実際の自動車保険加入者3名に聞いた!AIG損保の口コミ(評価・評判)まとめ!【CFP®認定者のコメントあり】

AIG損保の口コミ(評価・評判)まとめ インタビュー写真

実際に加入してみないと各社の補償内容やサービスがわかりづらい自動車保険。CarMe自動車保険では、CFP®認定者の藤 孝憲(とう たかのり)氏によるAIG損保の商品解説と実際に加入している方を対象に、アンケート調査を実施し口コミ・評判を集めました。保険のプロの意見も交えながら、実際の加入者による事故対応や顧客対応における本当の評価をお届けします。AIG損保への加入を検討している方はぜひ、参考にしてみてください!

文・日本FP協会所属のファイナンシャルプランナー 藤 孝憲(とう たかのり)氏
写真・CarMe編集部

Chapter
日本FP協会所属のファイナンシャルプランナー 藤 孝憲(とう たかのり)氏によるAIG損保の評価・コメント
60代 女性のAIG損保についての口コミ
40代 女性のAIG損保についての口コミ
50代 男性のAIG損保についての口コミ

日本FP協会所属のファイナンシャルプランナー 藤 孝憲(とう たかのり)氏によるAIG損保の評価・コメント

AIG損害保険株式会社は、AIGグループの保険会社です。

店舗型の保険会社であるため、インターネット割引はありませんが、自動車保険の加入が初めての方や補償内容を詳しく説明してほしい方は、直接説明を受けると理解しやすいかもしれません。また事故に遭ったときに、面識のある担当者であれば安心でしょう。

AIG損保の家庭用総合自動車保険AAP)は、個々のリスクに合わせたリスク細分型保険です。必要性の高い補償を中心に選び、最低限度の補償内容とすることで保険料をおさえることができます。自動付加される人身傷害保険は、自転車やエレベーター、駅の構内の事故により死傷した場合に保険金が支払われます。そのほか、付加できる特約は一通りそろっており、地震などによる損害を補償する「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」や所定の要介護状態になった場合に補償する「介護費用特約」などがあります。特定の補償と特約をまとめたパッケージ商品もあり、パッケージ商品によっては事故時に担当スタッフが訪問してくれる「事故時自宅訪問」や「日弁連弁護士紹介」サービスなどを利用できます。

保険料は年齢や運転免許証の色、自動車の使用目的などによって設定される一般的な体系となっています。また長期優良契約や複数台契約などで割引を受けることができますダイレクト型と比べると、ネット割引がなく、保険料の割安感は得られない可能性はありますが、補償内容と保険料とのバランスを確認した上で加入するといいでしょう。

※補償内容等は、2020年8月現在のものです。
※対人賠償責任保険、対物賠償責任保険、人身傷害保険、搭乗者傷害保険、車両保険、自損事故保険、無保険車傷害保険を基本7補償としています。
※保険会社によって補償内容が異なりますので、詳細は各保険会社にお問い合わせください。

60代 女性のAIG損保についての口コミ

福岡県/スズキ・アルト/保険料3万円/年間走行距離3万km以下/既婚・配偶者あり

■ 保険料について

【良い点】
保険の契約が会社の団体扱いなので保険料が割り安で助かっています。保険料の支払いも振り込みに行かなくても口座引き落としなので便利です。また、無事故だと毎年、等級が良くなり保険料も少しずつ安くなるので楽しみです。

【気になる点】
現在、車両保険に入っていないので車庫などにぶつけない様に気をつけています。保険料が高くなっても車両保険に入った方が良いのか分かりません。また、弁護士の交渉も不可していない保険なので、このままの保証内容で良いのか更新時に迷っています

■ 補償内容について

【良い点】
現在は、誰が運転していても補償の対象なので、車を人に貸してあげる時に安心感があります。人に対する保険は無制限にして、そのほかの補償内容は保険会社の担当の方と相談して決めたので、まあまあ充実した補償内容と思っています。

【気になる点】
事故になり相手の方ともめたときに自分一人では対応が難しいと思います。その場合は保険会社の担当者が対応してくださるのか確認していないので不安です。やはり弁護士対応の補償も追加した方が良いのか教えて欲しいです。

■ 顧客対応について

【良い点】
昔、事故にあったときに親切に対応して頂いたことがあるので現在の保険会社で満足しています。事故時の連絡にもすぐに対応して頂き安心感がありました。細かいことですが、電話もフリーダイヤルなので電話料を気にせずに話ができました。

【気になる点】
契約書の説明の冊子が送られてきて、読んでもなかなか理解が難しいときがあります。冊子もページ数が多くて大変です。分からないことは担当者の方に聞きたいのですが、細かく聞きすぎるのも申し訳ないのでそのままにしています。

■ 事故対応について

【良い点】
以前、事故を起こしたときに連絡するとすぐに対応して頂きとても安心感を得ました。相手方へも交渉頂き、途中経過も教えて下さり助かりました。修理工場への支払いも迅速で直接、修理工場へ振り込んで頂き便利でした。

【気になる点】
相手方の保険会社と交渉して頂くのは助かるのですが、割り込まれてぶつかった時など感情的には自分に非はないと感じますが、必ず何対何となり、おまけに保険料が翌年から高くなるのは納得できないように感じられます。

40代 女性のAIG損保についての口コミ

福岡県/TOYOTA・ヴォクシー/保険料7万5千円/年間走行距離1万km~1万5千km以下/既婚・配偶者あり・子2人

■ 保険料について

【良い点】
もしもの時の備えとして安心を買っている。自転車等の保険も一緒についていて、高くはない料金で家族全員に適応される点は有難いと思っている。無事故無違反の場合かなり割引が効いているようなので、その点は事故や違反に気を付ける要因になるのでいい制度だと思う。

【気になる点】
保険料を他社と比較したことがないので分からないが、いざ事故を起こしても、次回の保険料の上り幅等から保険を使わないことをすすめられるので高すぎる気がする。無事故無違反の場合の返金制度があってもいいかと思う。

■ 補償内容について

【良い点】
必要な補償内容を考えてつけているので、変更がない限りは素晴らしい補償がついていると思う。個人や車に合わせて割引も利いている点はありがたい。年に一度の更新の時期には、細かく説明を受けたり、連絡がこまめにあったりして、担当の人の対応は素晴らしい

【気になる点】
特にはないが、補償内容や名称を何度聞いても理解できないような難しさがあり、何を補償されているかいまいちわからない。毎年更新時期に説明を受けているが、個人的に必要な補償をつけているはずなので、変更がない限りは説明は要らない。

■ 顧客対応について

【良い点】
年に一度の更新の時期などは、書面や電話連絡が来たり、細かな内容説明をしに家に来てくれたりと、担当の方の対応が良く親切だと思う。コールセンターの方も見ず知らずな人でも温かく対応してくれて、慌てたり不安だったりする中、ほっとする対応をしてくれる点が素晴らしい

【気になる点】
事故などの際に、少し弱きな感じで押し切られている点が気になる。結局色んな調査をしてきちんとした結果は出ているが、調査が入らなかったらどうなっているのだろうと、少し頼りなく思う事があった。長年更新を続けていていると、当たり前に更新するものと思われ少し雑な扱いをされている気がする。

■ 事故対応について

【良い点】
TVのCMでも流れているように事故に慣れている人はおらず、事故を起こし慌てたり不安な気持ちでいる中、コールセンターの方の安心を与える言葉や態度はとてもありがたいと思う。少し落ち着きを取り戻すことができた。相手方への対応もしてくれて、全部代わりにやってもらえる点は保険に入っているありがたみがある。

【気になる点】
事故現場に来てくれたのは有難いが、相手の保険会社が強い場合など、頼りない気がしたことがある。言い分の食い違いがあった時に、被保険者の話をよく聞き凛とした態度で臨んでほしいと思ったことがある。

50代 男性のAIG損保についての口コミ

岡山県/スズキ・xbee/保険料7万円/年間走行距離1万5千km以上/既婚・配偶者あり

■ 保険料について

【良い点】
代理店が修理工場でもあるので、事故対応が一連でお願いできためメリットは感じている。ただ保険料は、ダイレクト型の保険会社に比べると高いかもしれない。代理店が販売店でもあるので、車両の販売価格でメリットを感じている。

■ 事故対応について

【良い点】
以前から販売店の紹介で加入していた富士火災が、会社の合併のため社名が変わったに過ぎない。特に良いも悪いもない状態だが、販売店が修理工場でもあるので事故対応が一連でお願いできるのでメリットは感じている。

一覧に戻る

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大7社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査