クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By

カスカミ 新着記事一覧

ちょいカスタムを最大限楽しむ新鋭アルミホイールブランドAZANEが登場

ちょいカスタムを最大限楽しむ新鋭アルミホイールブランドAZANEが登場

がっつりカスタム!イケイケなドレスアップ!が全てではありません。カスタムファンであっても、ほどほどのところでも納得できるものを欲してるケースも多々あります。そんなユーザー...

更新日:2018/12/13    
新型ジムニーのもたつく走り出しを一発解決!レスポンスブースターフルオートとは?

新型ジムニーのもたつく走り出しを一発解決!レスポンスブースターフルオートとは?

ようやく納車も始まって街中でも見かけることが増えてきた新型ジムニー。読者の中にもすでに納車されてドライブを楽しんでおられる方もいるかもしれません。実際に乗ってみると、最初...

更新日:2018/12/03    
TEINから新車高調MONO RACINGデビュー!シビックTYPE R 、86でテスト

TEINから新車高調MONO RACINGデビュー!シビックTYPE R 、86...

TEINの2019年発売のニューモデル、MONO RACING(モノレーシング)が発表されました。これまでTEINのスポーツ系車高調は、モノスポーツ(MS)とスーパーレー...

更新日:2018/12/03    
冬支度に朗報!タイヤチェーンの用意なら「バイアスロン セルフィット」がオススメ!車を移動するだけで自動装着のスグレモノ

冬支度に朗報!タイヤチェーンの用意なら「バイアスロン セルフィット」がオススメ!...

株式会社カーメイト(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:村田隆昭)は、タイヤチェーンブランド『BIATHLON(バイアスロン)』から、新型の 『 バイアスロン セル...

更新日:2018/11/20    
シエクルのミニコンα&レスポンスジェットを新型ジムニーで試す!

シエクルのミニコンα&レスポンスジェットを新型ジムニーで試す!

今年の7月に発売されてから大人気となり、一時は1年以上の納車待ちとも言われた新型ジムニー。先代モデルと比べると、オフロード性能はキープしつつもより乗用車的な乗り味となり「...

更新日:2018/11/16    
冬場のスタッドレスタイヤ交換でBBS鍛造ホイールはいかが?氷上でBBS鍛造ホイールを装着して走行テスト

冬場のスタッドレスタイヤ交換でBBS鍛造ホイールはいかが?氷上でBBS鍛造ホイー...

日を追うごとに気温が下がってきて、そろそろスタッドレスタイヤを装着しようか?そう考えている人もいるでしょう。しかし、お気に入りのホイールを履き替えることを寂しく思う人もい...

更新日:2018/11/13    
オールシーズンタイヤ N blue 4seasonで雪深い群馬水上に帰省してみた 

オールシーズンタイヤ N blue 4seasonで雪深い群馬水上に帰省してみた...

ここ最近、話題を集めつつあるオールシーズンタイヤ。その名の通り、春夏秋冬一年を通してどんなシーズンでも使用できるタイヤということで、冬になったらスタッドレス、春が来たらサ...

更新日:2018/11/07    
ストリート用の車高調をレーシングドライバー藤波清斗がインプレッション。TEIN FLEX Aはプリウスの走りを変えるか?

ストリート用の車高調をレーシングドライバー藤波清斗がインプレッション。TEIN ...

クルマの走りを良くしてクルマを操ることをもっと楽しめれば、マイカーライフももっと充実するはず。その第一歩となるのがスポーツサスペンションへの交換です。車高が調整できるスト...

更新日:2018/10/26    
BBSジャパンの「飽くなきこだわり」にBBSホイールの高い品質の理由を見た!

BBSジャパンの「飽くなきこだわり」にBBSホイールの高い品質の理由を見た!

世界に冠たる高品質ホイール「BBS」の鍛造ホイールはBBSジャパンから1本1本、丹念に丁寧に生み出されています。CarMe編集部は数回にわたってその生まれ故郷・富山県高岡...

更新日:2018/10/22    
最新SUV CX-8カスタム シンプル且つラグジュアリー感漂うホイール トピードルフレン・ビゲープがスパイスに?

最新SUV CX-8カスタム シンプル且つラグジュアリー感漂うホイール トピード...

2017年9月のリリースから一年たち、そろそろカスタム欲が湧いてきたマツダCX-8。なんだかんだ言っても3列シートだし、ファミリーユースであることは否めない。そこで、家族...

更新日:2018/10/23    
新製品を作ることよりも車種適合の拡大にポリシーをもつブレーキパーツメーカーDIXCELとは?

新製品を作ることよりも車種適合の拡大にポリシーをもつブレーキパーツメーカーDIX...

毎年たくさんの新型車がリリースされ、市場に投下される自動車マーケット。その動向を追いながら新製品開発に勤しむのがアフターパーツメーカーであります。新車種に対し、新製品を...

更新日:2018/10/10    
トール系・スーパーハイト系ワゴンの軽自動車はブレーキダストが難点?原因と解決方法とは?

トール系・スーパーハイト系ワゴンの軽自動車はブレーキダストが難点?原因と解決方法...

最近の軽自動車は、トール系・スーパーハイト系ワゴンが主流。しかし、その重量と引き換えに、ブレーキダストが多いことはご存知でしたか?もはや輸入車だけでないブレーキダスト問題...

更新日:2018/10/10    
BBS製のNISMO OEMモデルが遂に登場か?ニュルとGTで鍛え上げられた高性能鍛造ホイールとは?

BBS製のNISMO OEMモデルが遂に登場か?ニュルとGTで鍛え上げられた高性...

スーパーGT、GT500クラス、NISMOチームではマシンが履くホイールにBBSを採用しています。そのGT500が履くBBS鍛造ホイールを、ロードカーが装着できるようにし...

更新日:2018/09/28    
レーシングドライバー藤波清斗がBBS鍛造ホイール RI-Aをプリウスに装着 エコカーでも感じれる性能とは??

レーシングドライバー藤波清斗がBBS鍛造ホイール RI-Aをプリウスに装着 エコ...

私たちCarMe編集部では、BBS鍛造ホイールの性能を追求すべく、様々な企画に挑戦してきました。新たな糸口を探していたところに、レーシングドライバーの藤波清斗氏が自車にB...

更新日:2018/09/12    
日本では正規輸入されていないダッジ・チャレンジャーはどうやって買える?専門ショップLUXZの取り組みとは?

日本では正規輸入されていないダッジ・チャレンジャーはどうやって買える?専門ショッ...

日本では正規輸入元がないダッジブランド(2018年現在)。国内でダッジに乗るには専門ショップに頼るしかありません。そこでCarMe編集部ではダッジ・チャレンジャーの専門店...

更新日:2018/09/07    
7万円のオンボロ軽自動車にZERO-1000 パワーチャンバーをワンオフ制作!適合外でも装着できる?吸気音の変化はいかに??

7万円のオンボロ軽自動車にZERO-1000 パワーチャンバーをワンオフ制作!適...

家族持ちでクルマイジリから遠ざかっているファミリーカー乗りから、今絶大な支持を集めているスポーツエアクリーナー、パワーチャンバーをご存知でしょうか?マフラー交換と違い、ア...

更新日:2018/09/18    
旧車のパーツ供給がなくなっている今、ブレーキはどうする?旧車ブレーキの駆け込み寺とは?

旧車のパーツ供給がなくなっている今、ブレーキはどうする?旧車ブレーキの駆け込み寺...

年式の古いクラシックモデルに乗っている人共通の悩み、それはパーツの供給状況ではないでしょうか?内外装のパーツなどはネットオークションなどで程度の良い中古パーツなどを探すこ...

更新日:2018/08/30    
HKSが世界最速のチューニングカーを決めるWTAC2018に参戦決定

HKSが世界最速のチューニングカーを決めるWTAC2018に参戦決定

2018年8月16日、株式会社エッチ・ケー・エス(本社:静岡県富士宮市、社長:水口大輔)(以下、HKS)は2018年10月12日-13日にオーストラリアシドニーで行わ...

更新日:2018/08/22    
BMW M3専用設計の最軽量鍛造アルミホイールはもちろんBBSジャパン製。BBS FI-Rとは?

BMW M3専用設計の最軽量鍛造アルミホイールはもちろんBBSジャパン製。BBS...

BBSホイールを選択する理由はさまざまあるでしょう。そのブランドに裏打ちされた信頼性やプレミアム性はもちろんのこと、モータースポーツの世界で鍛え上げられた性能を理由に挙げ...

更新日:2018/08/07    
今時のアウトドアはグランピング&高級車。3人の男たちのこだわりはホイールから

今時のアウトドアはグランピング&高級車。3人の男たちのこだわりはホイールから

デキる男たちは週末の過ごし方が違う。ホームセンターのキャンプ用品を尻目に、今話題のグランピング。もちろん、ミニバンフル乗車なんて・・・。3人の男たちのグランピング×高級車...

更新日:2018/08/03    
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives