スズキ スペーシアカスタムの欠点(デメリット)は?

スペーシアカスタムはスズキが誇る人気の軽ハイトワゴンです。軽自動車でありながら、広大な室内空間と充実の安全機能を両立させ、幅広い層から支持されています。そんなスペーシアカスタムは、魅力的な長所があれば改良を願う欠点も持ち合わせています。今回は、スペーシアカスタムの欠点についてご紹介していきます。

文・PBKK

Chapter
スズキ スペーシアカスタムは燃費が悪い?
後部座席(リアシート)の乗り心地は?
価格が高い?

スズキ スペーシアカスタムは燃費が悪い?

スペーシアカスタム

スペーシアカスタムのそれぞれのグレードの燃費は以下の通りです。

JC08モード燃費(走行燃料消費率)
HYBRID GS:2WD=28.2km/L / 4WD= 26.4km/L
HYBRID XS:2WD=28.2km/L / 4WD= 26.4km/L
HYBRID XSターボ:2WD=25.6km/L / 4WD=24.0km/L

スペーシアカスタムの先代モデルは最高燃費が32.0km/L(JC08モード燃費)ありました。それと比べて現行モデルは乗り心地の良さや車体の軽量化に伴い、燃費が下回ったと言われています。しかしライバル車のホンダ N-BOXは1番燃費が良いものでも27km/Lなので、スペーシアカスタムは軽自動車の中ではダントツに燃費の良さが評価されています。

後部座席(リアシート)の乗り心地は?

スペーシアカスタム

スペーシアカスタムの欠点として、後頭部座席の乗り心地の悪さが挙げられています。ライバル車であるN-BOXと比べて、後席は若干硬めの仕上がりになっており、シートと一体型のヘッドレストです。前席のヘッドレストは調節可能ですが、後席はベンチシートのタイプとなっているため、乗車時の揺れが懸念されています。

さらに「突き上げが気になる」というユーザーからの声も挙がっています。スペーシアカスタムは、マイルドハイブリッドによる静粛性の高い走りで高評価を獲得していますが、それが裏目に出てしまい、突き上げが目立つと考えられています。

また軽ハイトワゴンであるスペーシアカスタムは、ゆとりのある広い室内を確保するために車高が高く設定されています。そのため、風が強い日に横風を受けたり、高速道路などの加速する場面で車体にふらつきが生じる場合があります。

これはスペーシアカスタムのみならずハイトワゴンには付き物の欠点なので、あまりにもふらつきや揺れが心配な場合はハイトワゴン以外のクルマを選択するのがおすすめです。

次ページ
価格が高い?