自動車保険の乗り換え(切り替え)手続きとタイミングとは?

自動車保険

すでに自動車保険に加入しているユーザーのなかには、「どこの保険会社を選んでもたいして変わらないだろう」という認識を持っている人がいるかもしれません。同じようなプランでも、補償内容や保険料などは会社によって大きく異なることがあります。そこで今回は、自動車保険の乗り換えや切り替えをするメリットとともに、手続きを行う最適なタイミングについて解説していきます

Chapter
自動車保険の乗り換え(切り替え)のメリットは?
自動車保険の乗り換え(切り替え)にはどんな手続きが必要?
自動車保険の乗り換え(切り替え)のタイミングはいつがベスト?
自動車保険の乗り換え(切り替え)にデメリットはある?
自動車保険の乗り換え(切り替え)前には一括見積もりがおすすめ!

自動車保険の乗り換え(切り替え)のメリットは?

加入している保険会社から別の保険会社に乗り換えるメリットの一つが「保険料の節約」です。自動車保険の保険料には保険会社の運営費用が含まれ、保険料の差となって現れることがあります。契約している保険プランによっては、乗り換えをすることで月々の負担を減らせるケースも少なくありません

たとえ数千円程度の違いであっても、加入期間が長くなればトータルの出費は大きくなります。少しでも負担を減らしたいと考えるのであれば積極的に現在契約している保険プランを見直すことが大切です。

自動車保険の乗り換え(切り替え)にはどんな手続きが必要?

別の保険会社に乗り換えて新たに契約を結ぶ場合、面倒な手続きや交渉が必要になるのではないかと不安に感じるかもしれません。しかし自動車保険の乗り換えや切り替えの手続きは簡単に行うことができます。

最初に乗り換え先の保険会社に問い合わせます。電話やインターネットなどで加入したい旨を伝えて契約を結びます。無事に契約が済んだら、それまで加入していた保険会社で解約の手続きをすれば完了です。契約内容によっては解約時に書類などの提出が必要になるケースもあるので、その場合は決められた期日までに提出しなければなりません。

自動車保険の乗り換え(切り替え)のタイミングはいつがベスト?

自動車保険の乗り換えや切り替えに決められたタイミングはなく、契約者の判断で行うことができます。しかし、少しでもお得に乗り換えをしたいという場合には、それまで加入していた保険の満期日が最適です。

自動車保険には保険料に影響が出る「等級」とよばれる制度があります。この等級は、契約日から満期日までの1年間を無事故無違反で過ごした場合に1等級上がる仕組みになっており、乗り換え時にも引き継ぐことが可能です。そのため等級をワンランク上げた状態で乗り換えることができます

自動車保険の乗り換え(切り替え)にデメリットはある?

新たな保険会社への乗り換えや切り替えには数多くのメリットがありますが、気を付けなければならない点もあります。その一つが、前述した手続きをするタイミングについてです。自動車保険の等級は、契約開始から1年以内の利用状況で判断されます。そのため満期日を迎える前に乗り換えをしてしまうと、それまでの実績が無駄になってしまう場合があるので注意が必要です

そのほか、中途半端な時期に手続きを行ってしまうと、解約時に戻ってくる返戻金の額が少なくなってしまうこともあります。手続きをするときはこのデメリットを考慮してタイミングを見極めることが大切です。

自動車保険の乗り換え(切り替え)前には一括見積もりがおすすめ!

ダイレクト型自動車保険だけでも数多くの保険会社から選ぶことができます。たくさんの選択肢が用意されているのは利用者にとってメリットですが、数が多過ぎて比較検討に時間がかかるデメリットもあります。こうした問題を解決してくれるのが「一括見積もり」です。

一括見積もりは、自動車保険の「一括見積りサイト」や「比較サイト」を利用して、簡単な情報を一度入力するだけで、複数の保険会社から見積もりを取ることができるサービスです。少しでも時間や手間を減らして乗り換えや切り替えをしたいという人は、一括見積もりの利用が最適です。

自動車保険の乗り換えは費用の負担の軽減を始め多くのメリットがあります。自分に最適なプランをお得に利用するためにも、前向きに検討することが大切です。同じサービス内容でも会社によって補償が異なるため、特徴をしっかりと把握して考慮しなければなりません。一社ずつ見積もりを依頼する時間がとれない場合は、一括見積もりを検討してみましょう。

 


【監修】藤 孝憲 | とう たかのり

日本FP協会所属のファイナンシャルプランナー。企業に属さない中立公正なファイナンシャルプランナーとして、2006年に独立。保険商品や住宅ローンなどの金融商品の選び方を中心に情報発信しています。保険分野については、約30社の生損保商品を販売していた元保険募集人としての経験や情報を生かした執筆をしております。保険商品は難しいかもしれませんが、複数の商品を比較して初めてそれぞれの商品の特徴が浮かび上がります。記事を通して、商品選びの参考になれば幸いです。

【保有資格】
CFP®、宅建士(未登録)、住宅ローンアドバイザー、証券外務員二種、エクセルVBAエキスパート

【監修】藤 孝憲 | とう たかのり
一覧に戻る

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大8社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査