エコな時代へ!電気自動車特集

エコな時代へ!電気自動車特集

エコな時代へ!近年、地球の将来を見据えて、各自動車メーカーはこぞってエコな車「電気自動車」を開発・市販化しています。近い将来、街中が電気自動車で溢れかえるかもしれませんね。

2017年10月19日、フォルクスワーゲングループジャパンは、エンジン未搭載、モーターのみを動力源とする新型EV「e-Golf」を発表し、同日より受注を開始しました。日本製EVの日産 リーフと比較してみましょう!

三菱 i-MiEVに始まり、日産 リーフにテスラ、BMW i3、さらにはノート e-POWERなどの発売もあって、徐々に勢力を広げている電気自動車。しかし、実際に所有するとなると、電欠の際に使える充電スポットの数や場所といったインフラが気になる方も多いはず。今回は、自動車用の充電スポットについて調べてみました。

近年、じわじわと普及してきた電気自動車。年々、航続距離も延び、次世代カーとして現実的なものになってきましたね。EVの開発は、ガソリン車に代わる新しい技術であることは間違いありません。しかし、この電気自動車、なんと1800年代前半から開発されていたことをご存知ですか?

近年、性能も向上し、なおかつ価格も現実的になってきた電気自動車=EV。その最大のメリットは環境性能ですが、これは燃費がいいというような概念ではなく、温室効果ガスをクルマ自体がほぼ発生させないという点にあります。今後、そんなメリットを享受できる状況が、どうやら加速しつつあるようなのです。

クルマを新車で買う際にチェックしておきたいのが「エコカー減税」。補助金が出たり、国策として環境に優しいクルマへの乗り換えを薦めているこの制度は、自動車重量税、自動車取得税が減免になるメリットがあります。EV、HVはもれなくこの恩恵を受けるわけですが、ガソリンエンジン車でもこの減税の恩恵を受けられるモデルもありますので、チェックしてみましょう。※2017年6月時点の情報となります。------------------------------------------------------------------------いつもCarMeをご覧いただき誠にありがとうございます。一部記事の内容に誤りがありました。読者の皆様ならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。(2017年6月27日)

2000年代に入り環境問題が大きく取り沙汰されるようになったことは、記憶に新しいところです。それを受けた各社はソリューションに注力し、その回答としてさまざまなメーカーから、電気自動車が市販されるようになりました。さて、今回は注目すべき電気自動車を挙げてみましょう。

近年、各メーカーはこぞって電気自動車に力を入れています。インフラがさらに充実すれば、電気自動車がメジャーになるのも時間の問題かもしれませんね。今回は、日本、アメリカ、ドイツ、各国のメーカーが作るPHVとEVを比較してみたいと思います。

2017年、各メーカーは高性能かつ廉価な電気自動車・EVモデルを発表しようとしています。いわば、真のEV元年ともいえそうな勢いなのです。電気自動車のメリットは、燃料代が安い電気代におきかえられることや環境性能に優れていることですが、購入の際の優遇措置も手厚くなっているのです。

2003年に設立されたテスラモーターズは、シリコンバレーに本社を置く電気自動車専門メーカーです。圧倒的な速さと高い安全性で、何もかも革新的な車です。テスラは、現在セダンタイプのモデルSとSUVモデルのモデルXを生産販売中で、もうすぐ日本円で400万円以下となるであろうモデル3の発売を控えています。

先日、栃木・茨城両県の鬼怒川周辺では大規模な水害がありました。現在も復旧作業などが急がれていますが、また台風が近づいているとの話も。もうすぐ10月ですが、台風はまだまだ発生する時期。現地の方々の避難生活も長引けば長引くほど体調に影響が出ます。一日も早い復旧を願うばかりです。さて、今回は高電圧の部分も備えるハイブリッドやEV車と感電対策についてみていきます。