自動車保険の更新手続きと注意ポイントとは?

自動車保険

自動車保険には、「保険期間」が定められています。自動車保険で補償の対象となるのは保険期間内に起きた事故だけで、期間外の事故に対しては、補償を受けることができません。自動車保険の保険期間が終了する前に、更新を行う必要があります。ここでは更新手続きの注意点などについて説明します。

Chapter
自動車保険の更新はいつ行うべき?
自動車保険の更新手続き方法と流れ
自動継続特約とは?
自動継続特約の注意点
自動車保険の更新手続きをする場合に注意したいこと

自動車保険の更新はいつ行うべき?

一般的に自動車保険の保険期間は1年ですので、更新手続きは毎年しなければなりません。では更新手続きはいつ行えばよいのでしょうか。

自動車保険の更新時期が近づくと、保険会社から「更新のお知らせ」が郵便やメールで届きます。これには通常、更新後の契約内容や保険料、そして更新手続きの方法などが記載されています。保険会社にもよりますが、保険期間の終了する2ヶ月前くらいに届きます。この案内が届いたら、忘れずに更新手続きを行いましょう。

なお自動車保険にはさまざまなプランや商品がありますので、現在加入中の保険よりも保険料が安かったり、サービスが充実したプランがあったりするかもしれません。更新を機にほかの自動車保険と比較し、保険の乗り換えを検討するのも一つの方法です。

自動車保険の更新手続き方法と流れ

自動車保険の更新時期に保険会社から届く案内には、更新手続きの方法などが記載されているので、それに従って手続きを行えば問題ありません。

実際の流れとしては、ダイレクト型保険の場合、契約者が保険会社のウェブサイトにアクセスして更新手続きを行うのが一般的です。なお電話や郵送で手続きを行うこともできます。また代理店型保険の場合は一般的に、郵便やメールで案内が届き、保険代理店がサポートしてくれるので、それに従って更新手続きを行えば問題ありません。

自動継続特約とは?

通常の自動車保険では保険期間が終われば契約は終了となり、継続する場合は契約者が更新手続きを行う必要があります。しかし保険会社によっては、「自動継続特約」という特約を用意しているところもあります。これは、契約者や保険会社から「更新を行わない」という意思表示がされない限り、同じ契約内容で自動的に保険が更新されるというものです。契約者にとっては更新手続きの手間を省くことができ、また万一の更新忘れを防ぐことができるというメリットがあります。

自動継続特約の注意点

自動車保険の自動継続特約は、更新の手間を省けるといったメリットだけでなく、注意点もあります。それは保険の見直しや乗り換えを検討する機会を逃しやすい点です。たとえば家族構成が変わったり生活環境が変化したりすれば、必要な補償内容が変わることがあります。

もちろん自動継続特約があっても、満期日の前に保険会社に申し出れば変更や解約が可能です。しかし、ついそのままにしてしまうという人も多いのではないでしょうか。生活環境が変化しなくても、年齢や免許の色が変わることによって保険が安くなる場合もあります。そのため満期日の前に契約内容を再確認し、必要であれば契約内容の変更やほかの保険への乗り換えを検討してみましょう

自動車保険の更新手続きをする場合に注意したいこと

自動車保険の更新の際、「あとで更新手続きをしよう」と思っているうちに満期日を過ぎてしまった、というケースもあるのではないでしょうか。この場合は、気付いたらすぐに保険会社に連絡しましょう。保険会社によりますが、通常は満期日から1週間~1ヶ月程度であれば更新手続きを行うことができます。

ただし、満期日から更新までの間に起きた事故については、補償はされませんので注意が必要です。また、ほかの保険に乗り換える場合は、満期日に合わせて乗り換えるのがお得です。これは、1年間無事故で満期日を迎えれば保険の等級が1つ上がり、乗り換え先の保険でも、この等級を引き継げるためです(一般的に猶予期間を過ぎると等級は引き継げません)。なお、この場合も保険の空白期間が生じないよう注意する必要があります。

自動車保険は、満期日の前に忘れずに更新手続きをする必要があります。更新だけでなく保険の乗り換えを検討するのもおすすめです。保険会社によってサービスや商品は異なり、ほかの保険会社に乗り換えることで、保険料が安くなったり、補償内容などのサービスがより充実したりすることがあります。更新時期が近づいたら、早めに検討してみましょう。


【監修】藤 孝憲 | とう たかのり

日本FP協会所属のファイナンシャルプランナー。企業に属さない中立公正なファイナンシャルプランナーとして、2006年に独立。保険商品や住宅ローンなどの金融商品の選び方を中心に情報発信しています。保険分野については、約30社の生損保商品を販売していた元保険募集人としての経験や情報を生かした執筆をしております。保険商品は難しいかもしれませんが、複数の商品を比較して初めてそれぞれの商品の特徴が浮かび上がります。記事を通して、商品選びの参考になれば幸いです。

【保有資格】
CFP®、宅建士(未登録)、住宅ローンアドバイザー、証券外務員二種、エクセルVBAエキスパート

【監修】藤 孝憲 | とう たかのり
  • 前の記事

    自動車保険の乗り換え(切り替え)手続きとタイミングとは?

  • 一覧に戻る
  • 次の記事

    自動車保険の加入時に関わる手続きと必要書類とは?

一覧に戻る

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大8社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査