【徹底解説】SUVとRV、クロカンの違いとは?ランドクルーザーはどっちに分類される?

トヨタ ランドクルーザープラド

日本ではいわゆるアウトドアに向いてそうな見た目の大きな車を「SUV」や「RV」、「クロカン」と呼びますよね。なんとなく使っているこの2つの名称ですが、SUVとRV、クロカンにはどんな違いがあるのでしょうか?そもそもどんな意味なのでしょう?

Chapter
SUVってどんな車?
RVってどんな車?
ちなみにクロカンとは?
国産車の注目SUV5選
輸入車の注目SUV5選
国産車の注目RV5選

SUVってどんな車?

ここ数年、世界的にブームとなっている「SUV」。最近ではラグジュアリー満載の高級SUVが続々と発売され、人気となっていますが、そもそもSUVってアウトドアに行くような車じゃなかったっけ?SUVにラグジュアリー?と、ちょっと違和感を覚えてしまいます。

では、そもそもSUVってどんな車のことなのでしょうか?

SUVとは、アメリカで使われていたカテゴリーの名称で、Sports Utility Vehicle(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)の頭文字をとったものです。

「Sports=スポーツ」「Utility=実用的な、万能の」「Vehicle=乗り物、車両」という意味で、日本語では「多目的な空間を持った車」、「スポーツ用多目的車」、「多目的スポーツ車」などと訳されています。

アメリカでは元来、トラックベースの2ドアスタイルの車だけを"SUV"と呼んでいましたが、日本ではこれといった定義はなく、乗用車ベースにしたクロスオーバーSUVの出現や、高級SUVへのシフトもあり、かなり広い意味で"SUV"という言葉が使われるようになりました。

なので、SUVの車は、必ずしも四駆でなければいけないというわけでもなく、また、サイズやデザインにも決まりはなく、むしろそのブランドのコンセプトによって判断されることがほとんどです。

現在日本での"SUV"は、本格オフロードカーというよりは、「スポーツにも!アウトドアにも!街乗りにも!」という、オールラウンドに使える車を指すカテゴリーの名称になっています。

国産車では、ホンダ ヴェゼル、トヨタ ハリアー、マツダ CX-5などが当てはまります。

RVってどんな車?

では、一方の「RV」はどんな車を指すのでしょうか?

RVとは「Recreational Vehicle =休暇を楽しむための車」という意味で、本来アメリカでは主にキャンピングカーを指しますが、日本ではレジャーに向いている車(ステーションワゴン、ワンボックス、ミニバン、オフロード)のすべてをひっくるめた総称としてRVが使われました。

すなわち日本では、「SUV」は「RV」をさらに細分化したカテゴリーの1つの名称ということになります。つまり、ランドクルーザーはRVでありながら、SUVであるということになります。

1990年代前期にこのRVという言葉が登場し、三菱 パジェロ、ランドクルーザープラド、ビッグホーンなどがRVの代表格となって人気が爆発。当時のアウトドアブームからRVブームが巻き起こり、当時はRVの横でバーベキューなどを行う「オートキャンプ」をすることが理想の休日の過ごし方となりました。

今ではあまり見かけなくなってしまったステーションワゴンも、この頃は大変よく売れました。しかし、1994年、ホンダ オデッセイの登場から時代はRVブームからミニバンブームへと移り変わっていきます。

また最近では、「ミニバン」「SUV」というような、細分化された呼び方が主流となり、「RV」はあまり使われなくなってきました。これは車業界の商業的な戦略が見え隠れしますね。

<次のページに続く>
次ページ
ちなみにクロカンとは?