7月に発売!2.0 Lのエンジンに2モーターを採用したホンダ 新型シビック e:HEVをホームページで先行公開

ホンダ シビック e:HEV

Hondaは昨年の発売以降、スポーティーな走りで好評なシビックに、新開発となる2.0L直噴エンジンと進化したハイブリッドユニットを組み合わせたe:HEVモデル、新型「CIVIC e:HEV」を追加し、2022年7月に発売します。

Chapter
開発のコンセプトは「爽快スポーツe:HEV」
新型シビック e:HEVのポテンシャル
ドライバーの感覚にマッチした加速感

開発のコンセプトは「爽快スポーツe:HEV」

クイックな発進、瞬時に生み出される圧巻の加速、なめらかな操作フィール。

Hondaの次世代2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」搭載。

電気の走りでスポーツ性能を解き放ったCIVIC。

日常の走りで、グランドツーリングで。

全身で体感して欲しい。どこまでも爽快な走りの歓びを。

新型シビック e:HEVのポテンシャル

新開発2.0L 直噴エンジン
街中などでの走行時は、発電用モーターの原動力として。高速クルーズ時には、車輪と直結しエンジン走行を担って。世界トップレベルとなる約41%の最大熱効率で燃費向上に寄与するエンジン。直噴化によりトルク/燃費性能を向上させながら、遮音材などの最適配置で静粛性も高めました。

2モーターシステム
コンパクトに高出力パワーを生み出す、発電用モーターと走行用モーターの2モーターシステム。新型ダンパーの採用により防振/防音性能を高めました。

PCU(パワーコントロールユニット)
電力をコントロールし、2つのモーターを最適に制御。軽量かつ高出力化に対応し、高い走行性能の実現に寄与します。

IPU(インテリジェントパワーユニット)
CIVICならではの空間効率の高さを最大限活かせるよう、小型化を徹底したバッテリーシステム。

ドライバーの感覚にマッチした加速感

アクセルを踏んだ瞬間、背中をグッと押されるようなレスポンスのよい加速を実現。さらに、走行状況に応じてエンジン回転数やモータートルクなどを高精度に制御します。

ダイレクトアクセル
アクセルを踏んだ瞬間、加速Gが大きく立ちあがり、リニアかつレスポンスのよい加速を提供。

リニアシフトコントロール
エンジン回転数を段階的に制御することで、リズミカルなエンジン回転数変化とエンジン音を実現。

アクティブサウンドコントロール
SPORTモード選択時には、エンジン回転とシンクロした音をプラスすることでリニアで軽快な加速感をさらに高めます。

e:HEV専用10.2インチ デジタルグラフィックメーター
加速時はタコメーターのようにエンジンの回転数と連動した動きを、減速時はバッテリーへの回生状況をわかりやすく表現する専用パワーメーターを採用。

ドライブモードスイッチ
モード毎に異なる加速感を楽しめるドライブモードスイッチ。e:HEVでは「NORMALモード」「SPORTモード」「ECONモード」に加え、パワーやステアリングフィールなどを個別に設定できる「INDIVIDUALモード」を採用しています。

主要装備

●Honda SENSING
●LEDフォグライト
●LEDアクティブコーナリングライト
●アジャイルハンドリングアシスト
●ドライブモードスイッチ(NORMALモード、SPORTモード、ECONモード、INDIVIDUALモード)
●Honda CONNECTディスプレー+ETC2.0車載器〈ナビゲーション連動〉
●先読みエコアシスト
●運転席8ウェイパワーシート(スライド/リクライニング/ハイト前・後)+助手席4ウェイパワーシート(スライド/リクライニング)
●e:HEV専用10.2インチ デジタルグラフィックメーター
●BOSEプレミアムサウンドシステム(12スピーカー)
●アクティブノイズコントロール
●アクティブサウンドコントロール
●ワイヤレス充電器
●コンビシート(プライムスムース×ウルトラスエード®)
●エレクトリックギアセレクター
●e:HEV専用ハニカムパターン・フロントアッパーグリル(グロスブラック)
●e:HEV専用電動格納式リモコンドアミラー(ブラック塗装)
●e:HEV専用ドアモールディング(グロスブラック)

など

今年50周年を迎えるシビックシリーズは、いつの時代も一歩先のニーズを捉え、人々に驚きを届けるモデルとして、常に進化をし続けています。

新型シビックe:HEVに関する情報は、ホームページ内の以下特設サイトにて順次公開の予定です!

URL|https://www.honda.co.jp/CIVIC/new/

商品詳細