自動車保険を解約・途中解約する際の手続きと注意点

自動車保険

任意の自動車保険は一度契約すると更新月まで解約できないと思いがちです。ところが、事情があって車を手放すことになったり、割安でサービス内容のいい保険会社を見つけた場合は、途中解約したくなるケースもありますよね。途中解約する際は、ポイントを守れば損することなく上手に解約できます。ここでは、自動車保険の途中解約の手続きや注意点を解説します。

Chapter
自動車保険の解約・途中解約とは?どんな時に発生する?
自動車保険の解約・途中解約の手続きは?
保険会社間の等級引き継ぎはどうなる?
保険料が払えない場合は解約すべき?
自動車保険の解約・途中解約をする場合のポイント

自動車保険の解約・途中解約とは?どんな時に発生する?

自動車保険は、「満期解約」と「途中解約」があります。満期で解約する場合は、特別な手続きがありません。一方で途中解約の場合には、保険会社に申し出る必要はありますが決められた手続きを行えば可能です。解約の事情は、個々によってさまざまです。たとえば、海外に転勤になってしまったり、保険料の支払いが厳しくなった場合などです。そのほかに、今よりもロードサービスが充実しているところなど、別の保険会社に乗り換えたい場合も理由として挙げられます。

自動車保険の解約・途中解約の手続きは?

自動車保険の途中解約はどのように行うのでしょうか。完全に車に乗らなくなる場合は契約中の保険会社で解約手続きをすれば問題ありません。一方、乗り換えをおこなう場合の手続きは以下の流れになります。

【乗り換えの手続きの流れ 】
1、サービス内容や見積金額を比較して、どこの保険会社に乗り換えるかを調べる
2、乗り換える保険会社に「保険証券」、「車検証」、「運転免許証」を提示し、契約手続きを完了する
3、今契約中の保険会社に解約の申し入れをする
4、乗り換える保険会社に必要な書類を返送し、保険料を支払う

注意点は、今の保険会社と新しい保険会社の空白期間がないように設定すること。解約日と契約の開始日を同じにしないと、等級が引き継がれなくなる可能性があるからです。

保険会社間の等級引き継ぎはどうなる?

自動車保険の等級はどのように決まるのでしょうか。免許を取って初めて自動車保険を契約する場合は6等級からスタートし、事故がなければ毎年1等級ずつ増え最大20等級まで上がっていきます。等級が上がれば上がるほど保険料が安くなります。逆に事故を起こすと3等級ずつ下がっていくので、等級の引継ぎは金額面でとても大事です。

解約のタイミングは、満期に合わせて乗り換えることがベストです。過去1年に事故がなければ、1等級上がった形で乗り換えることができます。それに対して途中解約の場合は現時点での等級で乗り換えることはできますが、等級の判定日が契約開始から1年後になります。1等級でも金額が変わってくるので、あとどれくらい契約期間が残っているかで判断するのがよいでしょう。

保険料が払えない場合は解約すべき?

保険料の支払いがどうしても厳しい場合、自動車保険は思い切って解約した方がいいのでしょうか。車に乗り続ける場合には、事故発生リスクや運転の危険性という観点からおすすめできません。警察庁の統計によると、2019年の交通事故発生件数は38万件を超えていて、死者数も3,215人に登ります。

事故が起きた場合、運転者に加入義務のある自賠責保険で対応することもできますが、金額の上限が低いため十分とはいえません。補償金額の大きい任意の自動車保険に入っておくことは必須だといえます。車を乗っていると必ず事故の心配がつきまといます。保険料を抑えたい場合は保険料の見直しや割引制度を活用するなどの工夫をおこない、車に乗り続けるのであれば、安易に解約してしまわないほうが賢明です。

自動車保険の解約・途中解約をする場合のポイント

自動車保険の途中解約におけるポイントは何があるのでしょうか。まず、過去1年間に事故を起こして等級が下がることがわかっているときには、急がずに満期日まで待ってから乗り換えることです。途中解約にしてしまうと契約開始日の段階から等級が下がってしまうので、残っている日数分損をすることになり、結果的に金額が高くなってしまうことが考えられます。また、一括で年払いしていた場合、途中解約をしてしまうと解約返戻金が少なくなることも多いので事前に計算しておくこともポイントです。

自動車保険の解約は、それぞれライフスタイルや家庭環境を考え適切なタイミングで手続きをおこなうことが大切です。お得な保険会社に乗り換えようと思っても、手続きの時期を間違ってしまったり早々と途中解約したために、逆に損をしてしまうこともあります。そのため途中解約では、しっかり自動車保険の見積りをとって納得いくまで確認しましょう。なお、一社ずつ調べるのが面倒だ…と思われる方は便利でカンタンな一括見積もりサービスを利用するのがおすすめです。

一覧に戻る

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大7社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査