自動車保険の月払い(分割払い)のメリット・デメリット

保険 写真

自動車を運転する場合には自賠責保険への加入が義務付けられていますが、ほとんどの人は自動車保険にも加入しています。この自動車保険の保険料の支払い方法には、「一括払い」と「月払い(分割払い)」があります。それぞれのメリットとデメリットを理解したうえで自分にあった方法を選択するのが重要です。そこで今回は、自動車保険の月払い(分割払い)のメリット・デメリットについて詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

Chapter
自動車保険の月払い(分割払い)とは?
自動車保険の月払い(分割払い)の方法は?
自動車保険の月払い(分割払い)のメリット
自動車保険の月払い(分割払い)のデメリット

自動車保険の月払い(分割払い)とは?

民間の自動車保険に加入する場合には、保険料の支払い方法を選択する必要があります。選択肢としては、最初に保険料の全額を支払う「一括払い」のほかに、毎月決まった金額を支払う「月払い」があります。自動車保険には「代理店型」と「通販型」の2つのタイプがあり、月払いについては、従来は代理店型の自動車保険のみ対応しているというケースが一般的でした。

これは保険料の安い通販型の場合にはなるべく一括払いに統一して、それによって浮いた支払いコストを加入者に還元するという考え方があったためです。そのあと、通販型でも加入者の利便性を勘案して柔軟な支払いに対応してきており、多くの保険会社で分割払いが可能(※1)となっています。

なお最初にまとまったお金を用意する必要がないため、学生や新社会人といった若年層が月払いを選択する傾向にあります。また、車などの大きな買い物をした直後で、すぐに保険料まで手が回らないという人も、月払いを選ぶケースが多いようです。

なお、近いうちに愛車を手放すことを検討している人も、なるべく月払いを選んでおいたほうが良いでしょう。自動車保険を途中で解約すると残りの保険料の一部は戻ってきますが、月払いにしておいて解約後の支払いを行わないほうがトータルで見るとお得になります(※2)。途中で保険が不要になるという見込みがある場合には、月払いを選択しておいたほうが合理的といえます。

(※1)参照元:自分にあった自動車保険料の払込(支払)方法を選ぶ | 自動車保険の三井ダイレクト損保
(※2)参照元:自動車保険を解約・途中解約する場合の注意点|チューリッヒ

自動車保険の月払い(分割払い)の方法は?

自動車保険を月払いにした場合の保険料は一般的な分割払いと同じく、保険料を月数で分割した金額に手数料を加えた金額となります。月数は12であることが多いのですが、保険会社によっては10分割や11分割にするのも可能です。また、手数料は保険会社によって異なりますが、通常は5パーセント程度が相場となっています。手数料が上乗せされる分、年間の支払総額は、一括払いよりも月払いの方が高くなるという点に注意しておいた方がよいでしょう。

たとえば一括払いで60,000円の保険料を12か月払いにした場合、毎月の支払金額は5,000円になりますが、そこに手数料が250円程度上乗せされるため、実際に支払うのは5,250円前後です。これを12か月分に換算すると63,000円になり、一括払いよりも3,000円分多く支払う計算になります。

 

自動車保険の月払い(分割払い)のメリット

自動車保険の保険料を月払いにするメリットはさまざまですが、そのなかでもっとも大きいのが「一回当たりの支払金額を少なくできる」という点です。一括払いであれば最初に何万円もの金額を用意しなければなりませんが、月額払いであればその12分の1、数千円の負担で済みます。そのため、なるべく少ない金額を定期的に支払ったほうが家計の負担が軽くなるという人は、一括払いよりも月払いのほうが良いでしょう

また月払いの2つ目のメリットとして、「途中で保険を解約しやすい」という点があります。月払いにした自動車保険を途中で解約すると、残りの期間の保険料を支払わずに済むため、特に支障なく解約することが可能です。一方、一括払いでも途中解約そのものは可能なのですが、解約によって還付される保険料は残高のすべてが戻ってくる訳ではありません。残存期間相当額ではなく、そこからディスカウントされた金額となるため、月払いよりも解約のハードルが高く感じられると思います。

そのため途中で解約したり別会社の自動車保険へ乗り換えたりする可能性があれば、月払いを選択しておくことも一案です。なお自動車保険が不要になるケースは、あらかじめ想定されている場合だけではありません。たとえば愛車が盗難にあったり、海外転勤になって車を手放さなければならなかったりする可能性もゼロではありません。保険料を毎月の分割払いにしておくと、このような場合に無駄な保険料を支払わなくて済むというリスクヘッジの効果もあります。

自動車保険の月払い(分割払い)のデメリット

自動車保険の保険料を月払いにしておくのには、前述したメリットがある一方でいくつか注意しておくべきデメリットも存在します。1つ目のデメリットは、前述したように「トータルでの保険料総額が一括払いと比べて高くなる」という点です。なるべく合計の負担額を抑えたいのであれば、一括払いを選んでおいたほうが良いでしょう。

2つ目のデメリットは、「一括払いよりも支払い方法が限定されてしまう」という点です。保険会社によって必ずしもこのデメリットが当てはまらないケースもありますが、多くの場合は、分割払いに対応していても、銀行引き落としかクレジットカード払いのどちらかしか利用できないというのが通常ですので、それ以外の支払い方法を選びたいのであれば一括払いのほうがよいかもしれません。支払方法には、コンビニ支払いや郵送方式支払いなどもあります。

自動車保険の保険料を毎月の分割払いにした場合、メリットだけでなくデメリットも存在します。そのため、支払い方法を決める場合には、月払いについてしっかりと知識を身につけたうえで、自分にとってメリットとデメリットのどちらが大きいかをよく検討して判断する必要があります。


藤 孝憲|とう たかのり

日本FP協会所属のファイナンシャルプランナー。企業に属さない中立公正なファイナンシャルプランナーとして、2006年に独立。保険商品や住宅ローンなどの金融商品の選び方を中心に情報発信しています。保険分野については、約30社の生損保商品を販売していた元保険募集人としての経験や情報を生かした執筆をしております。保険商品は難しいかもしれませんが、複数の商品を比較して初めてそれぞれの商品の特徴が浮かび上がります。記事を通して、商品選びの参考になれば幸いです。

【保有資格】
CFP®、宅建士(未登録)、住宅ローンアドバイザー、証券外務員二種、エクセルVBAエキスパート

藤 孝憲
  • 前の記事

    自動車保険は当日・即日加入できるって本当?

  • 一覧に戻る
  • 次の記事

    未成年でも自動車保険は契約できる?安く加入する方法と選び方を解説

一覧に戻る

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積りスタート(無料)をタップ」③見積り条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積りスタート(無料)をタップ」③見積り条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大8社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査