保険料を安く抑えるなら通販型?自動車保険の「通販型」と「代理店型」はどちらを選べばいい?

自動車保険

自動車保険に加入するときは「通販型」と「代理店型」の2パターンから方法を選択できます。通販型はダイレクト型ともよばれていて、インターネットを利用して保険の手続きを行えます。

一方、代理店型は保険会社の代理店を通して加入します。自宅や店舗で担当スタッフに相談をしながら保険の加入や変更などができます。今回は、「通販型」と「代理店型」の2つのタイプの違いや特徴について解説していきます。

Chapter
自動車保険の「通販型」の特徴は?
自動車保険の「代理店型」の特徴は?
「通販型」と「代理店型」どちらを選べばいい?
保険料を安く抑えるなら通販型、細かなサポートなら代理店型がお得!

自動車保険の「通販型」の特徴は?

通販型(ダイレクト型)自動車保険の特徴は、インターネットを利用して申込みができる点です。加入方法はパソコンやスマートフォンを利用してインターネット上から契約できます。損害保険会社と契約者が直接やり取りを行い、中間に代理店が入らないためコストが削減されています。

また通販型は損保会社ごとに独自の割引特典やサービスを展開しています。たとえば対象の保険会社を初めて利用する人限定で初回割引が適用されたり、新規加入者対象のサービスを利用できたりします。見積もりや保険の申込み、更新の手続きなどは24時間いつでもできるので大変便利です。

ただし保険選びをする際に「自動車保険の補償内容がよくわからない」、「どこまで補償してくれるのか不安…」など、補償内容や範囲、事故トラブルやリスクに関して疑問が出てくる人もいるでしょう。疑問や不明点があるときはスマートフォンやパソコンを利用して損害保険会社に直接質問することができます

自動車保険の「代理店型」の特徴は?

代理店型自動車保険の特徴は、損害保険会社の代理店を利用して契約する点です。代理店のスタッフと直接やり取りをする必要があるので、店頭まで出向きます。来店できない人は、自宅に代理店スタッフを呼んで相談することも可能です。保険料に代理店側の手数料などが含まれているため、保険料はやや割高になっています。

保険料の面で気になるかもしれませんが、代理店スタッフに直接相談をすることができますので、自動車保険の疑問や不安な点があった際は、初心者でもわかりやすく丁寧に説明してくれます。さまざまなプランが用意されていますので、希望に合った補償内容や商品はどれなのかについてもしっかりとアドバイスを受けることができます。

なお保険の手続きもすべて代理店スタッフが手伝ってくれます。手続き方法がよくわからない人も自動車保険契約までサポートしてくれるので安心感があります。事故が発生したときも保険会社だけでなく、代理店によるサポートも期待できます。

代理店によっては自動車保険以外の商品を扱っているところもあります。ほかの保険も同時加入をする場合、どの補償内容が適切なのかを判断してくれます。補償内容が重複しないように調整・提案を行ってくれるので、代理店型は保険知識があまりない人に適していると言えます。

「通販型」と「代理店型」どちらを選べばいい?

「通販型」か「代理店型」かを選ぶ際には、事故時の対応力、自分に合ったプランになっているかなどを考慮するのも一つです。代理店型では一般的に店舗にスタッフが在籍していますので、アドバイスをもらいながら補償内容を決めることが可能です。また事故を起こしたときには担当者が現場に駆けつけてくれます。ただし営業時間外や遠方で事故を起こしたときは対応できないときがあるので注意が必要です。担当スタッフの対応が難しいときは直接損害保険会社に連絡をしましょう。

一方、通販型はすべてインターネット上で済ますことができます。保険料の見直しをするときには、ウェブ上の見積もりシステムを使用して、即座に保険料の計算が可能です。補償内容により保険料が変動するので、じっくり自動車保険の補償内容を検討したい人に適しています。

代理店型の場合、事故対応などで保険会社だけでなく代理店の担当者にも相談できますので、事故対応の充実さを求めるなら代理店型のほうが向いているかもしれません。ただし、対応力に満足できるかどうかは人それぞれです。保険料とのバランスを考え、自分自身がどの部分を重視したいのかを基準に検討しましょう

保険料を安く抑えるなら通販型、細かなサポートなら代理店型がお得!

とにかく自動車保険のコストを抑えたい場合には通販型を優先して検討してみましょう。代理店を通さず直接損害保険会社と契約を行うので、保険料は割安になる傾向があります。また保険会社によってはお得な割引サービスを利用できるところもあります。割安になった分、補償を充実させることもできますので、満足できる保険を組み立てやすいかもしれません。

一方、代理店型は初めて保険加入をする人に適しています。また自動車保険の補償内容はたくさんありますので、自分にとって不要なものを付帯させると、毎月支払うコストも高くなってしまうので注意が必要です。代理店型ならサポート力を活かし、スタッフに相談をしながら最適な保険を提供してくれるのでプランに無駄がなく安心です。

自動車保険の通販型はネットからいつでもどこでも契約ができる、コスト面が優れているなどのメリットがあります。一方、代理店型は代理店スタッフの手厚いサポートを受けることができるので、専門知識がなくても自分に合った保険プランを作ることが可能です。さらに、事故時の対応については代理店だと現場に駆けつけてくれる場合があります。

通販型と代理店型はどちらもメリットがあるため、比較検討するときにはコストやサポート力などを見て自分の希望に適した保険を選びましょう

藤 孝憲|とう たかのり

日本FP協会所属のファイナンシャルプランナー。企業に属さない中立公正なファイナンシャルプランナーとして、2006年に独立。保険商品や住宅ローンなどの金融商品の選び方を中心に情報発信しています。保険分野については、約30社の生損保商品を販売していた元保険募集人としての経験や情報を生かした執筆をしております。保険商品は難しいかもしれませんが、複数の商品を比較して初めてそれぞれの商品の特徴が浮かび上がります。記事を通して、商品選びの参考になれば幸いです。

【保有資格】
CFP®、宅建士(未登録)、住宅ローンアドバイザー、証券外務員二種、エクセルVBAエキスパート

藤 孝憲
  • 前の記事

    自動車保険は事故対応力を比較しよう!重視すべきポイントや選び方とは?

  • 一覧に戻る
  • 次の記事

    初めての自動車保険加入、迷ったらどう選ぶ?自動車保険の選び方のコツ

一覧に戻る

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積りスタート(無料)をタップ」③見積り条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積りスタート(無料)をタップ」③見積り条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大8社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査