トヨタ 9代目200系ランドクルーザーのエクステリア・インテリア・ナビに用意された豊富なオプション

ランドクルーザー

世界標準のSUVとも言えるトヨタ ランドクルーザーに2021年6月、新たなフラッグシップとして「300系」が発表され大きな注目を集めています。

トヨタのグローバルな販売網に支えられSUVの代名詞であるランドクルーザーだけに、300系に新たに取り入れられた最新技術や安全性能が関心を呼んでいますが、ランドクルーザーに見られる動きはそれだけではありません。

フラッグシップとしての座を300系に譲る形となったトヨタ 9代目200系ランドクルーザー(3BA-URJ202W-GNTVK/GNTAK/GNTAK-G/GMTNK型)の人気が衰えを見せていないのです。

200系ランドクルーザーは2007年にデビューしてから、2011年と2015年のマイナーチェンジを含む多数の仕様変更を経て現在の姿に進化してきました。

都市やハイウェイに留まらず、砂漠やジャングルさえも力強く疾走する性能を持つ一方で、快適で広い居住空間や収納性抜群のラゲッジルーム(荷室)を備える200系ランドクルーザーは、今でも多くの人々を虜にしてやまない憧れのオフローダーといえます。

この9代目200系ランドクルーザーの魅力はどこにあるのでしょうか。

今回は豊富に用意されたエクステリア(外装)、インテリア(内装)など、オプションの数々から探っていきましょう。

Chapter
トヨタ 9代目200系ランドクルーザーとはどんなクルマ?
トヨタ 9代目200系ランドクルーザーの個性を引き立たせるエクステリアオプションを紹介!
トヨタ 9代目200系ランドクルーザーの高級感や利便性をさらに高めるインテリアオプションをチェック!
トヨタ 9代目200系ランドクルーザーのAVとナビに用意されたオプションも魅力的!

トヨタ 9代目200系ランドクルーザーとはどんなクルマ?

トヨタ ランドクルーザーは1951年の初代BJ型トヨタジープから60年と、トヨタで最も長い歴史を持つクルマです。

ランドクルーザーはその頂点であり、世界中のSUVの代名詞として語られ続けてきました。

全ての道を走破するパワーユニットは4.6L のV8エンジン最高出力は318PS、最大トルクは46.9kgf/mを誇っているのです。

4.6L V8エンジンから繰り出されるパワーは、スーパーインテリジェント6速オートマチック・トランスミッション+シーケンシャルシフトマチックが余すことなく駆動輪に伝えることであらゆる走行条件において燃費向上が計られています。

4WD(4輪駆動)としての性能は、マルチテレインセレクトが駆動力を路面状況に応じて4輪に最適分配しているため、道を選ぶことことなく最高のパフォーマンスを発揮。

凹凸が激しいオフロードや滑りやすい路面における操作性を一段と向上させ、岩場といった岩石の多い路面ではROCK、凹凸が激しい路面ではMOGUL、ぬかるみ・深雪路ではMUD&SANDなど、5つのモードから路面状況に応じて選択することができます。

オフロード走行をサポートするための先進技術も多数採用されているのも、ランドクルーザーの魅力です。

車両周囲の状況を4つのカメラで確認可能なマルチテレインモニターや、車両下の状態及びタイヤの位置確認が出来るアンダーフロアビュー、フロントビュー回転表示など、ドライバーの視認能力を向上させるシステムが充実しているのです。

また、ランドクルーザーは車体の操作性も向上しています。

代表として挙げられるのが、凹凸の大きいオフロードや滑りやすい路面を走行する際、ドライバーがアクセルとブレーキを操作する必要なく、ステアリング操作だけで極低速走行を可能にするクロールコントロールでしょう。

他にも、コーナーでの切り返し操作回数を減らすことが出来るターンアシスト機能、悪路での安定走行を実現するアクティブトラクションコントロール、上り坂における坂道発進の不安を軽減し発進を容易にするヒルスタートアシストコントロールと盛り沢山。

パワーユニットから先進技術、操作性に安全性能と、現在でも第一級のポテンシャルを有する類まれなオフローダー、それがランドクルーザーなのです。

トヨタ 9代目200系ランドクルーザーの個性を引き立たせるエクステリアオプションを紹介!

トヨタ ランドクルーザーは、エクステリアオプションを装着することで様々な個性を際立たせることができるのも魅力です。

まず注目したいのがエアロパーツセット。

フロントスポイラーとサイドステップエアロカバー、リアバンパースポイラーの組み合わせで、装着すればフロントスポイラーとリアバンパースポイラーに施されたボディカラーとブラックのツートーン塗装で、都会的な洗練された印象になります。

また、リアビューをスタイリッシュに演出するリアバンパーステップガード、イルミネーション付きのフォグランプ、それにフロントサイドの印象を高める車名入りのフェンダーエンブレムなどを揃えたアーバンスポーツパッケージも魅力的です。

もちろん、先進的な力強さと堂々とした存在感で知られるモデリスタパーツも充実。

オリジナルより70mmダウンしたフロントスポイラーと、48mmダウンのリアスカートがセットになったMODELLISTAエアロキットをはじめ、90mm×75mmスクエアデュアルのスポーツマフラー、20インチアルミホイール&タイヤセットが取り揃えられています。

さらに、モデリスタパーツには精悍でダイナミックなラギッドスタイルの「JAOS Selected by MODELLISTA」も用意されているのもポイント。

JAOSスタイリングキットでは、オリジナルより25mmダウンのフロントバンパーガードや18インチアルミホイールセットに加え、18mmダウンのスキッドプレート、フェンダーガーニッシュがセットになっています。

トヨタでは他にも、ラグジュアリー性を打ち出した「Luxury SUV Package」をランドクルーザーのオプションとして設定しています。

これはスモークメッキが上質感を演出するメッキグリル、メッキドアミラーカバー、そしてサイドプロテクションモールとバックドアガーニッシュ、リアバンパーステップガードがセットになったもの。

ホーンの音に個性を求めたい方には、高級感あふれ高音質のハーモニーを奏でるプレミアムホーンがおすすめでしょう。

ランドクルーザーのエクステリアオプションは、アグレッシブ性を前面にすることも、スタイリッシュさを目立たせることも出来るバリエーションが魅力なのです。

トヨタ 9代目200系ランドクルーザーの高級感や利便性をさらに高めるインテリアオプションをチェック!

トヨタ ランドクルーザーには、インテリアのオプションも豊富に揃っており、高級感を演出する装備が多いことが特徴です。

フロアマット(エクセレント)は光沢差のある糸を仕様しているほか、消臭・抗菌・防汚機能も備わっている優れたオプション。

加えて回転ノブがフロアマットを固定することによって、走行中のマットずれを防止する工夫が施されています。

バックスキン調コンビネーションで高い質感と手触りの良さを持つ革調シートカバーや、落ち着きと重厚感のあるウッド調ステアリング、フロントシート(前席)とセカンドシートの足元を照らしムードある室内空間を作り出すインテリアイルミネーションなど、オーナーに満足感をもたらすオプションが多数。

また、プラズマクラスター搭載LEDルームランプやIR(赤外線)カットフィルムをはじめ、遠隔操作でエンジンを始動し、乗車する前から車内を快適な温度に保つスマートキー一体型のリモートスタートなど様々な利便性を高めるオプションが用意されているのです。

中でもIR(赤外線)カットフィルムは室内の温度上昇を抑えエアコンの効果をアップさせるだけでなく、日焼け・シミ対策になります。

効率的にエアコンを使うことが出来るため燃費に貢献してくれるほか、ガラスが割れても破片が飛散しにくいなどアウトドア派の必需品といえるかもしれません。

もちろん、SUVとしてのランドクルーザーには、ラゲッジルーム向けのオプションもバリエーション豊かです。

濡れた荷物を気にせずに積めるラゲッジトレイや撥水機能を持つラゲッジソフトトレイ、荷物の積み降ろし時に汚れ・傷付きを防止するテールゲートマットといったラゲッジルーム向けの装備が豊富なのです。

それだけでなく、跳ね上げたサードシートを守るシートケースに積み荷をしっかりと固定し、バックドアを開けた際の荷崩れを軽減するラゲッジネットもあり、アクティブ派には欠かせないラインアップといえます。

ランドクルーザーのインテリアオプションは高級感や利便性、そして実用性に優れた装備が多いのです。

トヨタ 9代目200系ランドクルーザーのAVとナビに用意されたオプションも魅力的!

トヨタ ランドクルーザーにはAVやナビゲーション周辺のオプションも数多く揃えられています。

トヨタは通信でつながるT-Connectに力を入れており、「トヨタスマートセンター」との連携により多彩なカーライフをサポートしていることから、ランドクルーザーのナビにおいても中心的な役割を担っているといって良いでしょう。

新しい道路情報を自動でダウンロード、更新してくれるマップオンデマンドやリアルタイムの走行情報や最適なルートを探索しナビに配信するハイブリッドナビなど、多彩というほかないでしょう。

また、専用のオペレーターが24時間365日カーライフを支援し、行ってみたい店の名前が曖昧な場合でも希望に沿った目的地探しをサポートするオペレーターサービスなどT-Connectの機能は非常に優秀なのです。

他にも、ドライブ中でもナビと会話しながら目的地設定が出来るエージェントや、事故・急病時など困った時にワンタッチで通報できるヘルプネット、愛車を見守るセキュリティサービスであるマイカーSecurityなど数多くのサービスが揃っています。

オプションとして設定されているナビにも、もちろんT-Connect対応機種が用意されているので安心です。

7型VGAのT-Connectナビと9型VGAのT-Connect SDナビゲーションシステムDCMパッケージで、どちらもTVチューナー付きでステアリングスイッチにも対応。

ドライブレコーダーもナビ連動タイプやスマートフォン連携タイプ、前後方2カメラに360°カメラと豊富なのです。

もちろん、フロントシートバック左右に高精細11.6型ディスプレイを装備したリアシート(後席)エンターテイメントシステムや9スピーカーのランドクルーザー・スーパーライブサウンドシステムなど、車内エンターテイメントに欠かせないAV機能も充実。

さらには、18スピーカーのトヨタプレミアムサウンドシステムまで用意されているというのですから驚きです。

ナビゲーションシステムにT-Connect、それにAV機能など、ランドクルーザーのオプションは実に幅広いのです。

フラッグシップであっただけに、トヨタ ランドクルーザーには高級感を演出しバリエーションに富んだオプションがエクステリア、インテリアそしてナビ・AVに多数取り揃えられていました。

SUVとしての高度な性能だけでなく、ドライバーと乗員の快適さと満足感を高い水準に持つことが出来る総合力こそが、ランドクルーザーの真骨頂といえるでしょう。

300系ランドクルーザーの登場でも色あせないランドクルーザーの人気は、これからも続いていきそうです。

※2021年7月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道