自動車保険の見直しタイミングやポイントとは?知らないと損する節約術

自動車保険記事画像(基礎)

自動車保険とは、自動車による事故などの際に、発生した損害を保険会社が補償する保険のことです。「強制保険」と「任意保険」の2つに大きく分けられ、自動車運転者には強制保険である「自賠責保険」への加入が義務付けられています。しかし、自賠責では相手方の車や自分の損害については補償されないので、任意保険に加入するという方が多いです。今回はそんな自動車保険について、見直しのタイミングや割引などを節約術として紹介していきます。

Chapter
自動車保険を見直すタイミングはいつがベスト?
自動車保険の見直しポイントとは?
現在契約中の補償内容を確認することも大切
知らなきゃ損!便利な割引制度

自動車保険を見直すタイミングはいつがベスト?

自動車保険は、各種保険商品と同様に補償内容や補償対象などによって保険料が大きく変わってきます。そのため、車の用途が変わったり、引っ越しなどでライフスタイルが変わったタイミングで新規申し込みや乗り換えなどを行うのがおすすめです。自動車保険は自動更新ではなく、定期的に契約内容と補償内容を見直すことが重要です。

続いて、自動車保険は「いつ見直せばいいのか?」という具体的になタイミングについて解説します。まず挙げられるのが、車の利用目的を変更する時です。自動車保険では、それぞれの用途にあった保険料が設定されているため、車をどのように利用するかを記入することが求められています。保険料は主に、業務使用が高く通勤通学が安く設定されています。

車の用途の変わった場合は、保険会社に連絡して自動車保険を見直すのがおすすめです。運転者の加齢による見直しも重要です。自動車保険は、事故を起こしやすい若者と高齢者の保険料が高く設定され、現役世代の場合は安くなります。全年齢補償で契約していたが、利用者が限定されることになった時などは保険の見直しをすることによって、割引の恩恵を受けることができます。

運転者の範囲が変化した時も見直しのタイミングとしておすすめです。子供が独立するなど、運転者が必然的に減った場合は、保険対象者を運転者と配偶者に設定することで保険料の節約が可能です。

自動車保険の見直しポイントとは?

自動車保険の見直しポイントとしてもっとも重要となるのが、「どんな形式の商品と契約するのか」という点です。自動車保険には代理店を介して保険会社と契約をする「代理店保険」と呼ばれる商品と、インターネットや電話経由で直接契約をする「ダイレクト保険」と呼ばれる商品があります。

代理店保険では、担当者が付きアドバイスをもらいながら契約することができますが、サービス料や人件費などの手数料が上乗せされるため保険料が若干高くなります。ただし、自動車保険以外の保険商品もまとめて手続きすることができる代理店などもあります。ダイレクト保険は、店舗などのコストが発生していないため、その分保険料が安くなっています。さまざまな保険をネットや一括見積りなどで比較し、しっかりと情報収集した上で自分に適した商品を選ぶことがポイントです。

保険内容の見直しとしては、自分の車を対象にした「車両保険」がまず挙げられます。車両保険のタイプを変更したり自己負担を増やすことによって、保険料が抑えられます。対象の自動車の価値が下がった時などは特に見直したいポイントです。特約を契約している場合なども、そういった点の見直しが重要となってきます。仮にバイクや自動車の特約を契約していた場合、利用しなくなったので解約をすれば保険料がその分浮きます。また、その他に付帯している特約も見直しをおこない不要であれば、解約していくことをおすすめします。

現在契約中の補償内容を確認することも大切

保険の見直しをする前に、そもそも加入していた自動車保険はどのような補償内容であったかを確認することも大切です。自動車保険においては、最低限加入しておくべき基本の補償対象というものが4つあります。

まず、交通事故を起こしてしまった際に、相手方に自賠責よりも大きな額を補償する「対人賠償保険」です。最大で個人あたり数千万円にも及ぶ可能性がある交通事故による賠償を、個人で支払うというのは一般論として難しいところがあります。ですので、対人賠償保険には必ず加入しておく必要があるわけです。対象が物になる「対物賠償保険」も同様です。

対象が自分や同乗者にもなる「搭乗者傷害保険」や、「人身傷害保険」なども契約しておくことが重要です。交通事故の被害者になってしまった時に、示談がなかなかまとまらないというケースもあります。こうした時にこれらの保険はとても大きな効果を発揮してくれます。

最低限加入しておくべき保険にプラスして「車両保険」いうのも確認が重要です。自分の自動車を対象にした保険ですが、支払われる保険金は車の市場価値に左右されます。古い車や走行距離が長い車などの場合は、車両保険にいっそ加入せず、自分で修理や買い替えをやってしまったほうが安く付くということもあるためです。一般型とエコノミー型(限定型)の2種類がありますが、エコノミー型では車庫入れなどによる自損事故や犯人不明の当て逃げ事故などが補償されません。しかしながらその分保険料は安いので、そうしたポイントもしっかりと確認していくことが大事です。

知らなきゃ損!便利な割引制度

自動車保険にはさまざまな割引制度が用意されています。もっともポピュラーな割引となっているのが、ダイレクト保険の
「インターネット見積もり割引」です。オンライン上で見積もりや契約が完了した場合は、割引を受けられるという制度です。さらに、割引とセットで受けることもできる「早期割引」もあります。その名の通り、早期に契約を完了し利用を開始すると割引される制度ですが、早期の日数や利用開始日というのはそれぞれの保険会社によって分かれています。その他、被保険者がゴールド免許であった時に適用される「ゴールド免許割引」も一部の保険会社などで提供しています。必ずしもゴールドである必要はなく、グリーンやブルーでも一定の割引が受けられますので予め各保険会社に確認しましょう。

今回は自動車保険について、見直すべきポイントや割引、節約術などを解説しました。自動車保険の見直すべきタイミングは複数ありますが、最終的には利用者のライフスタイルや家庭の事情、環境などによって大きく異なってきます。ライフスタイルの変化や自動車を運転する人が変わった場合など、節目ごとのタイミングで見直しを図っていくことが、よりよい自動車保険との付き合い方です。

一覧に戻る

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大7社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査