「ランクル」と「ハイラックスサーフ」は何が違うのか?

トヨタ ランドクルーザー

「ランクル」と「ハイラックスサーフ」、トヨタを代表する4WD車です。見た目は似ていますが、その歴史や現在の状況など実はいろいろと違いがあります。今回は、そんな2台の違いをご紹介していきましょう。

Chapter
ランクルとは?
ハイラックスサーフとは?
ランクルとハイラックスサーフは何が違うのか?

ランクルとは?

ランクルことトヨタ ランドクルーザーは1951年に誕生。日本を代表するSUV車として、その耐久性は世界中で高く評価されています。

ランクルは大きいタイプの「ステーションワゴン」と小さい方の「ヘビーデューティ」「ライトデューティ」と大きく3系統あり、「ハイラックスサーフ」と同クラスは、小さい方の「ライトデューティ」=「ランドクルーザープラド」となります。

「ステーションワゴン」は、最新型は200シリーズで、これまで2度マイナーチェンジを行われ、さらにその「ヘビーなのに豪華」な部分に磨きがかかりました。世界販売台数の6割は中近東と言われ、4WDの王様として君臨しています。

「ヘビーデューティ」は、日本ではしばらく販売されていませんでしたが、2014年、誕生30年を記念して、1年間限定で70シリーズの「バン」と「ピックアップ」が再販されました。「ピックアップ」は日本初販売で非常に話題になりましたね。

「ライトデューティ」は、「ランドクルーザープラド」と呼ばれ、「ハイラックスサーフ」と同クラスとなります。「ステーションワゴン」の200シリーズと同じく、豪華さとヘビーさを兼ね備えた車になっています。

トヨタ車ならではの高品質さやパーツ供給の容易さなどにより、世界中で乗られ、人気を博している車になってますよね。

世界で活躍するランクルの中古価格は?世界中から愛されてきた理由とは

ハイラックスサーフとは?

アメリカ発の「ハイラックス」の荷台に屋根と客室を載せたような無骨なデザインの「ハイラックス」の派生車で、1983年にデビューし、日本では2009年まで発売。バブル時代に発売された2代目から、V6エンジンが搭載されるなど、乗用車化、豪華化が進んでいきます。

2002年から2009年まで発売された4代目は、多くのメカニズムを「ランドクルーザープラド」と共用していました。

しかし、昨今の日本では「エクストレイル」や「ヴェゼル」といった乗用車のような少し小さいSUVが人気となったことから、輸出メインとしていたハイラックスサーフは車種整理の対象となり、同クラスのランドクルーザープラドに吸収され、日本での販売を終了しました。

現在、海外では「4Runner」という名で、5代目が発売中です。

FJクルーザー後継?次期4ランナー(ハイラックス)?…トヨタ FT-4Xは2017年4月NYショーで公開か?

<次のページに続く>
次ページ
ランクルとハイラックスサーフは何が違うのか?