日産 キックスをライバル「ホンダ ヴェゼル」と比較【プロ徹底解説】

日産 キックス

販売が好調な国産コンパクトSUVの中で、駆動方式が2WDのみという選択肢の少なさが懸念されていた日産 キックス。

今回の一部改良で待望の4WD車の追加によって躍進が期待されます。

その激化する国産コンパクトSUVのカテゴリーでキックスのライバルをピックアップしてみました。

文/写真・萩原 文博

Chapter
ライバル「ホンダ ヴェゼル」とは?
日産 キックスとホンダ ヴェゼルを比較してキックスが良い点は?
日産 キックスとホンダ ヴェゼルを比較してヴェゼルが良い点は?

ライバル「ホンダ ヴェゼル」とは?

日産キックスのライバルとしてピックアップしたのは、ホンダヴェゼルです。

まず、ボディサイズですが、キックスは全長4,290mm×全幅1,760mm×全高1,605mm。対してヴェゼルは全長4,330mm×全幅1,790mm×全高1,580mm(一部グレードは1,590mm)となっている。全長は+40mm、全幅は+30mm、全高は−25mmとヴェゼルのほうが全長と全幅が大きく、ワイド&ローのフォルムとなっています。

そのボディサイズの差は、室内の広さにも表れています。キックスの室内長1,920mm×室内幅1,420mm×室内高1,250mmとなっています。対して、ヴェゼルは室内長2,010mm×室内幅1,445mm×室内高1,225mmで、室内の長さと幅はヴェゼルが有利で、室内の高さはキックスが優れています。

車両本体価格は、キックスはX2WDの279万8400円~X FOURスタイルエディションの328万1300円です。対してヴェゼルは1.5G2WDの227万9200円~e:HEV PLaYの329万8900円となっています。

1.5Lガソリン車のあるヴェゼルのほうが最安値は安くなっていますが、ハイブリッド車のe:HEV X2WD車は265万8700円となるので価格差はグンと縮まります。

搭載しているパワートレインは、キックスはe-POWERの1種類

最高出力82ps、最大トルク103Nmを発生する1.2L直列3気筒DOHCエンジンで発電し、最高出力136ps、最大トルク280Nmを発生するモーターをその電力を使って走行させます。4WD車にはリアに最高出力68ps、最大トルク100Nmを発生するモーターを搭載することで、前後の駆動配分を最適化し高い走行性能を発揮します。

燃費性能はWLTCモードで19.2~23.0km/Lを実現しています。

一方のヴェゼルは最高出力118ps、最大トルク142Nmを発生する1.5L直列4気筒DOHCガソリンエンジン+CVT。そして最高出力106ps、最大トルク127Nmを発生する1.5L直4ガソリンエンジンと駆動、発電を行う2つのモーターとCVTを組み合わせたe:EHVと呼ばれるハイブリッドシステムの2種類

両パワートレインに2WDと4WDの駆動方式を用意し、燃費性能はWLTCモードで15.6~25.0km/Lを実現しています。

安全装備面では、キックスが高速道路などでの高度な運転支援を行うプロパイロットをはじめ、2台前を走る車両の車間や相対速度を検知し、危険と判断した場合には、表示とアラームで注意を促し、衝突などの危険な場面の回避をサポートするインテリジェントFCW(前方衝突予測警報)を全グレードで標準装備しています。

対して、ヴェゼルは衝突軽減ブレーキ(CMBS)をはじめ、11の機能がパッケージ化された「ホンダセンシング」を全車に標準装備。さらに、一部グレードには後側方の車両を検知するブラインドスポットインフォメーションやLEDアクティブコーナリングライト、後退出庫サポートなどが設定されています。

日産 キックスとホンダ ヴェゼルを比較してキックスが良い点は?

キックスとヴェセルを比較して、キックスの優れている点は、グレードによる装備差が小さいことです。パワートレインもe-POWERの1種類しかないですし、装備差もシートヒーターやステアリングヒーター。そしてインテリジェントアラウンドビューモニターなどがオプションとなっているだけで、どのグレードも装着可能です。

一方のヴェセルは、グレードによって設定されている装備差が大きくなっています。ステアリングヒーターはe:HEVのZとPLaYしか設定されていませんし、シートヒーターもe:HEVのXとガソリン車のX2WD車には設定もされていません。またパノラマルーフはPLaYしか設定しないため、オーダーが集中し受注停止となっています。

キックスに比べて、ヴェゼルはグレードによる装備差が大きくて選択肢が思ったほど広くないと言えます。そして、もう一つキックスが優れているのは4WD車の走行性能が高いことです。

重量は重くなりますが、リアに高出力モーターを搭載することで、前後の駆動力配分を最適化することが可能。コーナリング時や悪路走行時に前後の駆動力を最適に配分することができ、コンパクトSUVの中ではトップレベルの走行性能を実現しています。

日産 キックスとホンダ ヴェゼルを比較してヴェゼルが良い点は?

キックスに対してヴェゼルが優れている点は、まず1.5Lガソリン車を設定していることが挙げられます。ガソリン車ならば、200万円前半から購入でき、2WD車だけでなく4WD車も用意されているので、降雪地のユーザーにとっても嬉しいことです。

また、室内空間の広さそして多彩なシートバリエーションはヴェゼルのセールスポイントです。リアシートの座面の跳ね上げはヴェゼルしかできませんし、これによって背の高いモノも積載することが可能です。

そして、スマートキーを持っていれば、開け閉めをハンズフリーで行えるハンズフリーアクセルパワーテールゲートを採用しており、利便性の高さが特徴です。

キックスはこれまで2WD車のみだったので、降雪地のユーザーの選択肢に入らなかったですが、一部改良で4WD車が追加されたことにより降雪地ユーザーだけなく、アクティブなユーザーにも魅力のある存在になったのは間違いありません。

ライバルに挙げたヴェゼルやヤリスクロスなどライバルが多いですが、今後、販売台数が上昇するのは間違いないでしょう。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博