まとめ一覧

装備あり?なし?悩むサンルーフのメリットとデメリット

装備あり?なし?悩むサンルーフのメリットとデメリット

オープンとまではいかないものの、ある程度はオープンエアを楽しめるサンルーフ。海外(とくに北米の高級車)では、ほとんどのクルマに標準で装備されていますが、国産車はオプション...

更新日:2018/04/24    
ドライブデートにピッタリ!! サンルーフが大きいおすすめ車種5選

ドライブデートにピッタリ!! サンルーフが大きいおすすめ車種5選

彼女、彼氏とドライブデートする際に盛り上がるアイテムの一つ、サンルーフ。サンルーフと一口に言っても様々で、お馴染みの電動サンルーフや後端だけ持ち上がるタイプ、そして樹脂製...

更新日:2017/07/11    
セルフガソリンスタンドだけにある「4分ルール」とは?

セルフガソリンスタンドだけにある「4分ルール」とは?

消防法の規制緩和により、1998年に我が国でも営業が可能になったセルフ式のガソリンスタンド。当初、伸び悩んでいた印象もありますが、いまでは、かなりの人がセルフ式ガソリンス...

更新日:2018/03/07    
トヨタのTNGA導入による効果とは

トヨタのTNGA導入による効果とは

トヨタの新型車発表のときによく目にする「TNGA」という文字。2015年末、4代目プリウスに初めて導入されたものですが、これはいったいなんのことで、導入によってどんな効果...

更新日:2018/04/24    
なぜレーシングカーのワイパーは1本なのか?

なぜレーシングカーのワイパーは1本なのか?

車のワイパーは、通常2本装備されていますよね。ところがレーシングカーを見ると、多くが1本だけの装備となっています。これには理由があるのでしょうか?

更新日:2018/01/05    
セルフスタンドで給油中、満タンじゃないのにピタっと止まる。なぜ?

セルフスタンドで給油中、満タンじゃないのにピタっと止まる。なぜ?

いまやガソリンスタンドの主流ともいえるセルフ式スタンド。ご自身で給油ノズルを握った経験のある方も多いはず。ところで、給油ノズルのハンドルをギュッと握って給油していると、満...

更新日:2017/10/18    
セダンにリアワイパーが少ない理由とは?

セダンにリアワイパーが少ない理由とは?

ハッチバックやステーションワゴン、ミニバンなどには付いているリアワイパーですが、セダンやクーペではあまり見たことがありませんよね。これには、どんな理由があるのでしょう?

更新日:2017/12/18    
セルフスタンドにある静電気除去パッド。触れずに給油は危険です!

セルフスタンドにある静電気除去パッド。触れずに給油は危険です!

セルフ式ガソリンスタンドで給油するとき、必ず耳にする「静電気除去パッドに触れてから給油を始めてください」というアナウンス。じつはこれ、あなたの命にかかわる大事なアナウンス...

更新日:2018/04/23    
【速報】スズキ、新型エルティガをIIMS2018で発表

【速報】スズキ、新型エルティガをIIMS2018で発表

2018年4月19日から29日までインドネシア・ジャカルタで開催中のIIMS2018(インドネシア・インターナショナル・モーターショー)で新型Ertiga(エルティガ)を...

更新日:2018/04/24    
ハンドルはまっすぐなのに!どうして左右に流れていっちゃうの?

ハンドルはまっすぐなのに!どうして左右に流れていっちゃうの?

ハンドルをまっすぐにしているのに、クルマが勝手に左右に流れていってしまう。こんな現象に遭遇したことはありませんか?わずかな片流れでも、気になり始めたらストレスが溜まってし...

更新日:2018/04/25    
ホワイトリボンタイヤを最近見かけない理由

ホワイトリボンタイヤを最近見かけない理由

タイヤの側面が白くなっている、または白いラインがぐるっと丸く入っているタイヤのことを「ホワイトウォールタイヤ」「ホワイトリボンタイヤ」と言います。クラシックカーなどでは現...

更新日:2018/04/17    
クルマに常備してあったら便利なもの10選

クルマに常備してあったら便利なもの10選

クルマにいつも積んでおきたい便利なものって、意外にたくさんありますよね。しかし、いざというときにならないと、なかなか気付かないことも事実。普段からクルマに常備しておいたほ...

更新日:2018/04/23    
進化していないようで進化している?ワイパーの歴史

進化していないようで進化している?ワイパーの歴史

ワイパーは自動車に欠かせないアイテムの一つです。手動式ワイパーが生まれたのは1900年代初頭ですでに100年以上の歴史があります。その後、電動ワイパー、間欠ワイパー、リア...

更新日:2018/04/25    
春は天窓を開けてドライブしたい!サンルーフの種類

春は天窓を開けてドライブしたい!サンルーフの種類

寒い季節が終わると絶好の行楽、そしてドライブ日和となるわけです。そこで活用したいのが「サンルーフ」。そんなサンルーフには様々な種類があります。

更新日:2018/03/07    
青を使ってないのに青く見える!? レクサスLCの塗装の秘密

青を使ってないのに青く見える!? レクサスLCの塗装の秘密

通常、自動車のボディカラーは、青色なら青、赤色なら赤の顔料を主原料にしています。ところが、レクサスLCの限定モデルに採用されたストラクチュアルブルーは、青色の顔料を使わず...

更新日:2018/04/20    
SUVとRVの違いとは?ランドクルーザーはどっちに分類される?

SUVとRVの違いとは?ランドクルーザーはどっちに分類される?

日本ではいわゆるアウトドアに向いてそうな見た目の大きな車を「SUV」や「RV」と呼びますよね。なんとなく使っているこの2つの名称ですが、SUVとRVにはどんな違いがあるの...

更新日:2017/07/10    
アクセル操作でスロコンON!シエクルのレスポンスブースターフルオートとは?

アクセル操作でスロコンON!シエクルのレスポンスブースターフルオートとは?

日常的にクルマに乗っていると、急勾配の坂道や、高速道路での合流など、瞬発力が必要なシーンで「もう少しレスポンスよく加速してくれたらなあ」と思うこともありますよね?そうなる...

更新日:2018/04/20    
気になる車の足回りからの「ギシギシ」「ゴトゴト」という異音…その原因と対処法は?

気になる車の足回りからの「ギシギシ」「ゴトゴト」という異音…その原因と対処法は?

クルマに乗車中にどうも気になってしまうのが足回りから発せられる異音ですよね。ギシギシ、ゴトゴト…この得体の知れない奇怪な音、いったいどんな部分から発生しているのでしょうか...

更新日:2016/12/07    
エンジンルームからのキュルキュル音…その原因と対処法は?

エンジンルームからのキュルキュル音…その原因と対処法は?

快調だったはずの車のエンジンをかけると、「キュルキュルキュル」と異音がするようになる…故障かと慌てる人もいるかと思いますが、大抵はボンネットを開けて、音が鳴っているのを確...

更新日:2017/05/02    
ワイパーの寿命、気にしたことはありますか?交換サイクルは?

ワイパーの寿命、気にしたことはありますか?交換サイクルは?

ワイパーの構成部品のうち、拭き取りに関係するのはワイパーゴムとワイパーブレード。この2つは、意外にも消耗品で、定期的な交換を必要とします。点検や車検の明細書をよく見ると、...

更新日:2017/11/24    
パールホワイトの車が高く売れるって本当!? 買取店に聞いてみた

パールホワイトの車が高く売れるって本当!? 買取店に聞いてみた

グローバルに企業活動を行う塗料メーカーのアクサルタ社の報告によると、2017年に世界で人気の高かった外装色はホワイトで、全体の約4割を占めました。そのうちパールホワイトは...

更新日:2018/04/26    
エコで燃費に良いのに!アイドリングストップが好まれない理由

エコで燃費に良いのに!アイドリングストップが好まれない理由

燃費向上、環境に優しいという理由で、近年広く普及している「アイドリングストップ機能」。しかしこの機能を好まないというドライバーも多いようです。各メーカーが広く採用している...

更新日:2018/04/25    
オフロード車のタイヤの扁平率がとても高いのはなぜ?

オフロード車のタイヤの扁平率がとても高いのはなぜ?

昨今のクロスオーバーSUVは、オンロードユースを前提に設計されていることもあり、タイヤは低扁平のロード用タイヤを装着しているものがほとんどです。その一方で、FJクルーザー...

更新日:2018/04/25    
性能に満足できなければ、タイヤ代返還?クムホタイヤの前代未聞のタイヤ保証とは?

性能に満足できなければ、タイヤ代返還?クムホタイヤの前代未聞のタイヤ保証とは?

日本には大手タイヤメーカーが4社もあり、世界でも珍しいマーケットを形成しています。それだけに、国産タイヤへのシンパシーが非常に高い傾向があり、海外製においては、欧州製タイ...

更新日:2018/04/26    
日産グローバル本社ギャラリーに半日遊びに行ってみた。

日産グローバル本社ギャラリーに半日遊びに行ってみた。

神奈川県横浜市のみなとみらいにある、日産グローバル本社の1階にギャラリーがあります。歴代日産車の展示、新型車で一般道を走行することができる試乗体験、オリジナルグッズ販売や...

更新日:2018/04/25    
埋もれちゃいけない名車たち VOL.15 新時代を切り拓いた"ハイソカー"「トヨタ・初代ソアラ」

埋もれちゃいけない名車たち VOL.15 新時代を切り拓いた"ハイソカー"「トヨ...

とある英国人に「日本には貴族の文化がないから、本当の意味での高級車は作れないんじゃないか?」と言われたことがある。まぁ大きく外れてはいないと思うけど、でも日本には日本の風...

更新日:2018/04/25    
忘れられないこの1台 vol.54 トヨペット コロナRT40型

忘れられないこの1台 vol.54 トヨペット コロナRT40型

ボクが運転を覚えたのは三代目のトヨペット・コロナである。当時は珍しかったATで、2速のトヨグライド仕様だった。ウイークデイはほぼ毎朝、大きな駐車場の奥から出してくるのが日...

更新日:2018/04/25    
進化していないようで進化している?ワイパーの歴史

進化していないようで進化している?ワイパーの歴史

ワイパーは自動車に欠かせないアイテムの一つです。手動式ワイパーが生まれたのは1900年代初頭ですでに100年以上の歴史があります。その後、電動ワイパー、間欠ワイパー、リア...

更新日:2018/04/25    
装備あり?なし?悩むサンルーフのメリットとデメリット

装備あり?なし?悩むサンルーフのメリットとデメリット

オープンとまではいかないものの、ある程度はオープンエアを楽しめるサンルーフ。海外(とくに北米の高級車)では、ほとんどのクルマに標準で装備されていますが、国産車はオプション...

更新日:2018/04/24    
トヨタのTNGA導入による効果とは

トヨタのTNGA導入による効果とは

トヨタの新型車発表のときによく目にする「TNGA」という文字。2015年末、4代目プリウスに初めて導入されたものですが、これはいったいなんのことで、導入によってどんな効果...

更新日:2018/04/24    
バッテリー交換でトルクアップ?caosアイドリングストップ車用を一般モニターがインプレッション

バッテリー交換でトルクアップ?caosアイドリングストップ車用を一般モニターがイ...

アイドリングストップ車は充放電が頻繁にくり返されるためバッテリーが充電不足に陥りがちです。充分に充電されず電圧が低い状態では、アイドリングストップシステムが作動せず、せっ...

更新日:2018/04/24    
埋もれちゃいけない名車たち VOL.16 時代にかき消された持ち味「ジャガー XJ-S 」

埋もれちゃいけない名車たち VOL.16 時代にかき消された持ち味「ジャガー X...

ジャガーは創業の頃から高級スポーツカーを作り続け、今も最新のFタイプが世界的に高い評価を受けている。歴代のスポーツモデルは必ず何らかのレースに出場して勝利を飾ってきたし、...

更新日:2018/04/23    
高速道路での事故 そのときどうする?

高速道路での事故 そのときどうする?

市街地を50km/hで走っている時、クルマは1秒間に約14m進みます。高速道路を100km/hで走ると倍の約28m進むことになります。速さが2倍になると、ブレーキペダルを...

更新日:2018/04/23    
【速報】スズキ、新型エルティガをIIMS2018で発表

【速報】スズキ、新型エルティガをIIMS2018で発表

2018年4月19日から29日までインドネシア・ジャカルタで開催中のIIMS2018(インドネシア・インターナショナル・モーターショー)で新型Ertiga(エルティガ)を...

更新日:2018/04/24    
ハンドルはまっすぐなのに!どうして左右に流れていっちゃうの?

ハンドルはまっすぐなのに!どうして左右に流れていっちゃうの?

ハンドルをまっすぐにしているのに、クルマが勝手に左右に流れていってしまう。こんな現象に遭遇したことはありませんか?わずかな片流れでも、気になり始めたらストレスが溜まってし...

更新日:2018/04/25    
ロールス・ロイスが企てる史上最強SUV「カリナン」はどんな車になる?

ロールス・ロイスが企てる史上最強SUV「カリナン」はどんな車になる?

ロールス・ロイスはつい先頃、新型SUV「カリナン」のティザー画像を発表しました。同社初のSUVとなるカリナンは、はたしてどんな車になるのか、検証していきたいと思います。文...

更新日:2018/04/25    
【プロフェッサー武田の試乗記】懐古派ジャガー愛好家、良い意味で裏切られた4気筒ターボ「F-TYPE」

【プロフェッサー武田の試乗記】懐古派ジャガー愛好家、良い意味で裏切られた4気筒タ...

1922年に「スワロー・サイドカー」として創業して以来、あと数年で100周年を迎えようとしているジャガー。その長い歴史の中で創造された「最高傑作」と言えば、筆者を含む多く...

更新日:2018/04/24    
セルフスタンドにある静電気除去パッド。触れずに給油は危険です!

セルフスタンドにある静電気除去パッド。触れずに給油は危険です!

セルフ式ガソリンスタンドで給油するとき、必ず耳にする「静電気除去パッドに触れてから給油を始めてください」というアナウンス。じつはこれ、あなたの命にかかわる大事なアナウンス...

更新日:2018/04/23    
忘れられないこの1台 vol.55 ユーノス・ロードスター

忘れられないこの1台 vol.55 ユーノス・ロードスター

オープンカーなんて軟弱だと思っていた。だからユーノス・ロードスターなるオープンカーが出ても自分が乗るクルマではないと思い込んでいた。でも90年5月のよく晴れた日の午後、ひ...

更新日:2018/04/23    
新型フォレスター発表。注目すべきは、進化した中身

新型フォレスター発表。注目すべきは、進化した中身

スバルは、先のニューヨーク国際自動車ショーで、フルモデルチェンジした新型「フォレスター」を発表しました。第4世代の旧型フォレスターのデザインを踏襲しつつ、現行型「インプレ...

更新日:2018/04/23    
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives