C-HR、ヴェゼル、エクリプス…それぞれを比べてみました!

いつの間にか激戦区となっているコンパクトSUV市場。三菱のエクリプス クロスがジュネーブモーターショー2017で発表され、さらに熱い展開となりそうです。そこで今回は新型のエクリプス クロスを含め、人気となっているトヨタC-HR、ホンダ ヴェゼルを比較してみたいと思います。

Chapter
ボディサイズ比較!取り回しがしやすいモデルはどれ?
居住性と使い勝手は?
エンジンスペック比較

ボディサイズ比較!取り回しがしやすいモデルはどれ?

各々のボディサイズは下記のようになっています。

全長×全幅×全高
C-HR  4,360mm × 1,795mm × 1,550mm
ヴェゼル 4,295mm × 1,770mm × 1,605mm
エクリプスクロス 4,405mm× 1,805mm× 1,685mm

3台ともクーペを意識して傾斜したルーフラインが、デザイン上の大きなアクセントとなっています。それゆえに、いずれもSUVでありながら軽快な印象となっています。

ボディサイズを比較してみるとC-HRとヴェゼルに比べ、エクリプス クロスはひと回り大きくなります。気になるのは、1.8m超えの全幅でしょうか。道幅の狭い箇所ではやや気を使うシーンも多いかもしれません。

しかし、ボディの大きさから居住性や、クルージング時の安定性は高いものと予想できます。運転席の見晴らしの良さも3車種でもトップクラスとなりそうです。

次ページ
居住性と使い勝手は?