あなたはどっち派?500万円で新車購入 or 500万円で上位グレードの型落ち中古車購入

クルマ選びの楽しさの要素として、限られた予算で選ぶという点があります。予算内でどの車種を選ぶか、また新車か中古車か…。そんなことを考えるのも幸せな時間ですよね。今回は、予算500万円でのクルマ選びを考えてみました。

Chapter
予算500万円で選べる新車
予算500万円での中古車選び
新車・中古車のそれぞれのメリット・デメリットは?

予算500万円で選べる新車

レクサス NX 200t

予算500万円。新車でも、それなりのブランドのクルマを買うことができます。

・メルセデス・ベンツCクラス…436万円~
・BMW3シリーズ…409万円~
・アウディA4…447万円~
・ジャガーXE…439万円~
・レクサスIS…470万円~
・レクサスNX…428万円~

このように高級ブランドの新車をターゲットにすることができます。実際、こんなクルマ選びをしたいところ…。しかし、これらモデルはエントリーグレードで、さらに上位グレードが欲しいとなれば、500万円では少々予算オーバーになっていくわけです。

では、中古車であれば、予算500万円でもよりハイグレードなクルマ選びができるのではないでしょうか?


予算500万円での中古車選び

AMG C 63

新車であれば、ボディカラーや装備など自分好みのものを手に入れることができますが、中古車はそうした自由はありません。そして1台とて同じ条件のクルマはない、といえます。しかしちょっとだけ妥協をすれば、同じ車種でも新車よりグッと安く求めることが可能。つまり、同じ予算でも数グレード上のモデルが入手できるというわけです。

例を挙げると、
・メルセデスAMG C63(2011年式 4万キロ)…500万円
・BMW M3(2010年式MDriveパッケージ 3万キロ)…469万円
・アウディRS5(2011年式 10万キロ)…338万円
・ポルシェカイエンS(2013年式 5.6万キロ)…478万円
・レクサス LS460 Fスポーツ(2012年式 8.5万キロ)…498万円

中古車サイトをちょっとチェックしてみても、このようにハイスペックの上位グレードが500万円でもターゲットにすることができます。

中古車のデメリットは自分の望むとおりのグレードが手に入るとは限らないこと。しかし発想を転換すれば、車両価格を抑えて、残った予算をカスタマイズあるいはドレスアップに回して自分好みに仕上げる、というということもできます。

新車・中古車のそれぞれのメリット・デメリットは?

新車であれば、そのクルマのコンディションは最高の状態。もちろんそれなりの対価を払ったからこそです。また煙草を吸わない方にとっては、まごうことなく禁煙車となっており、これもメリットですね。

しかし、走りだすほどにそれは中古となり、資産価値は下がっていきます。とはいえ安心して乗り出せる最高の条件であるのが「新車」のメリット。

一方中古車のメリットは、安価で良いグレードのモデルを購入できるということ。根気があれば生産中止のレアなモデルを探したり、旧車といったチョイスも可能です。

ただし1台として同じコンディションのクルマはありません。値段が安いからといっても、修復歴があったり、購入後に予期せぬトラブルや修理で散財、なんてことも…。

中古車を購入する場合は、信頼できる販売店で購入するのは言うまでもありません。それと、前述したような欧州車などの車種であれば、これらに強いショップで主治医を見つけるのも維持する上で重要です。

オーナーズクラブへの参加やSNSなど、そうした情報が手に入りやすい時代。ぜひ素敵なカーライフを楽しんでください。