フロントグリルにスペアタイヤを載せるクルマ3選

スペアタイヤ搭載箇所は、通常、車のトランク下です。しかしクロカンSUVでは、床下に大きなスペアタイヤを装備すると最低地上高やアプローチ&デパーチャーアングルに対してマイナスの影響を及ぼすため、テールゲートにタイヤを背負っています。それなら、フロントにスペアタイヤを装備しても良さそうですよね。ここでは、そんな特異なモデルを3台紹介します。

Chapter
バモス ホンダ
ミゼットⅡ
キューベルワーゲン

バモス ホンダ

ホンダ バモス 初代

バモス ホンダは、ホンダが1970年から1973年まで販売していた軽自動車です。

当時のホンダといえば1967年にN360を発売。Nコロという愛称とともに大ヒットとなりました。その裏で、販売されていたトラックをベースに開発されたモデルがバモスです。

車を正面から見るとフロントグリル部分、左右ヘッドライトの間にスペアタイヤを搭載しています。また、バモスホンダは車でありながらドアが1枚もありません。走行中の乗員転落防止のために転落防止用のバーが、本来ドアがある個所に設けられました。

現代の目で見ると、そのスタイルはまさにレジャービークルですが、発売当初は警備、建設現場、農山林管理、屋外作業などを想定していました。

ミゼットⅡ

ダイハツ ミゼットⅡ (1996)

ミゼットⅡは1996年4月から2001年7月までダイハツが発売していた軽トラックです。映画『ALWAYS三丁目の夕日』に登場したことでも知られているミゼットの2代目です。

コンセプトは、初代ミゼット同様、商店などの小口配達用途で、当初は、1人乗り仕様のみのラインナップ。後に2人乗りモデルが追加されています。

フロントにスペアタイヤが搭載されているのは、長さ2.87m×幅1.3m×高さ1.65mというミニマムなボディを有効活用するため。結果、最小回転半径は3.6mという超小回りを実現しました。

水冷エンジンに必要なラジエターは、黒いバンパー部分に組み込まれるカタチでデザインされています。

次ページ
フォルクスワーゲンからあの一台!