ダイレクト型(通販型)自動車保険はどのくらい安い?選ぶ前に知っておきたいポイント

自動車保険

ダイレクト型(通販型)自動車保険のメリットといえば、Webサイトで簡単に申し込みができて保険料が安いことです。ただし、何となく安いイメージがあるだけで、実際どのくらい安いのか具体的には知らないという人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ダイレクト型(通販型)自動車保険が安い理由やデメリット、見積り時のポイントや選び方などについて解説します

Chapter
ダイレクト型(通販型)自動車保険とは?
ダイレクト型(通販型)自動車保険の保険料はなぜ安い?
ダイレクト型(通販型)自動車保険にデメリットはある?
自動車保険の見積りをする際のポイントと選び方

ダイレクト型(通販型)自動車保険とは?

まずは、ダイレクト型(通販型)自動車保険が従来の自動車保険とどのような違いがあるのか説明します。

インターネットが普及するまでは、自動車保険といえば保険会社の代理店を通じて加入するのが一般的でした。これが代理店型自動車保険であり、加入時には代理店のスタッフと対面で手続きします

一方、ダイレクト型(通販型)自動車保険の申し込みや手続きは、代理店を介さずにWebサイトで行います。代理店の仲介手数料などが不要なことから、代理店型と比べるとダイレクト型(通販型)の保険料は割安です。

代理店型自動車保険では契約手続きのほかに希望条件に合わせた見積りもしてくれますが、担当者との打ち合わせ日の調整や移動が負担となる場合があります。その点、ダイレクト型(通販型)ならだれにも遠慮することなく自分の好きなタイミングで条件に合った自動車保険を選ぶことができるのがポイントです。

ダイレクト型(通販型)自動車保険と代理店型自動車保険で、もう1つ大きな違いとされているのが「契約の管理」についてです。代理店型では、代理店が見積りから契約手続き、保険料の支払い管理、条件の変更管理、満期の管理までしてくれます。ダイレクト型(通販型)自動車保険では、こうした保険の管理を加入者自らが行います。もちろん、わからないことがあれば保険会社に問い合わせれば対応してもらえるので安心してください。

事故時にも、直接保険会社に連絡をして対応してもらうことになります。請求書類の作成などは必要ですが、何のためにどのような手続きをしているのかを自分で把握しやすいのもダイレクト型(通販型)自動車保険の特徴です。

ダイレクト型(通販型)自動車保険の保険料はなぜ安い?

保険料の安さに惹かれて、ダイレクト型(通販型)自動車保険に興味を持ったという人も多いのではないでしょうか。確かにダイレクト型(通販型)自動車保険は、代理店型自動車保険に比べると保険料が安いのがメリットです。しかし、同じ自動車保険のはずなのに、なぜダイレクト型(通販型)自動車保険だと保険料が安くなるのでしょうか。

理由は、「代理店が取る仲介手数料を支払わなくて済む」からです。また、代理店の運営にかかるさまざまな費用もダイレクト型(通販型)保険では大幅に縮小されます。人件費なども最小限で済みますから、その分加入者の保険料を安くすることができます。

更に詳しく説明すると、自動車保険で支払う保険料の内訳は大きく「純保険料」と「付加保険料」の2種類あります。保険金の原資となるのが純保険料で、申し込む保険の種類によってそれほどの差はありません。加入者が支払う保険料に差をもたらすのが、付加保険料です。

付加保険料が充当しているのは保険会社の運営費ですので、運営費が多ければ付加保険料を増やさざるを得ません。ネット上だけでなくリアルな店舗を構えれば、賃貸料や光熱費がかかったり、スタッフを増やす必要が出てきたりします。こうした費用が増えれば、付加保険料も膨らんできます。逆に保険会社の運営費を減らすことができれば、付加保険料は少なくなります。

付加保険料がかさむ代理店そのものをなくしたダイレクト型(通販型)自動車保険は、運営費や手数料の削減ができるからこそ代理店型自動車保険より安くなるのです。

ダイレクト型(通販型)自動車保険にデメリットはある?

保険料が安いだけで、ダイレクト型(通販型)自動車保険に加入してよいのかと心配する人がいるかもしれません。

ダイレクト型(通販型)自動車保険のデメリットになる可能性として挙げられるのは、代理店型のように「対面でサービスしてくれる担当者がいない」ことです。むしろそのほうが都合がよいという場合は、デメリットにはなりませんが、保険の加入時から何かと相談したい場合や保険料の管理や更新についてアドバイスがほしい場合は、ダイレクト型(通販型)だと少々戸惑う可能性があります。ダイレクト型(通販型)では、基本的に加入者本人が自分で判断したり管理したりしなければならないためです。

ただし、ダイレクト型(通販型)自動車保険が誰にも頼れない保険というわけではありません。困ったときは、保険会社のコールセンターに電話したりネット上で相談したりすることで解決可能です。また代理店型のような担当者がいないので、事故時の対応が心配という不安もあるかもしれません。しかしダイレクト型(通販型)でも事故時には保険会社が然るべき対応をしてくれるのでその点は代理店型と変わりません。

また代理店型の場合は加入相談時から接してきた担当者が万が一の事故時にも対応しますが、ダイレクト型(通販型)の場合は万が一の事故時に初めて接触する担当者が対応してくれるという違いがあります。

 

自動車保険の見積りをする際のポイントと選び方

自動車保険に加入するなら、できるだけ保険料を抑えつつ、サービスが充実している保険を選びたいところです。数ある自動車保険のなかから最適な保険会社を見つけ出すには、見積りが欠かせません。しかし、1社ずつ見積りを依頼するには時間がかかりますし、そもそもどの自動車保険に見積りを依頼するかを決めるだけでも苦労するかもしれません。

そんなとき活用すると便利なのが、「自動車保険の一括見積もりサービス」です。一括見積もりサービスなら、一度の入力で複数の自動車保険会社に見積もりを依頼できます。しかも、見積もりを依頼する自動車保険を一度に比較できる点もメリットです。条件を変更して見積もりをやり直したいときなども、一度登録した入力内容を利用できるため手間を大幅に削減することができます。

ダイレクト型(通販型)自動車保険に興味を持ち、自分に最適な保険があるか探してみたいと思ったら、自動車保険の一括見積もりをしてみるのがおすすめです。いつでもどこでもネットで簡単に見積もり依頼ができるうえに、複数の自動車保険を客観的な目で比較検討できるメリットがあります。

料金の安さに加えてどのような魅力がある自動車保険なのか、改めて知る機会となるのも一括見積もりサービスのポイントですので、ぜひ利用してみてください。

藤 孝憲|とう たかのり

日本FP協会所属のファイナンシャルプランナー。企業に属さない中立公正なファイナンシャルプランナーとして、2006年に独立。保険商品や住宅ローンなどの金融商品の選び方を中心に情報発信しています。保険分野については、約30社の生損保商品を販売していた元保険募集人としての経験や情報を生かした執筆をしております。保険商品は難しいかもしれませんが、複数の商品を比較して初めてそれぞれの商品の特徴が浮かび上がります。記事を通して、商品選びの参考になれば幸いです。

【保有資格】
CFP®、宅建士(未登録)、住宅ローンアドバイザー、証券外務員二種、エクセルVBAエキスパート

藤 孝憲
  • 前の記事

    自動車の購入時、自動車保険に加入する適切なタイミングや選び方とは?

  • 一覧に戻る
  • 次の記事

    【FP専門家解説】おすすめの自動車保険の選び方のポイントとは?

一覧に戻る

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積りスタート(無料)をタップ」③見積り条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積りスタート(無料)をタップ」③見積り条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大8社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査