クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By

カスカミ サスペンション・足回り

TEINから新車高調MONO RACINGデビュー!シビックTYPE R 、86でテスト

TEINから新車高調MONO RACINGデビュー!シビックTYPE R 、86...

TEINの2019年発売のニューモデル、MONO RACING(モノレーシング)が発表されました。これまでTEINのスポーツ系車高調は、モノスポーツ(MS)とスーパーレー...

更新日:2018/12/03    
ストリート用の車高調をレーシングドライバー藤波清斗がインプレッション。TEIN FLEX Aはプリウスの走りを変えるか?

ストリート用の車高調をレーシングドライバー藤波清斗がインプレッション。TEIN ...

クルマの走りを良くしてクルマを操ることをもっと楽しめれば、マイカーライフももっと充実するはず。その第一歩となるのがスポーツサスペンションへの交換です。車高が調整できるスト...

更新日:2018/10/26    
新製品を作ることよりも車種適合の拡大にポリシーをもつブレーキパーツメーカーDIXCELとは?

新製品を作ることよりも車種適合の拡大にポリシーをもつブレーキパーツメーカーDIX...

毎年たくさんの新型車がリリースされ、市場に投下される自動車マーケット。その動向を追いながら新製品開発に勤しむのがアフターパーツメーカーであります。新車種に対し、新製品を...

更新日:2018/10/10    
トール系・スーパーハイト系ワゴンの軽自動車はブレーキダストが難点?原因と解決方法とは?

トール系・スーパーハイト系ワゴンの軽自動車はブレーキダストが難点?原因と解決方法...

最近の軽自動車は、トール系・スーパーハイト系ワゴンが主流。しかし、その重量と引き換えに、ブレーキダストが多いことはご存知でしたか?もはや輸入車だけでないブレーキダスト問題...

更新日:2018/10/10    
旧車のパーツ供給がなくなっている今、ブレーキはどうする?旧車ブレーキの駆け込み寺とは?

旧車のパーツ供給がなくなっている今、ブレーキはどうする?旧車ブレーキの駆け込み寺...

年式の古いクラシックモデルに乗っている人共通の悩み、それはパーツの供給状況ではないでしょうか?内外装のパーツなどはネットオークションなどで程度の良い中古パーツなどを探すこ...

更新日:2018/08/30    
ハイエースの乗り心地を根底から改善するカスタム TRDが作る新しいチューニングの形 試乗会レポート

ハイエースの乗り心地を根底から改善するカスタム TRDが作る新しいチューニングの...

荷物を運ぶためのクルマとしてはもちろん、キャンピングカーのベースとしても大人気のハイエース。ミニバンでは真似のできない圧倒的な積載量と使い勝手の良さは大きな魅力である反面...

更新日:2018/08/03    
ブレーキダストまみれの輸入車を原因から根こそぎ改善! これで心置きなくちょい古ベンツが買える!?

ブレーキダストまみれの輸入車を原因から根こそぎ改善! これで心置きなくちょい古ベ...

クルマ好きの人からしてみれば、一度は所有してみたい! と思っている人も少なくないであろう、ドイツ製の高級車。さすがに新車では無理だとしても、型落ちだったら、同クラスの国産...

更新日:2018/08/02    
話題の新型ハイラックスにAXCR(アジアクロスカントリーラリー)で培った技術を注いだJAOSのカスタムパーツ

話題の新型ハイラックスにAXCR(アジアクロスカントリーラリー)で培った技術を注...

トヨタのピックアップトラックとして長年人気を集め続けていたハイラックス。残念ながら日本国内での販売は2004年の6代目の終了をもって途切れてしまっていましたが、海外では生...

更新日:2018/04/10    
30アルヴェルの乗り心地を追求したHKS新型車高調HIPERMAX S-style Lをインプレッション

30アルヴェルの乗り心地を追求したHKS新型車高調HIPERMAX S-styl...

アルファード/ヴェルファイアと言えば、日本における高級車という概念を変え、クラウンなどのビッグセダンから王冠を奪い去る勢いで増殖している新しいジャンルのハイエンドサルーン...

更新日:2018/04/05    
車高調の減衰調整機能を宝の持ち腐れにしない?TEINのEDFCシステムなら車内から制御ができる?

車高調の減衰調整機能を宝の持ち腐れにしない?TEINのEDFCシステムなら車内か...

多くの社外ショックアブソーバーに備わっている減衰力調整機能。走行するシーンに応じて減衰力を調整できるので、サーキット走行を楽しむユーザーはもちろんのこと、ミニバンなどファ...

更新日:2018/03/28    
HKSの車高調ハイパーマックス Sスタイル Lがリニューアル こだわりの進化とは?

HKSの車高調ハイパーマックス Sスタイル Lがリニューアル こだわりの進化とは...

HKSと言えばスポーツカーを中心にハードチューンを好むユーザーに支持されているチューニングパーツブランド、というイメージがあるかもしれません。しかし、今では軽自動車やミニ...

更新日:2018/03/20    
話題のZC33スイフトスポーツ TEINの車高調とEDFCで走りは変化するのか?斎藤聡がインプレッション

話題のZC33スイフトスポーツ TEINの車高調とEDFCで走りは変化するのか?...

2018年2月現在、オーダーから納車まで半年待ちもザラになってきたZC33型スズキスイフトスポーツ。このモデルには走りを重視するユーザーには大注目株であります。各社から続...

更新日:2018/03/13    
TEINの車高調と自動減衰調整機能EDFCを装備した30ヴェルファイアを斎藤聡が徹底解説

TEINの車高調と自動減衰調整機能EDFCを装備した30ヴェルファイアを斎藤聡が...

車高を低くしてカッコよくしたい。車高が低くなれば乗り心地は多少悪くなっても仕方ない。ひと昔前、ローダウンサスペンションはそんな感じでした。いま最前線のローダウンサスペンシ...

更新日:2018/03/07    
オフ系パーツメーカーJAOSがこだわるSUVのリフトアップとは?

オフ系パーツメーカーJAOSがこだわるSUVのリフトアップとは?

SUVの魅力と言えば、やはりその高い走破性でシーンを選ばず走行が可能というところでしょう。そして、スポーツカーのユーザーがコーナリング性能を高めるために車高を下げるのと同...

更新日:2018/03/07    
欧州車に限らず国産車も急増! ブレーキダストの原因と対策

欧州車に限らず国産車も急増! ブレーキダストの原因と対策

洗車してもすぐにホイールを汚すブレーキダスト。欧州車に顕著なこの症状が、最近は国産車にも増えてきました。それにしても、あのやっかいなブレーキダストは、なぜ発生するのか。そ...

更新日:2018/02/27    
発生理由はたいていコレ! ブレーキの鳴き・異音の3大原因と対処法

発生理由はたいていコレ! ブレーキの鳴き・異音の3大原因と対処法

ブレーキの鳴きや異音は、不快なだけではなく、安全面でも気にすべき症状です。ここで紹介するのは、鳴きや異音の代表的な原因とその対処法。異変を感じたらまずはこれらを疑うことが...

更新日:2018/01/25    
【東京オートサロン2018】赤・白・黒を基調としたスポーティーな雰囲気のCUSCOブース

【東京オートサロン2018】赤・白・黒を基調としたスポーティーな雰囲気のCUSC...

今回のオートサロンに置いて、CUSCO(クスコ)はトヨタ 86をベースとしたCUSCO SPORT 86とスイフトスポーツベースのCUSCO Swift Sportの二台...

更新日:2018/01/18    
【東京オートサロン2018】MTのドライブをより楽しくするエクセディの強化クラッチ

【東京オートサロン2018】MTのドライブをより楽しくするエクセディの強化クラッ...

強化クラッチといえば、ハイパワーコンプリートカーの定番アイテムですが、エクセディの強化クラッチはノーマル状態でも装着したい逸品です。東京オートサロン2018のエクセディブ...

更新日:2018/01/17    
【東京オートサロン2018】プロジェクト・ミューブース、ブレーキ製品を豊富に展示

【東京オートサロン2018】プロジェクト・ミューブース、ブレーキ製品を豊富に展示

埼玉県入間市に本拠を構える総合ブレーキメーカー、株式会社プロジェクト・ミューが東京オートサロン2018に出展していました。

更新日:2018/01/15    
【東京オートサロン2018】旧車から新車まで、幅広く対応するディクセルのブレーキパーツ

【東京オートサロン2018】旧車から新車まで、幅広く対応するディクセルのブレーキ...

旧車から新車、ミニバンからスポーツカーまで、幅広くブレーキパーツをリリースするディクセルのブースでは、TA22セリカ1600GTとACシュニッツァー ACL2を展示。年式...

更新日:2018/01/15    
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives