「駐車」の検索結果(613件)

記事

SUVの新ジャンル!? "さりげなさ"が魅力なフォルクスワーゲン パサート オールトラック試乗記

先ごろ、このCarMeでもティグアンTDIとトゥーランTDIの試乗レポートを立て続けにお届けさせていただいたばかりなのだが、このところ新世代クリーンディーゼル「TDI」搭載車の日本導入を積極的に展開しているフォルクスワーゲンから、また一つ魅力的なTDIモデル「パサート オールトラ...

  
628

ひこうき雲を追いかけて vol.75 消去法のクルマ選び

くまで、この仕事を始めて今年で14年目になる私の感想ではあるが、最近のクルマやバイク(新車)は高くなり過ぎたというのが偽らざる実感だ。text:ahead編集長・若林葉子 [aheadアーカイブス vol.190 2018年9月号]

  
342

市街地で差が出る!? 運転が難しい車の特徴5つ

特定のクルマについて「運転が難しい」という表現を使うことがある。多くのケースでは、シビアな運転特性でスポーツ走行させるにはスキルが必要という意味合いで使われているという印象もあるが、本当に気にすべき「運転の難しさ」は違うところにあるのではないだろうか。ここでは、市街地走行で感じる...

  
38736

赤信号を避けて"コンビニワープ"!ショートカットの危険性とは?

「コンビニワープ」という造語をご存じだろうか。目の前の信号が赤、もしくは赤になりそうな時などに、信号を通らず、手前にあるコンビニなどの駐車場を通り抜けて右左折(主に左折)してしまう行為だ。「あおり運転」と同様に、直接取り締まる道交法違反(違反名)はないものの、事故の可能性が高くな...

  
1845

軽自動車とコンパクトカーの年間維持費ってどれくらい違うの?

小回りが利いて運転しやすく、維持費も抑えられるクルマといえば、「軽自動車」もしくは「コンパクトカー」が思い浮かびますよね。最近では、新車・中古車市場ともに高額な軽自動車も増えており、コンパクトカーのほうが安いなんてことも…。車両購入の際には、どちらが本当にお得なのか迷うところです...

  
4190

私の永遠の1台 VOL.28 トヨタ マークII(3代目)

高校卒業間際の1986年3月に免許をとってしばらくは、家にあった3代目トヨタ・マークⅡが「自分の」クルマだった。親が知人から譲り受けたものだった。'79年式の2ドアで、2ℓ直6エンジンを搭載していた。ボディ色はゴールドである。text:世良耕太 [aheadアーカイブス...

  
2095

【吉田由美のYou & Me】災害時に家にも人の心にも灯りをともす日産 リーフ

新型車が出るとわーっとメディアを賑わせますが、時間を追うごとにその情報は先細り。そんな中で、ちょこちょこ話題を提供してくれるのが日産 リーフです。文・吉田由美

  
2522

【鈴木ケンイチのダンガン一閃!】EVならではの走りと充実した運転支援—それがリーフの魅力だ

ここ数年、欧州の自動車業界の話題は、EV(電気自動車)に対するものが、驚くほど増えている。それもこれも、2015年に発覚したフォルクスワーゲンによるディーゼル不正による影響が大きい。文・鈴木ケンイチ

  
353

Letter From Mom 夫と子どもとクルマたち Vol.16 切ない覚悟

いつもはくだらない話ばかりしている男友達が、珍しく神妙な声で電話してきた。「オヤジがやっちゃったんだよ」と落ち込んでいる。聞けば彼の愛車を父親が運転して、ペダルの踏み間違い事故で廃車にしてしまったという。text:まるも亜希子 [aheadアーカイブス ...

  
119

重量税はどちらを見ればいいの?車両重量と車両総重量の違い

カタログだけでなく、車検証にも車両重量と車両総重量が併記されていて、違いは何か疑問に思ったことのある方もいるのではないだろうか。さらにフェラーリなどは乾燥重量をスペック表に記載している。レーシングカーには最低重量が規定されているほか、一般的ではないもののクルマを構成する要素として...

  
2177

1万円でも高く売りたいあなたへ…高く売るためのテク4選

愛車を手放す時には、何かと悩みが生まれるものです。1万円でも高く売りたい、でも面倒なのはイヤ…。中古車買い取りのことが分からない…。今回は愛車を売る場合に知っておきたいことを解説します。

  
799

新型ジムニー/ジムニーシエラはなぜこれほど人気なのか?ブームに乗って買っても大丈夫?

ジムニーは1年待ち、生産台数が少ない登録車のジムニーシエラに至っては2年ともいわれる納車待ちという噂も流れた。もちろん、最長でという但し書きがつくはずで、グレードやカラー、仕様によっては半年から1年待ちくらいで納車されるのではないだろうか。筆者も発売直後にディーラーを訪れたが、少...

  
10575

なぜ昔の車のヘッドライトは黄ばみと無縁だったのか?

まもなく平成も終わろうとしていますが、思えば昭和のクルマはヘッドライトが濁ってしまうことがなかったのに、なぜか平成以降のクルマでは10年以上乗っているとヘッドライトが黄ばんだり、傷だらけになったりしています。どうして、そのような違いが生まれてしまうのだろうか。文・山本晋也

  
5173

なんでもこいの万能車!ステーションワゴンまとめ(国産車編)

90年代に一大ブームとなったステーションワゴン。最近はミニバン人気に押されて、販売車種も少なくなってしまいましたが、セダンの走りに使い勝手の良い荷室を組み合わせたステーションワゴンは、旅行やアウトドアにもとても便利な万能車です。今回は、国産車のステーションワゴンをメーカー別にご紹...

  
6286

ダサいものなら欲しくない

モノとしての魅力があるとはこういうことか。そんなことをあらためて考えさせられた乗り物がある。「BiRO」だ。text:岡小百合 [aheadアーカイブス vol.188 2018年7月号]

  
240

EVオヤジの未来予想図 VOL.10 震災から生まれたEVの電力供給

5月17日。風薫るお台場を後に、EVスーパーセブンで東北巡礼の旅に出る。text:舘内 端 [aheadアーカイブス vol.187 2018年6月号]

  
313

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.107 関税25%の思惑

トランプ米大統領が、通商拡大法232条に基づき乗用車の関税を現在の2.5%から25%に引き上げることを検討していると報じられた。これが実行されたら日本の自動車メーカーは大打撃だ。いや、大打撃どころか息の根が止まるだろう。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.187...

  
866

ドアパンチしそうで怖い!ドアの開放角度って調節できるの?

ドアが強風にあおられたり、不注意でドアを大きく開けてしまい隣のクルマにドアパンチをしてしまった経験はありませんか?これは、ドアの開く角度と大きさ、隣のクルマとの距離が関係しており、ドアの開度をあらかじめ狭く設定しておけば、ドアパンチを引き起こす可能性が低くなります。では、ドアの開...

  
2183

なぜナンバープレートが盗まれるのか?どんな対策をすればいい?

駐車場に戻ったら、愛車のナンバープレートが付いていなかった!なんて冗談みたいな事件が、本当に起きています。こうした場合、ナンバープレートを再発行したりと非常に煩雑な手続きが必要になるわけですが、ナンバープレートはどんな目的で盗難されるのでしょう?対策も確認しておきましょう。文・C...

  
7115

パーキングブレーキが凍る!? 寒冷地での駐車時に注意すべきこと

スキーやスノーボード、温泉など、冬場のレジャー敷設や宿泊施設の駐車場はほぼ屋外です。つまり、そこでは愛車も雨ざらしということ。最悪の場合は、朝起きたら車が雪に埋もれて、倍ほどのシルエットになっていた!ということもあります。そんな駐車場で、注意すべきこととは?文・CarMe編集部

  
25306
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives