「LX」「RX」「NX」「UX」…レクサスSUVはそれぞれ何が違う?どんな人におすすめか?

レクサス LX 570 2015

今回は、レクサスSUVについて紹介します。
日本が世界に誇る高級ブランド「レクサス」。このチャネルにはLX、RX、NX、UXの4モデルのSUVが存在しますが、それぞれどんなキャラクターを持ったクルマで、どんなライフスタイルに合っているのでしょうか?各モデルの違いや特徴とともに見ていきましょう。

Chapter
レクサス孤高のSUV「LX」
レクサスSUVの歴史を築いたモデル「RX」
レクサスの初のコンパクトクロスオーバーSUV「NX」
レクサスの SUVで最もコンパクトなモデル「UX」
レクサスSUVの中古価格

レクサス孤高のSUV「LX」

ラインナップの上、SUVの中で最上位に位置しているのがLX。歴代LXは、ランドクルーザーと兄弟車の関係性にあります。初代はランドクルーザーの80系、2代目は100系、現行型である3代目は200系と基本的なシャシーを共用しているのです。

とは言え、レクサスの名を冠している以上は、その大部分が別物になっています。ランドクルーザーが4.6L V8エンジンを搭載しているのに対して、LXは5.7L V8エンジンと、より大型のパワーユニットを搭載。もちろんインテリアの豪華さ、安全装備の充実度などもランドクルーザーに勝っています。

またオフロードでの走りに重きを置いているランドクルーザーに対して、オンロードでの快適性を重視しているのがLXとなっていて、それぞれのモデルのキャラクターが現れています。LXのボディーサイズは全長5,080mm×全幅1,980mm×全高1,910mmとなっていて、その大柄なボディから鈍重なイメージがあるかもしれません。

しかし排気量にゆとりのあるエンジンと、快適なオンロード性能によって高速クルーズも得意としていて、都会生活者が広い大陸を快適に移動するにも最適です。もちろん、並のSUVは足元にも及ばないランドクルーザー譲りの高いオフロード性能も備わっています。

パッケージングは5人乗りと8人乗りがあり、ユーザーのニーズによって選べるのも嬉しいポイントと言えます。

レクサスSUVの歴史を築いたモデル「RX」

モデルグレード的にはLXが上位に位置づけされていますが、レクサスのSUVを代表するモデルと言えば、やはりRXでしょう。初代RXが北米市場を中心にヒットしたことにより、「高級クロスオーバーSUV」という新たなジャンルが誕生しました。レクサスのSUVの歴史を語る上で外せない存在と言えます。

初代と2代目のRXは、日本国内ではトヨタブランドからハリアーとして販売されましたが、3代目からは差別化。かつてはプラットフォームを共用していましたが、現在では別々のものを使用し、4代目RXは現行の4代目ハリアーよりも一回り大きなボディーサイズとなっており、そのサイズは全長4,890~5,000mm×全幅1,895mm×全高1,710~1,725mmとなっています。

現行型に搭載されるエンジンはダウンサイジングの2.0L 直4ターボと、3.5L V6+モーターのハイブリッドシステムの2種類。燃費という点ではハイブリッドに軍配が上がりますが、ドライブフィール的にはダウンサイジングターボエンジンの方が好評です。駆動系はそれぞれに2WDと4WDが用意されていて、ハイブリッドの4WDはプロペラシャフトを有さず、前後それぞれ独立したモーターが駆動する4WDシステムE-Fourです。

また安全装備も充実しており、Lexus Safety System +が全車に標準化されているのと同時に、安全運転支援システムのITS Connectが全車にオプション設定されています。

さらなる高級感とスポーティな雰囲気を求める人には、専用のエクステリアパーツを纏った450h Fスポーツがおすすめ。さらに2017年12月には、3列シートを擁したロングボディバージョン・450h Lもラインナップに加わりました。

日本ブランドで最高のクロスオーバーSUVが欲しい…という方にとって、間違いなくRXはオススメの1台と言えます。

<次のページに続く>
次ページ
レクサスの初のコンパクトクロスオーバーSUV「NX」

山崎 友貴|やまざき ともたか

四輪駆動車専門誌、RV誌編集部を経て、フリーエディターに。RVやキャンピングカー、アウトドア誌などで執筆中。趣味は登山、クライミング、山城探訪。小さいクルマが大好物。

山崎 友貴