PIAA LEDバルブ史上最高のカンデラ値を手に入れた「ヘッド&フォグLEDバルブ」シリーズ

超高級ホイールとして知られるBB鍛造ホイール。 皆の憧れのBBSを履いている人って一体どんな人なんだろう? 購入して変わるのか?家族の反対はあったのか? 何気ない疑問にとクローズアップ。

トピー実業のリリースするホイールは、あらゆるユーザーに受け入れられる端正なデザインが基本。そこに、キラリと光るテイストをプラスすることで、強い個性が付与されていることが特徴です。この春、ドレスアップ用ホイールの選択肢に加えてみてはいかがでしょう。[PR]

国内外の高級車を中心とした製品ラインナップを展開するドレスアップ/チューニングパーツブランド、アーティシャンスピリッツ。そのなかでもとりわけレクサス用アイテムには力を注いでおり、その充実ぶりはよく知られています.そんなアーティシャンスピリッツがリリースするレクサス用アイテムのなかで最新の注目アイテムが、昨年の10月に発表された現行レクサスIS F SPORT用エアロパーツです。

ここ数年で、一般的な技術になった『アイドリングストップシステム』。このIS搭載車には、専用のバッテリーが必要です。そこで各バッテリーメーカーは、IS専用バッテリーをラインナップ、販売しています。そのなかで容量、耐久性ともに最高レベルの性能を実現した製品として、感度の高いユーザーが注目する逸品が、パナソニックブランドから発売されるcaosのIS専用バッテリーなのです。[PR]

世界的に有名なブレーキパーツメーカーのひとつ、イタリアのブレンボが作る純正リプレイス用パーツは、安価な値段でプレンボの性能が手に入るとあって、最近、注目度が高まっています。そんなプレンボのパーツを実車に装着して試してみました[PR]

オリジナルのドライカーボンパーツを製作するプロコンポジットの86/BRZ向けエアロパーツ群。実戦での性能を含めた製品クオリティは、個々のパーツについてウンチクを述べるよりも、装着車両がレースで好成績を収めているといったほうが説得力があるのかもしれません。[PR]

愛車で自由気ままに旅をしたい、という思いが前からあったというオーナーがキャンピングカーを購入。全国キャラバンの予行演習とばかり、週末や祭日を利用した旅に出ていた。しかし、慣れるにつれて、身体の疲労が気になってきた。そんなとき見つけたのが、BRIDEのシートだった。[PR]

バンパータイプスポイラーをベースとしたアドミレーション Belta(ベルタ)から、30アルファード/ヴェルファイア用エアロがDebut。[PR]

単なる映像記録媒体の枠を越えて、防犯カメラやドライブの記録、さらには安全運転支援機能、同社のレーダーディレクターとの連携など、豊富なエンターテインメント性も魅力のセルスター工業製のドラレコが、SDカードのメンテナンスフリー機能を追加して、より使いやすくなりました。[PR]

トラストが発売した新世代の追加メーター『GReddy sirius シリーズ』。中でも無機ELを使った「sirius vision」は、多様な情報を表示できるほか、装着する場所の制約から解き放たれたことでも注目が集まります。ドライバーの必要な情報を正確に表示することはもちろん、室内のドレスアップアイテムとしても気になる後付けメーターです。[PR]

セレブな雰囲気で人気の吉田由美さんと、HKSの新しいサスペンション「ハイパーマックスG」。吉田さんにとって、これまで縁遠い存在だったというチューニングの世界が、デモカー試乗によって一気に近づいたようです。[PR]

イタリアのデザインセンスがキラリと光る凝った造形が特徴のMOMOホイール。アフターホイールブランドが乱立する日本国内にあっても、他の追従を許さない存在感は、オシャレに敏感なオーナーから注目されています。[PR]

ミニを手入れてから、しばらく抑えていたはずのカスタムしたい熱が再燃した僕。ネットサーフィンで見つけたのが、ZERO-1000のパーツだった。貯金を切り崩し、MINIのカスタムを始めた30オトコのHeart warmingストーリー。[PR]

新世代のクリーンディーゼル車や最新のダウンサイジングターボ車専用のサブコンピューターが、TDIチューニングボックスです。カプラーオンで、パワーアップと燃費向上を実現する注目のアイテムです。[PR]

日本を代表するホイールメーカーのひとつ、”WORK”。同社の類まれなエンジニアリングとハイテクノロジーをベースに設計された欧州車用ホイール『GNOSIS(グノーシス)』は、愛車に最高のハーモニーと性能をもたらします。[PR]

低回転から湧き上がる大トルク。ディーゼルエンジンの200系ランクルの買い方教えます。

ツーリングカーレースで活躍したトム・コロネル率いるエクステンドレーシングとのタッグによって生まれたサスペンションキット。 ​低フリクション、高剛性、軽量化。アフターのサスキットに求められるすべての性能を高次元で満足させました。

ドレスアップを足元から引き締めるアイテムといえば、 ホイールをおいてほかにはありません。 そのデザインは、全体のバランスを崩すことなく、 それでいて存在感のあるものがベスト。 オーナーのセンスが現れる重要なパートでもあります。 しかしながら、あまたある中でベストな1本を探すのは至難のワザ。 そんな悩めるドレスアッパーのために、 センスと色気が同居した、ドレスアップホイールを紹介しましょう。

ふと職場の女性メンバーで食事に行った際、先輩に唐突に「今度ドライブに行こう」と誘われた。先輩は私より7つ上で、職場ではキレッキレの仕事ぶり。私にも厳しいけど親身にいろいろ教えてくれるバリキャリ、憧れの先輩。 確かに以前から先輩はクルマが趣味というのは聞いていたけど、なんだったかな、ジムニー?マニアック?なクルマというのは聞いた気がする。それも、普通の道ではないようなとこを走るんだとか。

先日、社内の懇親会があった。社内のアイドル的存在の子と同席となって、ドライブに誘ってみた。 千葉方面に海鮮を食べに行こうって。もちろん面倒なので、同僚連中には内緒だ。

長谷川慶太、38歳。独身。 IT関連メーカー、エンジニア。 七夕まつりで有名な湘南の街に親と同居中。 昇進を期に、トヨタ86を中古で購入し サーキットデビューを考えている。

タイヤを変えた。走りが変わった。KUMHOタイヤが推奨するECSTA PS91 スーパーカーの足を支える技術の真髄。

Bremboから登場。パットとローターを交換するだけの純正ブレーキ専用モデル 低価格、ハイパフォーマンスのブレンボとはいかに?

合コンで知り合ったあの子と、なんとかとりつけたデートの約束。 カフェでお茶をしている時に言った彼女の何気ない一言。「星が観たい」 それを叶えるべく、アピオジミニーで乃木坂から一路伊那へ。 アピオジムニーは恋のセルモーターになるのであろうか・・・?

退屈な助手席をサポートするTVジャンパーがBLITZ から登場。 走行中でもTVが観れてナビを操作することも可能に!

太陽はウジングリースが手がけるG-STYLE CLUBなら、賃貸でガレージ付きアパートに住める! 盗難防止、日曜大工やガーデニング。使い方は無限大。

エンプレイスのカーナビ 製品の特性を解説

【PR】HKS 新型プリウスをローダウン

2人の男が新型プリウスを買った。彼らが選ぶそれぞれのカーライフとは…

小学生の息子が東京に一人で遊びに来るというので、北海道から連れてきた「VOXY」を羽田まで走らせた。