自動車保険の名義変更に必要な手続きとは?等級引継ぎについても詳しく解説

自動車保険

自分名義の自動車を配偶者や子どもなどに譲るとき、車検証の「名義変更」を行えば所有者を変えることができます。合わせて、自動車保険の「名義変更」をおこなうことも忘れてはいけません。手続きを忘れると万が一事故を起こした際に保障が受けられなくなります。手続きを済ませておけば、保障はもちろん等級を引継ぐことができる可能性があります。ここでは、名義変更の手続きや等級の引継ぎについて、詳しく解説します。

Chapter
自動車保険の名義変更とは?
名義変更が必要なのはどんなとき?
名義変更に必要な手続きとは?
名義変更の際に等級は引き継げる?
名義変更をする際の注意点

自動車保険の名義変更とは?

そもそも自動車保険を契約するときは、「契約者」・「記名被保険者」・「所有者」の3つの名義を登録する必要があります。契約者は、自動車保険の契約を申し込んだり、保険料の支払いをする人のことです。記名被保険者は、自動車保険を契約した車に主に乗る人のことです。所有者は、車の持ち主のことで、車検証に記載され自動車保険の対象になる人のことを指します。この3つの名義のうち、記名被保険者と所有者は保険会社から告知を求められるので、正しい内容を申告しましょう。また、自動車保険の契約期間内であれば名義変更をすることができるので、名義を変えたい場合は速やかに連絡しましょう。

名義変更が必要なのはどんなとき?

自動車保険の契約期間中に、名義変更をしなければならないことがあります。例として挙げられるのが、契約者が変更になる場合です。例えば、同居していた子どもが独立し自分で保険料の支払いをするようになった場合などです。また、車を主に運転する人は夫だったけれど、電車通勤を始めたので妻が運転するようになった場合も名義変更の必要があります。契約者や記名被保険者が亡くなった場合も、もちろん名義変更をしなければいけません。さらに、妻や子どもなどに自動車保険の対象となる車を譲った場合も名義変更が必要になります。

名義変更に必要な手続きとは?

自動車保険の名義変更手続きをする際は、必ず契約している保険会社に連絡をします。その際に必要となる書類は保険会社によって異なります。一般的に、契約者の変更は、各保険会社で用意されている「契約者変更届出書」に必要事項を記入し、印鑑を押して提出します。記名被保険者の変更は、これまでの等級を条件を満たせばそのまま使うことができるので、変更する人の「同居確認書類」が必要になります。

所有者の変更は、書類の提出が必要ないところが多いです。その場合、電話のみで手続きをすることができます。ただ、うっかり忘れてしまうと、事故の際に保障されないケースがあるので注意が必要です。こちらで紹介した方法はあくまで一般的な方法なので、名義変更をする際には自身が契約している保険会社でどのような手順が必要になるのか、必ず確認するようにしましょう。

名義変更の際に等級は引き継げる?

基本的に、同居している親族間であれば、自動車保険の名義変更をしてもそれまでの等級を引き継ぐことができます。ただ、例外として夫婦間は同じ家に住んでいなくても、等級を引き継ぐことが認められています。例えば、長い間夫が単身赴任をしていたりや入院などをしていて、妻が夫の車を運転している場合、夫の等級をそのまま使えます。注意するべきケースとして、同居していた子どもが就職や結婚などで家を離れる場合です。引越をして住所が別になると、等級の引き継ぎをすることができません。

名義変更をする際の注意点

自動車保険の等級をそのまま引き継ぐためには、上述したように記名被保険者の名義変更の際に「記名被保険者の配偶者であること」、「記名被保険者またはその配偶者の同居の親族であること」が条件になります。仮に、子どもが結婚や就職などで家を離れて独立する場合は、一緒に生活をしている期間内に自動車保険の名義変更をすることが大切です。

新生活の準備などに追われて後回しにしていると、うっかり忘れてしまうこともあります。同居している間に名義変更できなかった場合、6等級からのスタートになため保険料はかなり高額になってしまうので注意しましょう。

自動車保険の名義は、契約者・記名被保険者・所有者の3つがあり、名義変更をする際は契約している保険会社に連絡する必要があります。これまでの等級を引き継げるのは同居している親族で、夫婦間は例外的に別居していても可能です。ただ、子どもの場合、住所が別になると等級を引き継げなくなるので、引越などの際は早めに手続きをすることが大切です。

一覧に戻る

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大7社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査