あなたは大丈夫?マナーが悪い人の高速道路での行動

高速道路にもマナーがある

高速道路 軽自動車

当然ですが、高速道路にも交通マナーがあります。暗黙の了解と言っても過言ではないマナーを守らないと、場合によっては重大な事故につながってしまうかもしれません。

公共物であり大人数の人々が使用するため、皆がある程度のマナー・ルールを意識しないと、円滑な交通が成り立たなくなるでしょう。

そんな高速道路上でのマナーに関して、2017年にNEXCO中日本が実施したアンケートが公開されています。それによると、多くのドライバーが一部ドライバーによるマナー違反や、サービスエリアでの振る舞いなどに対して不満があるという結果が出ています。

アンケートで浮き彫りになるマナーの悪い人

サービスエリア SA

高速道路上でのマナー違反について、2017年1月から11月までの期間、NEXCO中日本のお客さまセンターやSA・PAのインフォメーションに寄せられた問い合わせの詳細について、発表されました。そのなかで、ユーザーが見たマナー違反についてランキング形式にて発表されています。

まず1位になったのは、SAやPAにおける駐車マナーです。小型車でありながら大型車専用スペースに駐車する、その反対もしかり。そして障がい者等用の駐車スペースでありながら一般車両が駐車している、などが報告されていました。

2位には道路路肩にゴミを捨てる人、3位にはSA・PA内を逆走する人、走行車線では危険を感じさせる速度で走行する人や危険な車線変更などが挙がられています。

日常生活でのマナーと同じ

サービスエリア SA

これら実際に他の利用者に迷惑をかける振る舞いは、察しの通り、私たちの日常生活で決められているマナーとなんら変わりありません。決められた場所に車を停める、ゴミはゴミ箱に捨てる、駐車場スペースの移動は地面の矢印に従って走る、危ない運転をしない(安全運転を心がける)など、基本的な事柄ばかりです。

しかし、SAやPAの駐車スペースに関しては、利用者が増加する時期の利用者数を想定して、駐車スペースを用意するなどといった解決がされる必要があります。

高速道路 合流車線

できる限り多くのドライバーやその同乗者、つまり高速道路の利用者全員が気持ちよく高速道路を利用できるようにもマナーを守ることが大切。これからの季節は、旅行や帰省で高速道路を利用する機会も増えると思います。高速道路を気持ちよく利用するために、皆でマナーを意識したいですね。

次ページ高速道路に関する記事はこちら

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives