スタイリッシュSUVの群雄割拠…「ヴェゼル」にすべきか「C-HR」か

ホンダ ヴェゼル

SUVというカテゴリが昨今人気なのは知っているが、今一つデザインが野暮ったいというか、グッとくるものがなかったというのが私の意見。しかしちょっと、これは欲しい…と思わせるSUVが登場してきた。それがホンダの「ヴェゼル」であり、トヨタのニューモデル「C-HR」だ。

Chapter
より洗練されてきたコンパクトSUV市場
ヴェゼルにするか…
それとも話題のC-HRにするか…

より洗練されてきたコンパクトSUV市場

乗り換えにあたり、コンパクトSUVを真剣に考えている。これまで乗っていた車は5ドアハッチバック。ご存じのように使い勝手は非常に良いため、これに慣れるとセダンには少々戻りづらい。今回なぜSUVを考えているかといえば、冒頭述べたように「デザイン性」が確立されてきたからだ。

ホンダ ヴェゼル、マツダ CX-3、日産 ジューク、そして最後発のトヨタ C-HR。どれも同じ「コンパクトSUV」カテゴリながら、独特の個性を放っている。

私のSUVに対する印象が大きく変わったのはトヨタのハリアーからだったが、正直私の住んでる地域は細い路地が多くて、あそこまで大きいのは必要ない。もう少しコンパクトである必然があった。しかし小型のSUVはといえば、あまりピンと来なかったのも事実。

しかしようやく、私の感性に訴えるモデルが現れた。ホンダ ヴェゼルとトヨタ C-HRだ。もちろん使い勝手の良さが魅力ではあるが、どちらもクーペに改変しても成立するデザイン性をもっている。

正直いって、クルマ選びは「デザインありき」といっても差支えないと私は思っている。というのも、いまだに「いすゞ117クーペ」が高い人気を誇るヒストリックカーであり続けるのは、その素晴らしいデザインあるからこそだろう。走行性能は置いておいても、だ。

ヴェゼルにするか…

ヴェゼルとC-HRのラインナップは似て非なるもの。ハイブリッド仕様とガソリン仕様が用意されている点は同じだが、ハイブリッドでAWD仕様があるのは実はヴェゼルのみ。

排気量は1.5Lにモーターを組み合わせたもので、システム出力は152馬力。排気量を考えたら素晴らしいスペックなのと、ミッションが7速DCTというのが魅力。かなりスポーティに走れるハイブリッドなんじゃないだろうか。燃費はJC08モードで27km/Lと、SUVとしては望外の数字。

ガソリン仕様もあるけど、燃費や走りを考える文句なしにハイブリッドをチョイスすべきかもしれない。

<次のページに続く>
次ページ
それとも話題のC-HRにするか…