まとめ一覧

「スチールホイール」と「重いアルミホイール」は、どれほどの差があるのか?

「スチールホイール」と「重いアルミホイール」は、どれほどの差があるのか?

アルミホイールは、軽量でデザイン性に優れると幅広く使われています。しかし最近は、インチが大きくなっていることもあり、必ずしもアルミホイール=軽いとは言えない状況になってき...

更新日:2017/08/17    
乗りづらさなんて関係ない!全幅1,800mm越えの国産車5選

乗りづらさなんて関係ない!全幅1,800mm越えの国産車5選

かつて日本で販売されているクルマは、国内の道路事情を考慮して設計されていました。しかし、販売先が世界に広がり、グローバルモデルが増えるにつれて、新車のボディは大きくなって...

更新日:2017/08/18    
ドライブレコーダーで危険運転車を録画!警察は捕まえてくれる?

ドライブレコーダーで危険運転車を録画!警察は捕まえてくれる?

近年、日本においてもドライブレコーダーの装着率が高まり、交通事故の捜査や過失割合の判断などに役立っています。ところで、ドライブレコーダーに危険運転をする車が映っていた場合...

更新日:2017/08/16    
ファミリアバンがモデルチェンジ? いつごろになる?

ファミリアバンがモデルチェンジ? いつごろになる?

マツダの礎となった往年の名車「ファミリア」。2017年現在は、商用バンのみにブランドが残っています。その中身は日産 NV150ADです。11年もモデルチェンジを行っていな...

更新日:2017/08/18    
インパクトありすぎ!車幅が広くて日本では走りづらい輸入車4選

インパクトありすぎ!車幅が広くて日本では走りづらい輸入車4選

突然ですが、車を購入する際に車幅を意識しますか?輸入車のスーパースポーツやラグジュアリーセダン、SUVに乗る方は意識するかもしれませんね。もともと車両の大きさで税金の額を...

更新日:2017/08/16    
GT-Rの車検代で軽自動車が買える!? GT-Rの車検代が高い理由とは?

GT-Rの車検代で軽自動車が買える!? GT-Rの車検代が高い理由とは?

なにかと維持費の高いGT-R。インターネット上でも、80万円超えという高すぎる車検代が話題になりました。どうしてこんなにも高くなってしまうのでしょうか?GT-Rのメンテナ...

更新日:2017/07/13    
関東 今どき女子おすすめ!日帰りで行けちゃう関東のドライブおすすめスポット48選!

関東 今どき女子おすすめ!日帰りで行けちゃう関東のドライブおすすめスポット48選...

自然と密室になるドライブデートは二人の距離をグッと縮めてくれる絶好のチャンス!車内での会話や音楽、行く先々での観光などは、電車でなく車で行ったほうが自由が効くうえ、女性か...

更新日:2017/07/19    
なぜ日本の車検代は高いと言われるのか?

なぜ日本の車検代は高いと言われるのか?

"アメリカは車検がない、対して日本は車検費用が高い"などとよく言われます。しかし、じつはアメリカにも排ガステストを中心とした車検制度がありますし、日本の車...

更新日:2017/08/16    
スバル インプレッサWRXも登場!明日公開映画『ベイビードライバー』の登場車種をチェック!

スバル インプレッサWRXも登場!明日公開映画『ベイビードライバー』の登場車種を...

通常カーアクション映画は、シリアスなストーリーに美男美女のラブストーリが絡んで進行。ラストは、スカッと爽快カーチェイスからの大団円と相場が決まっています。しかしこの定石を...

更新日:2017/08/16    
ロータリーエンジン搭載車が復刻版として発売される日は来るのか?

ロータリーエンジン搭載車が復刻版として発売される日は来るのか?

2017年現在、ラインナップから外れてしまっていますが、根強い人気があるロータリーエンジン。秋に開催される東京モーターショー2017では、ロータリーの復活が期待されていま...

更新日:2017/08/18    
台風の季節到来!? アイサイトなどは大雨でも対応できるの?

台風の季節到来!? アイサイトなどは大雨でも対応できるの?

アイサイトの特徴は、人間の目と同じように2つのカメラで前方の交通を認識することです。ミリ波レーダーで距離を測るのとは違って、より人間の目に近いシステムでドライバーをサポー...

更新日:2017/08/18    
クラウン アスリートやレクサス LSなど…純正ホイールがカッコいい国産車5選

クラウン アスリートやレクサス LSなど…純正ホイールがカッコいい国産車5選

車のカスタムには色々ありますが、見た目で手っ取り早いのがホイール交換。魅力的な社外品ホイールも多いですが、今回は現行車の純正ホイールで、筆者が純粋にカッコいいと思った車種...

更新日:2017/08/09    
『スパイダーマン ホームカミング』に登場するアウディの車とは?

『スパイダーマン ホームカミング』に登場するアウディの車とは?

スパイダーマンの新作映画『スパイダーマン ホームカミング』が話題となっています。19歳の新進気鋭トム・ホランド氏演じるピーター・パーカーも気になるところですが、クルマ好き...

更新日:2017/08/18    
タイヤがフェンダーからはみ出してもOK!? クルマの保安基準、どう変わった?

タイヤがフェンダーからはみ出してもOK!? クルマの保安基準、どう変わった?

スポーティな車種のドレスアップで、よく話題になるのがツライチです。ホイールやタイヤをフェンダーからはみ出さない、ギリギリのサイズまでアップさせる手法です。しかしそれはもう...

更新日:2017/07/18    
エンジンルームからのキュルキュル音…その原因と対処法は?

エンジンルームからのキュルキュル音…その原因と対処法は?

快調だったはずの車のエンジンをかけると、「キュルキュルキュル」と異音がするようになる…故障かと慌てる人もいるかと思いますが、大抵はボンネットを開けて、音が鳴っているのを確...

更新日:2017/05/02    
XVの次はフォレスター!? 新型はどんな仕上がりに?

XVの次はフォレスター!? 新型はどんな仕上がりに?

2016年にフルモデルチェンジされたインプレッサには、スバルの新世代プラットフォーム”SGP”が採用されています。このSGPに直噴エンジンを搭載し、新世代へと刷新するのが...

更新日:2017/07/13    
スーパーカーのホイールは20インチ、F1は13インチ…なぜF1はインチ数が低いのか?

スーパーカーのホイールは20インチ、F1は13インチ…なぜF1はインチ数が低いの...

最近の市販車、とりわけスポーツモデルのホイールは大径化が著しいですよね。20、21インチは当たり前で、エコカーだって18インチの時代。そんな状況下で開催されるモータースポ...

更新日:2017/06/19    
身体を張って検証!"パワーウインド挟み防止機能"…どこまで対応している?

身体を張って検証!"パワーウインド挟み防止機能"…どこまで対応している?

近年、ほぼすべての車に搭載されているパワーウインド。安全性に配慮し、挟み込み防止機能が搭載されたクルマが増えています。その挟み込み防止機能はどこまで対応しているのか、身体...

更新日:2017/08/17    
気になる車の足回りからの「ギシギシ」「ゴトゴト」という異音…その原因と対処法は?

気になる車の足回りからの「ギシギシ」「ゴトゴト」という異音…その原因と対処法は?

クルマに乗車中にどうも気になってしまうのが足回りから発せられる異音ですよね。ギシギシ、ゴトゴト…この得体の知れない奇怪な音、いったいどんな部分から発生しているのでしょうか...

更新日:2016/12/07    
レクサスLFAの価格はなぜあそこまで高額なのか?

レクサスLFAの価格はなぜあそこまで高額なのか?

レクサスLFAは他の国産スポーツカーよりも値段が高く、その価格は海外ラグジュアリーカーのランボルギーニやブガッティの一部車種に匹敵するほどです。今回はレクサスLFAの価格...

更新日:2017/02/22    
台風の季節到来!? アイサイトなどは大雨でも対応できるの?

台風の季節到来!? アイサイトなどは大雨でも対応できるの?

アイサイトの特徴は、人間の目と同じように2つのカメラで前方の交通を認識することです。ミリ波レーダーで距離を測るのとは違って、より人間の目に近いシステムでドライバーをサポー...

更新日:2017/08/18    
ロータリーエンジン搭載車が復刻版として発売される日は来るのか?

ロータリーエンジン搭載車が復刻版として発売される日は来るのか?

2017年現在、ラインナップから外れてしまっていますが、根強い人気があるロータリーエンジン。秋に開催される東京モーターショー2017では、ロータリーの復活が期待されていま...

更新日:2017/08/18    
乗りづらさなんて関係ない!全幅1,800mm越えの国産車5選

乗りづらさなんて関係ない!全幅1,800mm越えの国産車5選

かつて日本で販売されているクルマは、国内の道路事情を考慮して設計されていました。しかし、販売先が世界に広がり、グローバルモデルが増えるにつれて、新車のボディは大きくなって...

更新日:2017/08/18    
『スパイダーマン ホームカミング』に登場するアウディの車とは?

『スパイダーマン ホームカミング』に登場するアウディの車とは?

スパイダーマンの新作映画『スパイダーマン ホームカミング』が話題となっています。19歳の新進気鋭トム・ホランド氏演じるピーター・パーカーも気になるところですが、クルマ好き...

更新日:2017/08/18    
「スチールホイール」と「重いアルミホイール」は、どれほどの差があるのか?

「スチールホイール」と「重いアルミホイール」は、どれほどの差があるのか?

アルミホイールは、軽量でデザイン性に優れると幅広く使われています。しかし最近は、インチが大きくなっていることもあり、必ずしもアルミホイール=軽いとは言えない状況になってき...

更新日:2017/08/17    
身体を張って検証!"パワーウインド挟み防止機能"…どこまで対応している?

身体を張って検証!"パワーウインド挟み防止機能"…どこまで対応している?

近年、ほぼすべての車に搭載されているパワーウインド。安全性に配慮し、挟み込み防止機能が搭載されたクルマが増えています。その挟み込み防止機能はどこまで対応しているのか、身体...

更新日:2017/08/17    
ファミリアバンがモデルチェンジ? いつごろになる?

ファミリアバンがモデルチェンジ? いつごろになる?

マツダの礎となった往年の名車「ファミリア」。2017年現在は、商用バンのみにブランドが残っています。その中身は日産 NV150ADです。11年もモデルチェンジを行っていな...

更新日:2017/08/18    
スバル インプレッサWRXも登場!明日公開映画『ベイビードライバー』の登場車種をチェック!

スバル インプレッサWRXも登場!明日公開映画『ベイビードライバー』の登場車種を...

通常カーアクション映画は、シリアスなストーリーに美男美女のラブストーリが絡んで進行。ラストは、スカッと爽快カーチェイスからの大団円と相場が決まっています。しかしこの定石を...

更新日:2017/08/16    
かつては金属が主流だった車のバンパー…最近のバンパーに使われることが多い素材とは?

かつては金属が主流だった車のバンパー…最近のバンパーに使われることが多い素材とは...

バンパーはクルマにとって、とても大事な役割を果たしています。単なる衝撃吸収のためのパーツではなく、いまではデザインイメージを決める要素としても大事な存在です。その昔は金属...

更新日:2017/08/17    
ドライブレコーダーで危険運転車を録画!警察は捕まえてくれる?

ドライブレコーダーで危険運転車を録画!警察は捕まえてくれる?

近年、日本においてもドライブレコーダーの装着率が高まり、交通事故の捜査や過失割合の判断などに役立っています。ところで、ドライブレコーダーに危険運転をする車が映っていた場合...

更新日:2017/08/16    
やっぱり高く売りたい…リセールバリューの高い車はどれ?

やっぱり高く売りたい…リセールバリューの高い車はどれ?

車を買う際には余計なことを考えずに欲しいものを買うのが一番です!とはいえ、燃費や安全性、機能性など様々なことを含めて決めるのが一般的ですよね。そんな購入を決定づける要素の...

更新日:2017/08/17    
なぜボディカラーで買取相場に50万もの開きがでるの?

なぜボディカラーで買取相場に50万もの開きがでるの?

愛車の査定額は人気車種がどうか、走行距離や年式はもちろん、クルマの傷や修復歴、事故歴などによっても大きく変わってきます。さらに、忘れてはいけないのが「ボディカラーによる買...

更新日:2017/08/17    
SUVの次はピックアップ!? Xクラスが日本で流行る可能性…ありますよ。

SUVの次はピックアップ!? Xクラスが日本で流行る可能性…ありますよ。

日本では、ほぼ絶滅状態のピックアップトラック。しかし、海の向こうではいまだ人気カテゴリーであり、北米では税金が安いことから若者を中心に愛されています。そんななか、メルセデ...

更新日:2017/08/16    
あなたの車にもサインが出ているかも!故障の前兆を覚えておこう!

あなたの車にもサインが出ているかも!故障の前兆を覚えておこう!

家族や友人間などで「車に~という現象が起きているんだけど、これは故障か何かの前兆なのかな?」という会話がたまにあるかと思いますが、ハッキリと言えばそういう時の回答はただひ...

更新日:2017/08/17    
なぜメーカーはニュルのタイムや0-100km/hにこだわるの?

なぜメーカーはニュルのタイムや0-100km/hにこだわるの?

ことさら新型スポーツモデルが誕生する際に話題となるのが「ニュルブルクリンクのラップタイム」であり、「0-100km/h加速タイム」です。コンマ数秒でも縮めるため、メーカー...

更新日:2017/08/16    
なぜ日本の車検代は高いと言われるのか?

なぜ日本の車検代は高いと言われるのか?

"アメリカは車検がない、対して日本は車検費用が高い"などとよく言われます。しかし、じつはアメリカにも排ガステストを中心とした車検制度がありますし、日本の車...

更新日:2017/08/16    
50万円以上かかることも!? なぜ車の修理は高いのか…その内訳とは?

50万円以上かかることも!? なぜ車の修理は高いのか…その内訳とは?

クルマの修理をお願いしたら、思わぬ金額でビックリした!なんて経験はありませんか?滅茶苦茶に大破したクルマを修理するならともかく、一見たいしたダメージを受けていないように見...

更新日:2017/08/16    
なぜ近頃のクルマは、丸っこいのか?角ばったクルマは過去の遺物?

なぜ近頃のクルマは、丸っこいのか?角ばったクルマは過去の遺物?

以前は、角ばったデザインのクルマが多くありましたが、近ごろではめっきり少なくなり、丸い車を見かけることが多くなりました。なぜクルマのデザインは角ばったものから、丸みを帯び...

更新日:2017/08/16    
ついに発表されたランエボの復活!どんな車になるのか?

ついに発表されたランエボの復活!どんな車になるのか?

新車スクープの場として、あまり注目されないのが株主総会です。三菱自動車は新型パジェロの復活やエクリプスクロスの導入を株主総会で発表してきました。そしてまた驚愕の1台を復活...

更新日:2017/08/17    
国産車のホットハッチといえば?あなたは何を思い浮かべますか?

国産車のホットハッチといえば?あなたは何を思い浮かべますか?

ホットハッチと聞くと、なんとなく欧州のコンパクトカーを思い浮かべる方が多いと思います。それは、海外(特に欧州)メーカーに対して、日本車でホットハッチ的なクルマが少ないとい...

更新日:2017/08/16