自動車保険の「通販型」と「代理店型」ってどう違うの?

自動車保険

自動車保険に加入するときは「通販型」と「代理店型」の2パターンから方法を選択できます。通販型はダイレクト型とも呼ばれていて、インターネットを利用して保険の手続きを行えるサービスです。一方、代理店型は保険会社の代理店を利用して加入が可能です。自宅や店舗で担当スタッフに相談をしながら保険の加入や変更などができます。今回は、「通販型」と「代理店型」の2つのタイプの違いや特徴について解説していきます。

Chapter
自動車保険の「通販型」とは?
自動車保険の「代理店型」とは?
「通販型」と「代理店型」どちらを選べばいい?
保険料を安く抑えるなら通販型、細かなサポートなら代理店型がお得!

自動車保険の「通販型」とは?

通販型(ダイレクト型)自動車保険の特徴はインターネットを利用して申込みができる点です。加入方法はパソコンやスマートフォンを利用してインターネット上から契約ができます。通販型の仕組みは、対象の損害保険会社と契約者が直接やり取りを行います。中間に代理店が入らないためコストを削減できます。

他にも通販型は損保会社ごとに独自の割引特典やサービスを展開しているケースが多いです。例えば、対象の保険会社を初めて利用する方に限り初回割引が適用されたり、新規加入者対象のサービスがあります。見積もりを希望するときは、インターネットから直接申込みが可能で他の保険会社と相見積もりをするときにも活用できます。保険の申込みや継続の手続きなどは24時間いつでも申込みができるので大変便利です。

ただし、保険選びをする際に「自動車保険の補償内容がよくわからない」、「どこまで補償してくれるのか不安…」など、補償内容や範囲、事故トラブルやリスクに関して疑問が出てくる方もいるでしょう。疑問や不明点があるときはスマートフォンやパソコンを利用して通販型の損害保険会社に直接質問することができます。また営業時間内なら専用フリーダイヤルを利用して専門スタッフに質問することも可能です。

自動車保険の「代理店型」とは?

代理店型自動車保険の加入方法は損害保険会社の代理店を利用して契約を行います。代理店のスタッフと直接やり取りをする必要があるので、店頭まで出向きます。来店できない方は、自宅に代理店スタッフを呼んで相談することも可能です。代理店型の特徴は保険料に代理店側の手数料などが含まれていることです。そのため保険料はやや割高になってしまうので注意しておきましょう。

その分代理店スタッフに直接相談をすることができますので、自動車保険の疑問や不安な点があった際は、初心者でも分かりやすく丁寧に説明してくれますので遠慮なくコンタクトを取りましょう。さまざまなプランが用意されていますので、希望に合った補償内容や商品はどれなのかについてもしっかりとアドバイスを受けることができます。

なお、保険の手続きもすべて代理店スタッフが手伝ってくれます。手続き方法がよくわからない方も自動車保険契約までサポートしてくれるので安心感があります。事故が発生したときの対応ですが代理店に連絡をすると、スタッフが損害保険会社に知らせてくれます。ただし営業時間外の対応だと対応が難しくなるので注意しておきましょう。代理店によってはスタッフが現場まで来てくれることもありますが、事故現場が遠いと対応できません。

最後に、代理店によっては自動車保険以外の商品を扱っているところもあります。他の保険も同時加入をする場合、どの補償内容が適切なのかを判断してくれます。補償内容が重複しないように調整・提案を行ってくれるので、代理店型は保険知識があまりない方に適していると言えます。

「通販型」と「代理店型」どちらを選べばいい?

自動車保険の「通販型」と「代理店」の選び方は事故時の対応力、試算や保険の見直し部分を考慮して選定するのも1つの選定方法です。代理店型の特徴は常にスタッフが店舗に在籍しています。その場で保険内容などのアドバイスをもらいながら自動車保険を決めることが可能です。事故を起こしたときの対応は担当者が現場に駆けつけてくれます。ただし、営業時間外や遠方で事故を起こしたときは対応できない時があるので注意が必要です。担当スタッフの対応が難しいときは直接損害保険会社に連絡をしましょう。

一方、通販型はすべてインターネット上で済ますことができます。保険料の見直しをするときには、ウェブ上の見積もりシステムを使用して、即座に保険料の計算が可能です。保険料はパターンによりコストが変動するので、じっくり自動車保険の補償内容を検討したい方に通販型は適しています。ちなみに通販型は電話や書面を利用して契約の手続きをすることも可能です。また事故が発生したときに担当スタッフが現場に来てくれることはありませんが、ロードサービスなどは充実しているので安心です。

さらに、交通費や宿泊費などは損害保険会社が負担をしてくれるのでお得です。事故が発生したときには被害者と示談交渉を行うときもありますが、通販型と代理店型ではどちらも示談交渉力に違いはないです。結果として、どちらもメリットが多いので、自分自身がどの部分を重視したいのか基準に検討しましょう。

保険料を安く抑えるなら通販型、細かなサポートなら代理店型がお得!

とにかく自動車保険のコストを押さえたいときには通販型を利用して申込みをしましょう。代理店を通さず直接損害保険会社と契約を行うので、大幅なコスト削減が出来ます。また保険会社によってはお得な割引サービスを利用できるところもあります。保険料は補償内容を充実させることによってコストがかさみます。安全面を考慮した保険プランを利用するのなら、割引が適用される通販型が合理的です。

一方、代理店型は初めて保険加入をする人に適しています。また自動車保険の補償内容はたくさんありますので、自分にとって不要なものを付帯させると、毎月支払うコストも高くなってしまうので注意が必要です。代理店型ならサポート力を活かし、スタッフに相談をしながら最適な保険を提供してくれるのでプランに無駄がなく安心です。

自動車保険の通販型はネットからいつでもどこでも契約ができる、コスト面が優れているなどのメリットがあります。一方、代理店型は代理店スタッフの手厚いサポートを受けることができるので、専門知識がなくても自分に合った保険プランを作ることが可能です。さらに、事故時の対応は代理店だと現場に駆けつけてくれる場合があります。通販型と代理店型はどちらもメリットがあるため、比較検討するときにはコストやサポート力などを見て自分の希望に適した保険を選びましょう。

  • 前の記事

    自動車保険は事故対応力を比較しよう!重視すべきポイントや選び方とは?

  • 一覧に戻る
  • 次の記事

    初めての自動車保険加入、迷ったらどう選ぶ?自動車保険の選び方のコツ

一覧に戻る

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大7社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査