【プロに聞いた】駐車監視にドライブレコーダー用バッテリーは必要?選び方やおすすめバッテリーも紹介

オリジナルアイキャッチ

※この記事には広告が含まれます

ドライブレコーダーの中には、駐車時の防犯に役立つ駐車監視機能を持つものがあります。

しかし、駐車中まで車のバッテリーで録画機能を作動させるのは、バッテリーの上がりが心配になってしまいますよね。

バッテリーの上がりを解消する方法として、内蔵されたバッテリーに併せて、ドライブレコーダー用バッテリーを使う方法があります。

そんなドライブレコーダー用バッテリーは下記のように選ぶのがおすすめです。
ドライブレコーダー用バッテリーの選び方
  • バッテリー容量は大きいほど長時間録画できるが、充電にかかる時間は長くなる
  • 最大出力が大きいバッテリーがおすすめ
  • 充電速度もかなり重要
会田 肇
会田 肇
自動車ジャーナリスト

短めの通勤などで使う程度なら小さめのバッテリーでもまかなえます。

そして、自動車ジャーナリスト、会田肇氏によると、特におすすめのドライブレコーダー用バッテリーは下記の2つです。
↓↓↓商品名をクリックすると詳細を閲覧できます↓↓↓
商品名 画像 最安値 特徴

YUPITERU

OP-MB4000

ユピテル ドライブレコーダー用マルチバッテリー OP-MB4000
会田 肇

会田 肇

約3時間の高速充電が可能な扱いやすさが魅力

セイワ(SEIWA)

F300

セイワ(SEIWA) バッテリーソケット F300 ドライブレコーダー 駐車監視電源 非常時バックアップ電源 DC...
会田 肇

会田 肇

電源供給を大半のドラレコに対応するシガーソケット採用

Chapter
ドライブレコーダー用バッテリーとは?
ドライブレコーダー用バッテリーが役立つ駐車監視機能とは?
ドライブレコーダーの駐車監視機能の種類と特徴3つ
駐車監視にはドライブレコーダー用バッテリーの使用がおすすめ
ドライブレコーダー用バッテリーの選び方5つ
自動車ジャーナリスト、会田肇氏が選ぶおすすめの駐車監視に使えるドライブレコーダー用バッテリー3選
駐車監視におすすめのドライブレコーダー用バッテリー5選
【毎日更新】Amazonおすすめのドライブレコーダー用バッテリーランキングTOP10
おすすめを参考にドライブレコーダー用バッテリーを選ぼう

ドライブレコーダー用バッテリーとは?

ドライブレコーダーによって、悪質ドライバーの運転が明らかになったり、盗難の一部始終が記録されていたりと、事故の記録だけでなく、防犯効果まで高まることを知り、ドライブレコーダーの搭載を考えている方も多いでしょう。

とはいえ、車のアクセサリー(ACC)から電源供給を受けるドライブレコーダーは、エンジンが止まっているときには基本的にその機能を停止しています。

ですから駐車監視機能を持つドライブレコーダーは、本体にバッテリーを内蔵しているか、外部(車両)のバッテリーから直接配線を引く必要があります。

ただし車のバッテリーから電源を取るやり方では、バッテリーあがりを避けるため、電圧が低下すると自動的に録画を中止します。

予期せず録画が止まることを避けるには、外付けバッテリーが一番。使い方に応じたバッテリーを選択して、駐車監視機能を活用しましょう。

ドライブレコーダーのバッテリータイプについて

ドライブレコーダーで使うバッテリーは、車のバッテリーを使うこともあれば、ドライブレコーダーに内蔵されているものもあります。また、外付けのモバイルバッテリーを取り付けることも可能です。

外付けバッテリーでは、バッテリー容量や入出力端子の形が異なるので、ドライブレコーダーに適したバッテリーを選択しなければなりません。ドライブレコーダーとバッテリーはセットで検討したほうがよいでしょう。
会田 肇
会田 肇
自動車ジャーナリスト

車のバッテリーを使うタイプなら、バッテリーの残量がある限り、ドライブレコーダーは機能することになり、駐車監視としても活用できます。しかし、ここには落とし穴があります。

エンジンOFFの状態で車載バッテリーの電力を使えば、当然ながら車載バッテリー残量は減っていきます。使い過ぎればバッテリー上がりの原因ともなりかねません。

実はドライブレコーダーの消費電力は2W~10w程度で、カーナビやカーオーディオに比べればかなり少ないです。

そのため、「ドラレコぐらい一晩中作動させても平気なのでは」と思いがちですが、クルマが走行中はオルタネーターが常に充電してくれているから連続使用ができます。

いくら消費電力が少ないドライブレコーダーとは言え、このオルタネータが停止した状態では車載バッテリーに一気に負荷がかかり、場合によってはエンジンの始動ができなくなる可能性すらあります。

その対策として、電源を取るための別売キット(中には同梱している機種もある)には、バッテリー残量が一定基準まで到達すると自動的に切れる仕組みも備えられています。しかし、ここでも問題が生じます。

クルマから離れている時は駐車監視として働いてもらいたいのに、バッテリー状態が悪くなるとして電源が切れてしまえば、それこそ駐車監視としては意味がなくなるのです。

一方、外付けのバッテリーはモバイルバッテリーのようなものです。

これを使うことで、エンジンを切ってもドライブレコーダーに対して電源が供給され、車載バッテリーから電源を取っているのと同じ状態になります。

このバッテリーの残量がある限り、駐車監視機能は作動してくれるのです。しかも車載バッテリーには影響をまったく与えないのがポイントです。

では、このバッテリーでどのぐらい使えるのか。一例を挙げると、ユピテルのマルチバッテリー「OP-4000」は電池容量が4000mAhと標準的なサイズ。

動作時間は最大12時間と一晩の駐車監視には十分間に合う計算になります。

ここで注意したいのは、もっと長めに動作させたいとして大容量のバッテリーを選ぶと、充電時間が長くなってしまうことです。

つまり、クルマを長い時間走らせるならともかく、短めの通勤などで使う程度なら小さめのバッテリーでもまかなえるのです。

ドライブレコーダー用バッテリーが役立つ駐車監視機能とは?

駐車中の犯罪を記録したドライブレコーダーの動画が、ニュース映像として流されることも増えたことにより、ドラレコの駐車監視機能に関心を持っている方も多いでしょう。

駐車監視機能のあるドライブレコーダーなら、駐停車中の当て逃げ事故や、10円パンチやドアパンチ、車上荒らしといった犯罪を記録できます。反面、停車中でも録画(待機)状態にあるため、バッテリーを消費し続けるというデメリットがあります。

ドライブレコーダーの駐車監視機能の種類と特徴3つ

エンジンが止まってるときでも録画できる、ドライブレコーダーの駐車監視機能には、複数の種類があります。ここでは、駐車監視機能の3つの録画方式と、それぞれの録画方式の特徴を紹介します。

自分が利用したい駐車監視機能は、どの録画方式で満足できるものなのか、ドライブレコーダーを選ぶ際の参考にしてください。

1:常時録画監視

常時録画監視機能は、その名の通り切れ間なく録画する機能です。車両周囲の防犯目的を兼ねてドライブレコーダーを導入する場合は、駐車監視機能が常時録画監視に対応している製品を選ぶとよいでしょう。

2:Gセンサー録画監視

Gセンサー録画は、ドライブレコーダーの内部に搭載されたセンサーが衝撃を検知するとカメラが作動して、録画を開始します。

車両に衝撃が加えられたときに録画されるので、駐車中の当て逃げを録画できますが、車に衝撃を与えずに行われる犯罪は感知できないため録画できません。

3:モーションセンサー録画監視

モーションセンサー録画監視とは、車両周囲で動くものをセンサーが感知し、録画を開始します。モーションセンサーによる録画機能は「動体検知機能」とも呼ばれます。

車に衝撃が加えられなくても、動くものが付近にあれば感知するので、車にいたずら目的で近づく人影も捉えることが可能です。

駐車監視にはドライブレコーダー用バッテリーの使用がおすすめ

多くのドライブレコーダーは車両のバッテリーから電源を得ています。

そのため駐車監視機能も、そのまま使えそうに思えますが、エンジン停止中に作動する「駐車監視機能」は、別途電源の確保が必要。さらに車両バッテリーを使い続けるよりも、別途駐車監視用のバッテリー使用が推奨されています。

ここでは、駐車監視用のドライブレコーダー用バッテリーを準備したほうがよい理由を3つ紹介します。

1:車のバッテリーの劣化を防ぐ

駐車監視機能を使うということは、エンジン停止中もドライブレコーダーを作動させるので、バッテリーを消耗させることになります。

車が動いているときはエンジンが発電を行っているのでバッテリーの電圧も低下することはないのですが、エンジン停止中はバッテリーに電気が供給されず、過放電によりバッテリーの劣化が早まってしまいます。


そんなトラブルを避けるため、駐車中の電源供給はドライブレコーダー用バッテリーにすることがおすすめです。

2:車のバッテリーあがりを防ぐ

車のバッテリーあがりを防ぐために、バッテリーあがり防止機能が搭載された専用の電源ケーブルを使うという方法もあります。この場合、駐車監視中にバッテリーがあがりそうだと感知されると、録画が停止されます。

バッテリーあがりを防ぎつつ、駐車中の監視録画も確実に行いたい場合は、大容量のドライブレコーダー用のバッテリーがおすすめです。

3:長時間の録画ができる

車両のバッテリーあがりを気にすることなく、長時間の録画をしたいという方は、ドライブレコーダー用バッテリーを導入しましょう。

ドライブレコーダー用のバッテリーには(使用機種にもよりますが)、24時間を超える連続録画が可能な製品もあります。

駐車時間が長く、駐車中の車の状態が心配だという方は、ドライブレコーダー用のバッテリーを導入したうえで、駐車監視機能を動作させれば、バッテリーあがりを心配することなく、防犯効果を高められます。

ドライブレコーダー用バッテリーの選び方5つ

いよいよドライブレコーダー用バッテリーの選定に入ろうというときに、どのような機能や仕様に焦点をあてて、製品選びをしたらよいのでしょうか。

ここでは、ドライブレコーダー用バッテリーを選ぶときのポイントを5つ紹介します。

1:バッテリー容量で選ぶ

バッテリー容量が大きければ、長時間の駐車監視録画が可能になります。バッテリー容量の大きい製品ほど、価格も高くなります。

バッテリー容量が大きいものを選んでも、駐車監視録画しようと想定している時間があまり長くない場合は、オーバースペックとなってしまいます。

バッテリーは中途半場に消費して充電し直すことを繰り返すと経年劣化が早まるため、目的にあった容量の製品を探しましょう。

2:最大出力で選ぶ

ドライブレコーダーは、走行録画中の消費電力と起動時の消費電力が異なります。起動時には、高負荷がかかるので、再起動を繰り返すと想定以上に電力を消費します。

2カメラなど起動時の消費電力がおおきいものは、最大出力の高いバッテリーのほうが安心です。

3:充電速度で選ぶ

ドライブレコーダー用のバッテリーは、走行中に車のバッテリーや発電機から充電することが可能です。どのくらいの時間で充電できるのか、バッテリーの充電スピードも確認しましょう。

充電速度の遅いバッテリーでは、短い走行時間では、駐車監視に必要な充電がされない可能性もあります。

走行時間によって充電される電力が、駐車監視時間に十分か、確認して製品を選定しましょう。

4:出入力端子の形状で選ぶ

ドライブレコーダー用のバッテリーは出入力端子に複数の種類があり、なかには自社のドライブレコーダー専用の形状を持つバッテリーもあります。

すでにドライブレコーダーを設置している場合は、バッテリーと出入力端子の形状があうかを確認したうえで購入しましょう。

5:ドライブレコーダーのメーカー純正品を選ぶ

ドライブレコーダーメーカーの純正品として販売されているバッテリーなら、接続や機器としての相性を心配せずに使えます。

自動車ジャーナリスト、会田肇氏が選ぶおすすめの駐車監視に使えるドライブレコーダー用バッテリー3選

YUPITERU

OP-MB4000

6,396円〜(税込)

約3時間の高速充電が可能な扱いやすさが魅力

充電は走行中に自動的に行われ、エンジンをOFFにするとマルチバッテリーからの電源供給によって駐車記録を行います。

LEDランプによって給電・充電。電池残量が確認でき、バッテリーが正常な状態なら約3時間で満充電になります。

電源を供給する時間はディップスイッチによって切り替えられ、「使用しない」「0.5時間」「1時間」「2時間」「3時間」「4時間」「6時間」「12時間」から選べます。

バッテリーはニッケル水素電池で、容量は4000mAh。

メーカー
ユピテル(YUPITERU)
ブランド
YUPITERU
モデル名
OP-MB4000
商品モデル番号
OP-MB4000

セイワ(SEIWA)

F300

19,753円〜(税込)

電源供給を大半のドラレコに対応するシガーソケット採用

電源供給をシガライターソケットで行うため、多くのドライブレコーダーに組み合わせて使えるコンパクトさがウリ

接続できる電気製品の合計消費電力は約19Wで、USBポートも備えたことでスマートフォンアドの充電にも利用できます。

充電残量や稼働状態をLEDランプで確認可能。バッテリーのON/OFFも側面のスイッチで切り替えられる。7800mAhのリチウムバッテリーを搭載し、約4.5~5時間の充電で最大8時間の利用が可能になります。

メーカー
セイワ(SEIWA)
ブランド
セイワ(SEIWA)
モデル名
F300
梱包サイズ
11.7 x 9.2 x 3.5 cm
商品モデル番号
F300

メディク(MEDIK)

UPS500

29,056円〜(税込)

24時間の動作が可能な大容量バッテリーモデル

バッテリー容量は10400mAhと大型で、動作時間も約22~28時間のほぼ丸一日に対応する長さ。

2台連結すれば容量を倍増することも可能だ。別売のシガーソケットも装着でき、USB端子も備えたことでスマホやゲーム機の充電も可能となります

。アイドリングストップ車やハイブリッド車両でシガーソケットの電圧が不安定になっても、安定した電源を供給可能。バッテリーサイズが大きいため、その分だけ満充電までの時間は4時間以上と長めです。

ブランド
メディク(MEDIK)
商品モデル番号
UPSseries
重量
946 g

駐車監視におすすめのドライブレコーダー用バッテリー5選

駐車監視のためにドライブレコーダーを使う際は、車両のバッテリーあがりを避けるためにも、外付けのバッテリーを用意したほうがよいでしょう。

バッテリーや使用するドライブレコーダーによって作動時間が異なるため、駐車監視したい時間の長さにあわせて、製品を選ぶようにしましょう。ここでは、駐車監視用に使えるドライブレコーダー用バッテリーを6製品紹介します。

BLACKVUE

パワーマジック ウルトラバッテリー (B-124X)

75,362円〜(税込)

最短40分の高速充電でこまめな駐車にも対応

BlackVueの「B-124X」は、エンジンのONOFFによってドライブレコーダーへの電力供給を自動で切り替えます。

高速充電対応で最短40分でフル充電できるため、運転時間が少なくこまめに駐車する方にもおすすめ

バッテリーにはUSB電源ポートも1つあります。走行中、スマホなどの充電にも使えるのが便利です。

メーカー
Pittasoft
ブランド
‎BLACKVUE
モデル名
B-124X
梱包サイズ
10 x 4 x 21 cm
商品モデル番号
B-124X

Flukeforest

ドライブレコーダー駐車監視用バッテリー24時間タイプ DRB-24A

32,800円〜(税込)

エンジンOFF時も電圧が途切れず安定録画

Flukeforestの「DRB-24A」は、エンジンを切って電力供給が切り替わる際にも途切れることなくドライブレコーダーに給電します。

駐車時だけでなくアイドリングストップ直後なども給電が安定しているので、より安定した録画を保障します

バッテリーは走行中に充電され、エンジンが停止すると自動で給電し始めるので操作は不要。取付もドライバー1本で簡単なのでありがたいです。

メーカー
‎Flukeforest(フルークフォレスト)
ブランド
‎Flukeforest(フルークフォレスト)
モデル名
DRB-24A
商品重量
795g
商品モデル番号
DRB-24A

セイワ(SEIWA)

F300

19,753円〜(税込)

ドライブレコーダー用のバックアップ電源に

走行中は、接続された機器に電源供給をしながら充電し、エンジン停止後は、接続された機器に本製品から電源を供給します。車内に搭載することもでき、電池残量はLEDランプの点灯数で確認できます。

LEDのランプの色を確認すれば、車載バッテリーから給電されているか、本製品から給電されているかも確認できます。本製品から給電する場合の駐車監視の時間は、8時間程度です。

メーカー
セイワ(SEIWA)
ブランド
セイワ(SEIWA)
モデル名
F300
梱包サイズ
11.7 x 9.2 x 3.5 cm
商品モデル番号
F300

メディク(MEDIK)

UPS500

29,056円〜(税込)

エンジン停止で駐車監視用バッテリーに自動切換え

走行中にバッテリーに充電され、エンジンを停止するとドライブレコーダーへの電源供給は自動的にドライブレコーダー用バッテリー(UPS500)に切り替えられます。

ブランド
メディク(MEDIK)
商品モデル番号
UPSseries
重量
946 g

YUPITERU

OP-MB4000

6,396円〜(税込)

バッテリーあがりの心配がいらないマルチバッテリー

エンジンが停止されると、ドライブレコーダー用マルチバッテリーが走行中に充電された電源をドライブレコーダーに供給し、駐車監視機能を起動させます。

車両のバッテリーから駐車中も電源供給をし続けて、バッテリーあがりを発生させてしまうリスクを回避できます。

メーカー
ユピテル(YUPITERU)
ブランド
YUPITERU
モデル名
OP-MB4000
商品モデル番号
OP-MB4000

【毎日更新】Amazonおすすめのドライブレコーダー用バッテリーランキングTOP10

おすすめを参考にドライブレコーダー用バッテリーを選ぼう

ドライブレコーダーを使って、駐車監視を行いたいのなら、車両のバッテリーに頼らず、ドライブレコーダー用バッテリーを使った,ほうが確実です。

数あるドライブレコーダー用バッテリーのなかから、本記事のおすすめバッテリーも参考にして、適切な製品を選びましょう。

※楽天市場では価格、送料、納期やその他の詳細については、商品のサイズや色等によって異なる場合があります。
商品詳細