まとめ一覧

トヨタ クラウンが公用車や社用車、タクシーに多く採用される理由とは?

トヨタ クラウンが公用車や社用車、タクシーに多く採用される理由とは?

社用車、あるいは公用車…これらはなんとなく「黒塗りのクラウン」なんてイメージが強いのではないでしょうか。それと困った時に頼れるタクシー。これも旧型のクラウンが多い…なんて...

更新日:2017/01/20    
"絶対的"オデッセイ。アブソルートはノーマルとなにが違う?

"絶対的"オデッセイ。アブソルートはノーマルとなにが違う?

スポーティなミニバンとして人気の高いホンダ オデッセイ。エンジンはガソリンとハイブリッドをラインナップしており、そこからさらに細かくグレードが分けられています。一通りカタ...

更新日:2017/01/20    
R32GT-Rがアメリカへ流出!?"25年ルール"で90年代の国産スポーツカーが消えていく?

R32GT-Rがアメリカへ流出!?"25年ルール"で90年代の国産スポーツカーが...

現在日本では、80~90‘sスポーツカーの残存台数が激減・高騰状況となっています。理由は様々あるわけですが、その一つに挙げられるのが「海外への流出」です。

更新日:2017/01/20    
3列目シートが跡形なく消える?!オデッセイの代々引き継ぐ収納力

3列目シートが跡形なく消える?!オデッセイの代々引き継ぐ収納力

クルマの収納力や快適性は日本メーカーの得意分野の一つです。ミニバンでは、ほとんどのモデルが3列シートを備える7〜8人乗りのモデルとなっていますよね。しかし普段は3〜4人乗...

更新日:2017/01/20    
マツダ アテンザが国外ではMazda 6と呼ばれる理由とは?

マツダ アテンザが国外ではMazda 6と呼ばれる理由とは?

マツダ アテンザは欧米では「Mazda 6」という車名で呼ばれています。日本での車名と海外での車名が異なる例は珍しくありませんが、「Mazda 6」はどのような経緯で車名...

更新日:2017/01/20    
業界のタブーに切り込んだ!?新型エルグランドCMの登場車種が知りたい!

業界のタブーに切り込んだ!?新型エルグランドCMの登場車種が知りたい!

ファミリー層など幅広い世代に人気のミニバン、日産 エルグランド。その新CMになんと日産以外のクルマやバイクが多数登場し、にわかに話題になっています。いったいどんなクルマが...

更新日:2017/01/11    
なぜハイエースにはステッキ式のサイドブレーキが採用されているのか?

なぜハイエースにはステッキ式のサイドブレーキが採用されているのか?

サイドブレーキにはいくつかの種類が存在します。馴染みあるのがレバー式とフット式。最近では見かけなくなってしまいましたが、「ステッキ式」というものも存在します。------...

更新日:2017/01/20    
アテンザとアクセラのフロントグリルがそっくり!そのマツダの戦略とは?

アテンザとアクセラのフロントグリルがそっくり!そのマツダの戦略とは?

「鼓動デザイン」を導入したマツダは、生まれ変わったようにそのクルマづくりが高く評価されています。もちろん、マツダは以前から特徴あるクルマづくりを行っており、急に品質が向上...

更新日:2017/01/20    
カーデザイナー和田智氏がデザインした車5選

カーデザイナー和田智氏がデザインした車5選

カーデザイナー兼プロダクトデザイナーである和田智氏を知っていますか?現在は独立をしてSWdesignを主宰する和田氏は、1983年に日産自動車に入社し、98年にはドイツの...

更新日:2017/01/19    
昔はなぜハンドルを替えたのか?今、替えなくなった理由とは?

昔はなぜハンドルを替えたのか?今、替えなくなった理由とは?

純正装着のステアリングホイールを社外品に交換する…。以前は手軽に行なえるカスタマイズでしたがここ最近あまり見かけなくなりました。その理由とはどこにあって、それでも交換する...

更新日:2017/01/20    
税金が高くてコストがかかる大排気量車…あえて所有するメリットとは?

税金が高くてコストがかかる大排気量車…あえて所有するメリットとは?

今や車のエンジンと言えばエコや低燃費など時代はすっかり環境性能を優先しており、国産車も輸入車もダウンサイジングが主流となりました。大排気量でなくともパワフルでしかも燃費が...

更新日:2017/01/19    
SUVとRVの違いとは?ランドクルーザーはどっちに分類される?

SUVとRVの違いとは?ランドクルーザーはどっちに分類される?

日本ではいわゆるアウトドアに向いてそうな見た目の大きな車を「SUV」や「RV」と呼びますよね。なんとなく使っているこの2つの名称ですが、SUVとRVにはどんな違いがあるの...

更新日:2016/12/05    
約200万円のS660、購入する前に確認しておきたい4点と、”無限”の概要は?

約200万円のS660、購入する前に確認しておきたい4点と、”無限”の概要は?

発売がずっと噂されていたホンダの新型軽自動車、S660が遂に発売されました!どんな車なのか、チェックしましょう!

更新日:2017/01/19    
2017年に発売か!?新型フェアレディZは現実的な値段になりそうです

2017年に発売か!?新型フェアレディZは現実的な値段になりそうです

1969年に登場し、日産を代表するスポーツカーとなったフェアレディZ。現在発売されているのは2008年にモデルチェンジされた6代目になります。そして2017年には、新型フ...

更新日:2016/12/27    
日本の総理大臣専用車vs各国トップの専用車!日本車はどういった事態に備えているのか?

日本の総理大臣専用車vs各国トップの専用車!日本車はどういった事態に備えているの...

日本の総理大臣専用車、アメリカの大統領専用車を始め、各国元首の専用車には、どのような車が選ばれているのでしょうか?そして、どのようなセキュリティ対策があるのでしょう。各国...

更新日:2016/12/13    
自分の車がWi-Fiスポットに?!audi connectとは?

自分の車がWi-Fiスポットに?!audi connectとは?

車の性能は、その時々のトレンドを大きく反映されながら進化を続けています。たとえば最近、テープやMDが聴けるカーオーディオってまず見ませんよね。それらに取って代わるように現...

更新日:2017/01/19    
クラウンのエンブレムはなぜ王冠?その理由と時代背景

クラウンのエンブレムはなぜ王冠?その理由と時代背景

日本における高級車の歴史は、クラウンとともに歩んできたといっても過言ではありません。「いつかはクラウン」という言葉通り、60年以上にわたって日本人のための高級車として、車...

更新日:2017/01/19    
車のファンベルトからのキュルキュル音…その原因と対処法は?

車のファンベルトからのキュルキュル音…その原因と対処法は?

快調だったはずの車のエンジンをかけると、「キュルキュルキュル」と異音がするようになる…故障かと慌てる人もいるかと思いますが、大抵はボンネットを開けて、音が鳴っているのを確...

更新日:2016/12/12    
Vol.13 52歳既婚男性、初心者にBMWはネコに小判じゃなかったというハナシ

Vol.13 52歳既婚男性、初心者にBMWはネコに小判じゃなかったというハナシ

ボクが普通自動車の免許を取得したのは約30年前。免許に記された12月20日という日付を見ると、クリスマスのドライブデートのために、足繁く教習所に通ったことを思い出す。そん...

更新日:2017/01/20    
気になる車の足回りからの「ギシギシ」「ゴトゴト」という異音…その原因と対処法は?

気になる車の足回りからの「ギシギシ」「ゴトゴト」という異音…その原因と対処法は?

クルマに乗車中にどうも気になってしまうのが足回りから発せられる異音ですよね。ギシギシ、ゴトゴト…この得体の知れない奇怪な音、いったいどんな部分から発生しているのでしょうか...

更新日:2016/12/07    
トヨタ クラウンが公用車や社用車、タクシーに多く採用される理由とは?

トヨタ クラウンが公用車や社用車、タクシーに多く採用される理由とは?

社用車、あるいは公用車…これらはなんとなく「黒塗りのクラウン」なんてイメージが強いのではないでしょうか。それと困った時に頼れるタクシー。これも旧型のクラウンが多い…なんて...

更新日:2017/01/20    
アテンザとアクセラのフロントグリルがそっくり!そのマツダの戦略とは?

アテンザとアクセラのフロントグリルがそっくり!そのマツダの戦略とは?

「鼓動デザイン」を導入したマツダは、生まれ変わったようにそのクルマづくりが高く評価されています。もちろん、マツダは以前から特徴あるクルマづくりを行っており、急に品質が向上...

更新日:2017/01/20    
マツダ アテンザが国外ではMazda 6と呼ばれる理由とは?

マツダ アテンザが国外ではMazda 6と呼ばれる理由とは?

マツダ アテンザは欧米では「Mazda 6」という車名で呼ばれています。日本での車名と海外での車名が異なる例は珍しくありませんが、「Mazda 6」はどのような経緯で車名...

更新日:2017/01/20    
Vol.13 52歳既婚男性、初心者にBMWはネコに小判じゃなかったというハナシ

Vol.13 52歳既婚男性、初心者にBMWはネコに小判じゃなかったというハナシ

ボクが普通自動車の免許を取得したのは約30年前。免許に記された12月20日という日付を見ると、クリスマスのドライブデートのために、足繁く教習所に通ったことを思い出す。そん...

更新日:2017/01/20    
"絶対的"オデッセイ。アブソルートはノーマルとなにが違う?

"絶対的"オデッセイ。アブソルートはノーマルとなにが違う?

スポーティなミニバンとして人気の高いホンダ オデッセイ。エンジンはガソリンとハイブリッドをラインナップしており、そこからさらに細かくグレードが分けられています。一通りカタ...

更新日:2017/01/20    
3列目シートが跡形なく消える?!オデッセイの代々引き継ぐ収納力

3列目シートが跡形なく消える?!オデッセイの代々引き継ぐ収納力

クルマの収納力や快適性は日本メーカーの得意分野の一つです。ミニバンでは、ほとんどのモデルが3列シートを備える7〜8人乗りのモデルとなっていますよね。しかし普段は3〜4人乗...

更新日:2017/01/20    
R32GT-Rがアメリカへ流出!?"25年ルール"で90年代の国産スポーツカーが消えていく?

R32GT-Rがアメリカへ流出!?"25年ルール"で90年代の国産スポーツカーが...

現在日本では、80~90‘sスポーツカーの残存台数が激減・高騰状況となっています。理由は様々あるわけですが、その一つに挙げられるのが「海外への流出」です。

更新日:2017/01/20    
クラウンのエンブレムはなぜ王冠?その理由と時代背景

クラウンのエンブレムはなぜ王冠?その理由と時代背景

日本における高級車の歴史は、クラウンとともに歩んできたといっても過言ではありません。「いつかはクラウン」という言葉通り、60年以上にわたって日本人のための高級車として、車...

更新日:2017/01/19    
税金が高くてコストがかかる大排気量車…あえて所有するメリットとは?

税金が高くてコストがかかる大排気量車…あえて所有するメリットとは?

今や車のエンジンと言えばエコや低燃費など時代はすっかり環境性能を優先しており、国産車も輸入車もダウンサイジングが主流となりました。大排気量でなくともパワフルでしかも燃費が...

更新日:2017/01/19    
なぜハイエースにはステッキ式のサイドブレーキが採用されているのか?

なぜハイエースにはステッキ式のサイドブレーキが採用されているのか?

サイドブレーキにはいくつかの種類が存在します。馴染みあるのがレバー式とフット式。最近では見かけなくなってしまいましたが、「ステッキ式」というものも存在します。------...

更新日:2017/01/20    
再考、東京住まいは、どんなスタッドレスタイヤを選ぶべきなのか?

再考、東京住まいは、どんなスタッドレスタイヤを選ぶべきなのか?

滅多に雪が降る事のない東京。しかしウィンタースポーツ好きなら雪山へ行く事もあるし、何より雪も降るっちゃ降る。とりわけ今年は大雪との噂もある中で、どんなスタッドレスタイヤを...

更新日:2017/01/19    
所有欲が掻き立てられる…厳選!レクサスの人気モデル10選

所有欲が掻き立てられる…厳選!レクサスの人気モデル10選

今回はトヨタの高級ブランド、レクサスの人気モデルを10種類集めてみました。誰もが憧れるレクサス…一体どんなモデルが登場するのでしょうか…!?

更新日:2017/01/19    
高級ブレーキメーカー『ブレンボ』は何がすごいのか?

高級ブレーキメーカー『ブレンボ』は何がすごいのか?

ブレンボはイタリアの有名ブレーキメーカーで、F1などのモータースポーツをはじめ、ポルシェ、フェラーリやAMGなどの超高性能車にも多数、純正採用されています。日本でも大人気...

更新日:2017/01/19    
カーデザイナー和田智氏がデザインした車5選

カーデザイナー和田智氏がデザインした車5選

カーデザイナー兼プロダクトデザイナーである和田智氏を知っていますか?現在は独立をしてSWdesignを主宰する和田氏は、1983年に日産自動車に入社し、98年にはドイツの...

更新日:2017/01/19    
日産の名車「ブルーバード」の歴史を辿る!

日産の名車「ブルーバード」の歴史を辿る!

日産 ブルーバードといえば、文字通り「一時代を築いた」モデルです。1959年から2001年まで販売され、その後は、サニーをベースに開発されたブルーバード シルフィへと移行...

更新日:2017/01/19    
どれが買い?日産 ジュークをグレード毎に比較!

どれが買い?日産 ジュークをグレード毎に比較!

ジュークのグレード構成は多くのニーズにこたえられるよう、170万円台のメーカーオプション最廉価モデルから、NISMOモデルの340万円半ばまで豊富なラインナップとなってい...

更新日:2017/01/19    
昔はなぜハンドルを替えたのか?今、替えなくなった理由とは?

昔はなぜハンドルを替えたのか?今、替えなくなった理由とは?

純正装着のステアリングホイールを社外品に交換する…。以前は手軽に行なえるカスタマイズでしたがここ最近あまり見かけなくなりました。その理由とはどこにあって、それでも交換する...

更新日:2017/01/20    
自分の車がWi-Fiスポットに?!audi connectとは?

自分の車がWi-Fiスポットに?!audi connectとは?

車の性能は、その時々のトレンドを大きく反映されながら進化を続けています。たとえば最近、テープやMDが聴けるカーオーディオってまず見ませんよね。それらに取って代わるように現...

更新日:2017/01/19    
日産エルグランド…独自のラグジュアリー装備に迫る!

日産エルグランド…独自のラグジュアリー装備に迫る!

車として独自の進化を続けるミニバン。その居住性や快適性はスポーツカー等とは違った魅力があります。しかも、装備は至れり尽くせり、まるでラウンジで寛いでいるような感覚に陥るこ...

更新日:2017/01/19    
【東京オートサロン 2017】スズキからコンパクトカーの可能性の提案

【東京オートサロン 2017】スズキからコンパクトカーの可能性の提案

コンパクトカー界の重鎮スズキ、今年はどんな手で市場を賑わせてくれるのでしょうか?

更新日:2017/01/18