エコな時代へ!電気自動車特集

エコな時代へ!電気自動車特集

エコな時代へ!近年、地球の将来を見据えて、各自動車メーカーはこぞってエコな車「電気自動車」を開発・市販化しています。近い将来、街中が電気自動車で溢れかえるかもしれませんね。

2000年代に入り環境問題が大きく取り沙汰されるようになったことは、記憶に新しいところです。それを受けた各社はソリューションに注力し、その回答としてさまざまなメーカーから、電気自動車が市販されるようになりました。さて、今回は注目すべき電気自動車を挙げてみましょう。

近年、各メーカーはこぞって電気自動車に力を入れています。インフラがさらに充実すれば、電気自動車がメジャーになるのも時間の問題かもしれませんね。今回は、日本、アメリカ、ドイツ、各国のメーカーが作るPHVとEVを比較してみたいと思います。

2017年、各メーカーは高性能かつ廉価な電気自動車・EVモデルを発表しようとしています。いわば、真のEV元年ともいえそうな勢いなのです。電気自動車のメリットは、燃料代が安い電気代におきかえられることや環境性能に優れていることですが、購入の際の優遇措置も手厚くなっているのです。

2003年に設立されたテスラモーターズは、シリコンバレーに本社を置く電気自動車専門メーカーです。圧倒的な速さと高い安全性で、何もかも革新的な車です。テスラは、現在セダンタイプのモデルSとSUVモデルのモデルXを生産販売中で、もうすぐ日本円で400万円以下となるであろうモデル3の発売を控えています。

先日、栃木・茨城両県の鬼怒川周辺では大規模な水害がありました。現在も復旧作業などが急がれていますが、また台風が近づいているとの話も。もうすぐ10月ですが、台風はまだまだ発生する時期。現地の方々の避難生活も長引けば長引くほど体調に影響が出ます。一日も早い復旧を願うばかりです。さて、今回は高電圧の部分も備えるハイブリッドやEV車と感電対策についてみていきます。