引を利用するメリットとしては、「自動車保険料が安くなる」という点があります。加入者が多い企業であれば最大で30%もの自動車保険料の割引を受けることができるので、個人で加入している自動車保険料よりも安くなる可能性が高いです。もちろん自分が今加入している自動車保険と比較する必要はありますが、団体割引の方が安くなっている場合はそちらに切り替えた方がコスト面でメリットが大きいと言えます。また保険料の支払いは給料からの天引きであることが多く、自分で直接支払わなくてもいいので「払い忘れがない」という点もメリットとなっています。

その他に、車のトラブルがあった際に「加入している会社側に対応してもらえる可能性がある」こともメリットのひとつです。一方、デメリットとしては、加入している人が少ないと団体割引の割引率が下がってしまうということ。団体割引での自動車保険は元々の保険料が高くなっていることがあるので、割引率が低いと保険料もそこまで安くならない可能性があります。そうなると元々自分たちが加入していた自動車保険の方が安いこともあるため、注意が必要です。ほかにも団体割引を利用しようとすると、元々加入していた自動車保険を切り替えなければいけないという手間が発生します。

自動車保険そのものの内容や補償内容がどのような仕組みになっているのか、退職した場合の特約はあるのかなど、事前に確認しておくことも忘れずに注意しましょう。

団体割引と通販型自動車保険、どっちがお得?

団体割引のほかにも自動車保険料を安くする方法として「通販型自動車保険」を利用する方法があります。通販型自動車保険は店舗を持たない自動車保険会社のことで、代理店と比較すると保険料が安い点が特徴となっています。どちらがお得に利用できるかと比較した際にポイントとなるのは、団体割引の割引率です。2つを比較して団体割引の割引率が高ければ、団体割引の自動車保険に加入した方がお得だと言えます。ただ企業によっては団体割引の割引率が低いところもあり、そのような場合は元々の保険料が高いこともあって団体割引の方が保険料が高くなりがちです。 そのため、団体割引の割引率が低いのであれば、通販型自動車保険を個人で契約した方がお得になりますのでしっかり見極めましょう。

自動車保険の団体割引は、自身が勤めている企業が制度に加入していれば役職員が利用できる自動車保険の割引制度です。加入している役職員の数や企業の規模によって割引率が変動しますが、最大で30%もの割引を受けられるところが大きな魅力とされています。そのため自分が今加入している自動車保険と比較し、どちらがお得であるのか検討することが大切です。

一覧に戻る

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大7社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査