EVは2021年1月に導入!マツダの電動化を切り開く新型SUV、MX-30発売

マツダ MX-30

2020年10月8日、マツダは新型SUVの「MX-30」を発売しました。2019年の東京モーターショーで発表され、日本市場への投入が待ち望まれていたこのモデル。ついに登場したマツダのEV化対応の切り札は、どのような先進性を備えているのでしょうか?

文・西川 昇吾

Chapter
まずはマイルドハイブリッドで日本市場に登場
自然由来の素材を使用した落ち着ける室内空間
RX-8以来の観音開きドアを採用したエクステリア
気になる燃費と価格は?
EVモデルの詳細は?

まずはマイルドハイブリッドで日本市場に登場

2019年の東京モーターショーで発表されたMX-30、当初は欧州市場をメインターゲットとした「ピュアEV」として発表され、内燃機関にこだわっていたマツダも遂にEVシフトか?と話題になりました。

しかし、今回日本市場への投入が明かされたのは直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」と、マイルドハイブリッドシステム「M HYBRID」を組み合わせた「e-SKYACTIV G」です。

また、マツダ初の女性主査である竹内都美子氏が主査を務めたこのモデルは「自然体」を重視して開発され、男女問わず多くのドライバーに親しみやすいモデルとなっています。

自然由来の素材を使用した落ち着ける室内空間

開発テーマである自然体が最もわかりやすく現れているのがインテリアです。先進的な装備を備えつつも、水平基調で現代のモデルとしてはシンプルな印象のインパネ周りは、長年使用しても飽きが来ず、使い勝手に優れていそうという期待感が持てます。

そして MX-30のインテリアの最大の特徴は使用素材です。自然由来のコルクや環境に配慮した素材を中心に採用しており、優しくて自然と心がホッとするような室内空間となっていそうです。

シンプルなデザインで、馴染みやすい自然由来の素材を採用しているポイントが、誰にも馴染みやすい自然体なインテリアである印象を持てます。

<次のページに続く>
次ページ
RX-8以来の観音開きドアを採用したエクステリア

西川 昇吾|にしかわ しょうご

1997年生まれ。富士スピードウェイ近隣で生まれ育ち、大学で自動車に関する学習をする傍ら、自動車ライターとしての活動を始める。過去にはコミュニティFMのモータースポーツコーナーにてレギュラー出演経験あり。「書くこと、喋ることで自動車やモータースポーツの面白さを伝える」を目標とし、様々なジャンルのライティングや企画に挑戦中。

西川 昇吾