C-HR、ヴェゼル、エクリプス…それぞれを比べてみました!

ホンダ ヴェゼル

いつの間にか激戦区となっているコンパクトSUV市場。三菱のエクリプス クロスがジュネーブモーターショー2017で発表され、さらに熱い展開となりそうです。そこで今回は新型のエクリプス クロスを含め、人気となっているトヨタC-HR、ホンダ ヴェゼルを比較してみたいと思います。

Chapter
ボディサイズ比較!取り回しがしやすいモデルはどれ?
居住性と使い勝手は?
エンジンスペック比較

ボディサイズ比較!取り回しがしやすいモデルはどれ?

各々のボディサイズは下記のようになっています。

全長×全幅×全高
C-HR  4,360mm × 1,795mm × 1,550mm
ヴェゼル 4,295mm × 1,770mm × 1,605mm
エクリプスクロス 4,405mm× 1,805mm× 1,685mm

3台ともクーペを意識して傾斜したルーフラインが、デザイン上の大きなアクセントとなっています。それゆえに、いずれもSUVでありながら軽快な印象となっています。

ボディサイズを比較してみるとC-HRとヴェゼルに比べ、エクリプス クロスはひと回り大きくなります。気になるのは、1.8m超えの全幅でしょうか。道幅の狭い箇所ではやや気を使うシーンも多いかもしれません。

しかし、ボディの大きさから居住性や、クルージング時の安定性は高いものと予想できます。運転席の見晴らしの良さも3車種でもトップクラスとなりそうです。

居住性と使い勝手は?

SUVといえば、コンパクトなモデルであっても、ある程度の居住性と使い勝手を重視される方は多いのではないでしょうか?

その点、今回の3台はクーペスタイルのSUVなので、後席に人を乗せる機会が多いユーザーは、購入前によく比較したほうが良さそうです。

CH-Rは車体後方がかなり絞り込まれており、サイドウィンドウの狭さも相まって人によっては、閉塞感を感じるかもしれません。ただし、リアシートの居住性に関してはまずまず。膝まわりも特別狭いということはないので、ある程度のロングドライブも可能です。

室内の空間作りに関しては、ヴェゼルが一歩抜き出ています。後部座席の膝まわりスペースや、トランク容量はクラストップレベル。もしかすると使い勝手の良さは、3台でもっとも良いのかもしれません。このサイズとデザインでありながら、よく考えられた空間を実現しています。

エクリプス クロスも後ろ下がりなルーフを採用したデザインですが、全高が高く、全長も長いので、室内の狭さを心配する必要はなさそうです。アウトドアや積載の多くなるキャンプなどでも活躍してくれそうです。

<次のページに続く>
次ページ
エンジンスペック比較