90年代の四駆ブームが蘇る、ディーゼルエンジン搭載のクロカン6選!

無題

1980年代末から1990年代前半にかけて起こったクロカン・四駆ブーム。1987年に公開された映画「私をスキーに連れてって」をきっかけに、若者を中心に大ブームが巻き起こりました。

クロカンのエンジンによく搭載されていたのがディーゼルエンジン。今回は懐かしのディーゼルエンジンを搭載していた日本のクロカンを6車ご紹介します!

Chapter
そもそもなぜクロカン四駆にディーゼルエンジンが多いの?
トヨタ ハイラックスサーフ
トヨタ ランドクルーザー70
三菱 パジェロ
日産 テラノ
いすゞ ビッグホーン
いすゞ ミュー

そもそもなぜクロカン四駆にディーゼルエンジンが多いの?

まずは、ご存知の方も多いかもしれませんがクロカンにディーゼルエンジンが多い理由からご紹介します。

街乗りも考慮されているSUVと違い、クロスカントリー車はあくまでもオフロード走行のための車。
スピード性よりも悪路を乗り越えるパワーが必要です。ディーゼルエンジンはガソリンエンジンよりも低回転から強いトルクを発生させることが可能なため、スピードの出ていない状態でも悪路を楽々と乗り越えることができます。

クロカンはやっぱりディーゼルエンジンじゃなくちゃ!という人も多いのではないでしょうか。それでは次からディーゼルエンジンを搭載していた、ブーム全盛期のクロカン四駆を見て行きましょう!

トヨタ ハイラックスサーフ

トヨタのハイラックスサーフは、日本では1984年から発売されたハイラックスをベースとするクロスカントリー車です。
日野自動車と共同開発で生まれた車で、エンジンやサスペンションはランドクルーザープラド、FJクルーザーなどのトヨタ四駆と共用しています。

エンジンはガソリンとディーゼルの2タイプが用意されており、ディーゼルは2.4L水冷直列4気筒エンジン。このエンジンは他にもトヨタ ハイエースなどにも搭載されています。

<次のページに続く>
次ページ
トヨタ ランドクルーザー70