自動車保険の使用目的を変更するには?業務使用・通勤・レジャー使用の違い

自動車保険

自動車保険の料率に影響するリスク項目のひとつに使用目的があります。使用目的は、「レジャー使用」・「通勤使用」・「業務使用」の3つに分けられますが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。また、変更する際はどのような手続きをとれば良いのでしょうか。今回は、自動車保険の使用目的の違いと変更方法などを中心に解説します。自動車保険への加入を検討している方や、現在加入中の保険の使用目的について悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

Chapter
自動車保険の使用目的とは?
レジャー・通勤・業務使用の違いってなに?
レジャー・通勤・業務使用の保険料には差がでるの?
自動車保険の使用目的を変更するには?
使用目的が変わった際は、速やかに使用目的変更の申請をしましょう

自動車保険の使用目的とは?

自動車保険において使用目的とはリスク項目の中の1つを言います。リスク項目は被保険者が自動車を使用する上でのリスクを測る重要な要素です。使用目的のほかには、年齢・居住地域・運転歴・免許証の色・年間走行距離などがあります。各項目の内容によって、当該被保険者の使用状況に関して交通事故のリスクが高いか低いかを判断していきます。使用目的に関しては、「レジャー」・「通勤」・「業務使用」の3つが用意されており、最も実態に適した用途を選択することになっています。

レジャー・通勤・業務使用の違いってなに?

被保険者が車を使う目的はさまざまです。レジャー・通勤・業務使用はそれぞれ何が違うのか、各目的をみてみましょう。

レジャーは、どこかへ遊びに行ったり買い物に出掛けたり、主にレジャーや日常生活のために運転するときの使用目的です。通勤は、主に通勤・通学時に運転する場合に当てはまるもので、週5日以上あるいは月15日以上など使用頻度が要件がです。業務使用は主に仕事上で運転する場合の使用目的です。これも通勤・通学時と同様の使用頻度が設定されています。

レジャー・通勤・業務使用の保険料には差がでるの?

レジャー・通勤・業務使用はそれぞれ用途が異なることがわかりましたが、使用目的によって保険料に差が出るのか気になる方もいるでしょう。結論から言えば差は出ます

使用目的は、運転をする機会の多さや走行距離などの総合判断から事故に合うリスクを想定し保険料を決めています。業務使用での使用が最も保険料が高くなる傾向にあり次いで通勤、通学使用になります。レジャー使用が使用目的の中では最も保険料が安くなります。使用目的は、高リスクであるほど事故に遭う可能性も高まり、自動車保険を使用する可能性も高くなるので、保険料が高くなる仕組みです。

自動車保険の使用目的を変更するには?

自動車保険に加入した後、契約期間の途中で自動車の使用目的が変わるということがあります。自動車保険の使用目的は契約期間中でも変更が可能です。変更が生じた時点で、保険会社に速やかに連絡し変更方法を確認しましょう。インターネットからの手続きで簡単に変更できる場合もあります。なお、使用目的の変更に伴い、支払い済みの保険料が返還されたり、あるいは追加で保険料を払い込む必要が生じたりするケースもあります。その場合、口座番号がわかるものやクレジットカードなど、必要な情報や書類を用意する必要があるので留意してください。

使用目的が変わった際は、速やかに使用目的変更の申請をしましょう

使用目的が変わった後も、変更しないまま車を使用し続けること損をする可能背があります。例えば、高リスクな使用目的から低リスクな使用目的に変わったのに変更をしない場合、高い保険料をそのまま払い続けることになります。また、もし実際に交通事故に遭い、自動車保険を使用する際は契約上の使用目的と使用実態が合致しなければ、補償を受けられなくなる可能性もあります。このような不利益を被らないよう、使用目的が変わったら速やかに変更の申請をしましょう。

自動車保険に加入する際は、リスク項目における各使用目的をしっかり理解すること、そして変更が生じたら速やかに手続きを行うことが大切です。なお、業務使用や通勤、通学使用でも安い保険会社を探したい方、日常、レジャー使用でもっと保険料を安くしたい方は一括見積もりを利用して保険料を比較してみると良いでしょう。

一覧に戻る

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大7社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査