ヴェゼル、3年連続SUVベストセラーに!その人気の秘密は何か?

ホンダ ヴェゼル

デビュー当初から高い人気を持っているホンダ ヴェゼル。最近は2016年末に登場したトヨタ C-HRに押されつつありますが、依然として安定した売上を保っているのも事実です。SUVカテゴリーでは3年連続で販売台数1位を獲得しており、その人気も確かなものとなっています。ヴェゼルはなぜ、ここまで人気を得ることができたのでしょうか?

ヴェゼルの人気の秘密③

クラストップレベルの利便性

C-HRが登場してから、国内のSUV販売はヴェゼルとの一騎打ちとなっています。登場したばかりで販売力の高いC-HRですが、デザイン優先のスタイリングとなっているため、後部座席が狭い、荷室が狭い、などという声も聞こえてきます。

しかし、同じようなスタイリングを持つヴェゼルはこのような欠点を指摘されることはほとんどありません。

まず、センタータンクレイアウトを採用しているため、後部座席下にはガソリンタンクはありません。そのため多彩なシートアレンジが可能となっています。

また、ルーフが下がっているにも関わらず、頭上スペース閉塞感はなく膝周りもスペースな空間を確保。さらに荷室容量は393Lとライバルを大幅に上回っており、デザインと実用性の絶妙なラインを保っているのです。


ヴェゼルは3年連続SUVベストセラーという快挙を成し遂げていますが、2017年は競合を抑えて販売首位を狙うことができるのでしょうか?

今後の展開も非常に気になるところですね。