1990年代を代表するクロカンSUV5選

1997年に登場したトヨタ「ハリアー」によってクロスオーバーSUVというジャンルが確立され、2002年のポルシェ「カイエン」をきっかけに世の中はSUVブームへ。しかし、ハリアー登場以前の1980年代後半から1990年代中頃にかけて、日本ではクロスカントリー4WD(通称:クロカン四駆)の大ブームが巻き起こっていました。当時、多くの人が憧れ、手に入れたモデルの数々をご紹介していきましょう。

文・木谷宗義

Chapter
三菱 パジェロ
トヨタ ランドクルーザー80
トヨタ ハイラックスサーフ
日産 テラノ
いすゞ ビッグホーン

三菱 パジェロ

三菱 パジェロ ロスマンズ (1987)

クロカン四駆ブームの中でも代表格を言えるのが、三菱「パジェロ」でしょう。1

982年に初代モデルが登場すると、クロカン四駆ブームの火付け役に。1991年に登場した2代目でその人気はピークに達します。なんと、新車販売でトヨタ「カローラ」を抑えて月間トップになったこともあったのです。

レザーシートなどを備えた高級仕様の「スーパーエクシード」や、「Jトップ」と呼ばれるキャンバストップモデルなど、幅広いバリエーションを誇っていたのも特徴でした。

トヨタ ランドクルーザー80

トヨタ ランドクルーザー 80

当時、日本のクロカン四駆の中で大きなボディを持ち、憧れ度も高かったのがランドクルーザーの「80系」と呼ばれるモデルです。

現在の「200系」のルーツでもあるこのモデルは、デビューこそ1989年ですがパジェロなどとともに、1990年代のクロカンブームを支えた立役者でした。5mに迫る全長と1900mmを超える全幅を持つボディは、堂々としたもの。直列6気筒のエンジンは排気量も大きく、ディーゼルは4.2L、ガソリンは4.0L(マイナーチェンジで4.5L)でした。

トヨタ ハイラックスサーフ

トヨタ ハイラックスサーフ 初代

ピックアップトラックに端を発するワゴンとして登場した「ハイラックスサーフ」は、1989年に2世代目へとモデルチェンジ。

4ドアに加え4ドアボディがラインナップされたこともあり、一躍クロカンブームの主役のひとつへと躍り出ました。特徴は、7人乗りとなるパジェロやランドクルーザー80の弟分にあたる「ランドクルーザープラド」と比べると、少し全高が低くスタイリッシュであったこと。

パジェロやプラドがファミリー向きなら、サーフは若者向きといった位置づけでした。1995年には3代目にフルモデルチェンジ。

日産 テラノ

日産 テラノ

ハイラックスサーフと同じく、ピックアップトラックをルーツに持つ日産のクロカン四駆が「テラノ」です。

どこかアメリカンなムードを漂わせるのは、カリフォルニアにある北米日産のデザインスタジオ「NDI」によるデザインだから。1986年に登場した初代モデルは1995年まで生産され、2ドアに加えて4ドアが設定されたりワイドフェンダーモデルが追加されたりと進化。

2代目にバトンタッチしています。2代目には、「テラノレグラス」という上級仕様も登場し、こちらは北米で「インフィニティQX4」としても販売されました。

いすゞ ビッグホーン

いすゞ ビッグホーン 2代目

今でこそ乗用車市場から撤退してしまったいすゞが、最後まで日本で販売していた乗用車がクロカン四駆のビッグホーンです。

パジェロより少し早い1981年に初代モデルが登場し、1991年に2代目へとフルモデルチェンジ。2ドアと4ドアがあり、3.2LのV6ガソリンエンジンは、国産クロカン四駆で初の200馬力を達成。2ドアにはスポーツモデルの「イルムシャーRS」、4ドアには英国ロータスが足回りをチューニングした「ハンドリング・バイ・ロータス」を設定するなど、他社とは違うアプローチでファンを獲得しました。

今こうして振り返ってみると、同じジャンルに属しながらもそれぞれが強い個性を持っていたことがわかりますね。

ミニバンや軽自動車、コンパクトカーが主流となった今では考えられませんが、こうしたクロカン四駆が数多く走り回っていた1990年代という時代も、ユニークだったと言えるのではないでしょうか。